花園はここにありました!

アクセスカウンタ

zoom RSS この大量の病気群、何とかならんか!!情けなし。大分良くなったよ。

<<   作成日時 : 2005/11/23 00:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

全く、成人病の定期検診と言うヤツは嫌いだ。これで色んなことが暴き出される。でも、血圧も正常、中性脂肪もコレステロールも正常、糖尿病も無い、前立腺のマーカーも、膵臓のマーカーも正常、腎臓も大丈夫、多少、脂肪肝の気配はあるが。それに、胃のポリープがあるので、胃カメラ検査が必要(これだけが、要検査事項として記載されていた)。網膜剥離があり、すでにレーザーで固定済み。しかし、片方の視力は極端に落ちる。要するに老眼鏡を用いても細かい文字は見えないと言うこと。焦点を結ぶところが痛んでいるので、仕方がない。しかし、眼底の血管も正常。異常なのは、頭の毛と中身、それと、短足、胴長、身長不足、悪口くらいか。
でも、そのような表面だけでは駄目なのだ。もちろん、胃カメラ検査を実施し、ポリープの細胞摘出検査でOK、その上、ピリル菌も不在のため、胃潰瘍や胃ガンになり難いらしい。これは最新情報。これらの不安事項は、一項目づつ、1〜2週間から、1ヶ月を掛けて解決してゆく必要がある。

これ以外の項目が問題なのだ:
(1)花粉症ではないが、気管支喘息の気がある。そのため、オノンをのみ、フルタイドの吸入を続けている。冬から春が問題。
(2)心臓神経症:これは、要するに若年層にとっては当たり前の病気なんだ。年寄には珍しい。周囲に対する過敏症。多少、安定剤程度を服用すれば何とかなる。
(3)蕁麻疹:これはひどい。今年の2月から始まり、未だ継続中。1カ月毎に服用する薬(坑アレルギー薬)を変えるが、全く蕁麻疹は引っ込まない。ひどい見にくい写真を掲載しても良いが、やめよう。下半身にほとんど全面、蕁麻疹が出る。毎夜、風呂上がりに、レスタミンコーワ軟膏を塗る。この、抗アレルギー薬と言うのは、非常に多種類出ている。不思議なことに、坑神経薬から派生した薬群と、アレルギー系統の治療薬の2種類がある。しかも、医師・薬屋は高額な薬を宣伝し、これを採用するように働き掛けているが、全く効果は無し。古い薬で十分。新しい薬は、「持続性を持たせた」「眠くならないよう副作用を押さえた」だから、作用(効果)は減少した、値段が10倍ほどするようになった、と言う代物です。ですから、全く効果が無く、しかも、動悸、心悸亢進という、重篤な副作用がある。これは、心臓の異常を訴えるような症状です。これも、ゼスランという古くて安い薬を服用することで落ち着いた。この薬の副作用としての動悸などは無い。薬のことは薬剤師の方が良く知っている。薬剤師に相談し、新しい薬に惑わされることなく、古くても良く効く薬を貰おう。一件落着。
(4)そう、動悸、胸部の差し込み:これが、私の最近の症状の新しいもの。今まで全く器質的な異常が見つかっていないのに、これが頻発する。すでに別項で書いているように、1時間の自転車乗りにも全く問題がないと言うのに、医者は、トレッドミル検査をすると言う。今日実施したが、結局何も問題なし。時速8キロくらいの速度まで走らされたが、心拍数が180くらいまで上昇、血圧は、下は88,上は180くらいになったが、何ともなし。それで、私の「動悸」「胸部の差し込み」は、坑アレルギー薬の副作用であろうとの判断。ニトログリセリン錠まで投与されているが、それを味わう暇は無し。これは、狭心症ではないと医師が判断した。一つ解決した。
(5)それに、追加してひどいのが、「頻尿」。これはつらい。酒を飲むまでも無く、寒い外気に当たると全然駄目。それで、残尿検査、ウロフロー検査をし、正常なことを確認して、バップフォーを投与される。高い薬なんだね。これは。これも、バップフォーと言う強すぎる、高価な薬を投与されていた。今はこれを安価な効果の緩い薬「ブラダロン」に交換して、一件落着。
(6)あとは、月並みな、バイアグラ。これも高価な薬なんだ。(ジェネリックは効かないよ!!)
(7)最近はやりの、ミノキシジルの服用薬。これも高価なんだ。カークランドのジェネリックが一番安いが。効果の程は如何??これが不思議なんだね。3ヶ月朝夕塗布するだけで、地肌が見えていたところに生えていた、細い細い毛が抜け落ち、美容師に言わすと、普通に近い太さの毛に生え変わっているとのこと。もう3ヶ月も続ければ、元のふさふさした毛に生まれ変わる。カークランドの安いのを個人輸入するだけで十分ですよ。高い薬は必要が無い。
(8)こんなつまらない病気を沢山抱えて、そのうえ、朝にはシリアルとヨーグルトのみ、昼食と、夕食は正常な食事をとるが、間食としてケーキやどらやきのような甘いものは止めよう。焼き芋をたらふく食し、柿、ミカンなどの果物を食べよう。

もし、これに、糖尿病と高血圧が加わるとどうなる?大変なことになるのだ。食事制限、食塩、カロリー制限、降圧剤の服用などなど、ひどいことになる。美味しい料理どころか、まともな食事を食べることが許されなくなる。だから、精々上に挙げた8項目程度で許してもらえるよう、日々努力をすることが重要。努力とは何か?歩くことなんだ。1週間平均で、一日当たりの歩数が6,000歩を上回ることが重要で、さらに、自分の心肺の負荷率を150%くらいに上げた運動を40分以上継続すること。これを週に3回すること。これで、健康を保持できる。

それ以外に、思わぬ災難が襲うことがある。以前、40歳頃に、頚腕症候群にかかった。机の上での仕事のしすぎ。右手が動かず、からだが動かず、起き上がることも出来ないほどの激痛。すぐに、整形外科につれて行ってもらった。レントゲン写真を撮って、一発で、頚腕症候群。直すのは、牽引のみ。薬も無し。一週間に3〜4回通院し、お年寄りに交じって若年者が格好悪い。しかし、30分の牽引で救われた。2〜3ヶ月かかったかな。それで、この、脊椎を曲げる姿勢は良くない、体の柔軟体操が非常に有効であることを知る。これが後になって役に立っている。

これらのために、1ヶ月の薬代が1万円になる。全くもう。稼ぎに追いつく貧乏無しとはいうが、稼ぎがゼロならすぐに貧乏になる。

皆さんも体には注意をしよう。酒も程々に。そういえば、ちょうど半年ほど前、会合で気持ち良く酔っぱらって帰ってきた。携帯でもうすぐ帰るよと家内に電話。その足で、駅の階段を下る。後数段のところで、何と、前にばったり倒れる。学生時代の合気道の型が身に付いていたか、手の平で衝撃を受け、そして、左の頭部を階段下の石畳に強打したようだが、血が噴き出し、駅員と警察が急行。救急車を呼べど、5分前に同じ場所で転倒した先人を送っていったので、時間がかかる。後で聞くと、この先人は不帰の人になったらしい。同じ場所で5分続いての転倒で、事件扱いされたが、私自身、自分が転倒する瞬間を覚えている。他人が押したのでも何でもない。何となく手すりから手が離れ、そのまま自然落下。柔道の受け身で受け、その余力で左前頭部を強打。事件ではない。しかし、出血がひどく、脳外科病院につれて行かれ、夜中の1時にCTを撮る。別丁無しと言うことで、家族に電話が入り、連れ戻しに来るようにとのことだったらしい。きちんと、私の名前などが伝えられたから、振りこめ詐欺ではないと言う安心で、家内がタクシーで引き取りに来てくれた。

こんな事件も、良い思い出になればいいが(今年で御陀仏と言うことではない)。また同じことをせぬよう、年末にかけての会合には注意をしよう。悪いところは沢山あるし、月夜ばかりではないよと脅されるような仕事もしているから、まあ、身辺に気をつけよう。この間、スパイものの映画を見ていたら、「狭い世間で、同じ日に、同じ人に二回出会ったら、怪しいと考えよう」が常識らしい。sniperも居ることだから。The Bourne Supremacyという二流映画だった。The Bourne Identityの方が面白かったのに。

赤字の更新内容は、2005年12月30日に追記したものです。

最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像
管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新しい気持ちで新年を!
皆さまと同様、私も新しい年を気持ち良く迎えることが出来ました。これからの1年が、益々よい年であることを祈りながら、過ごしたいと思います。 人間、気持ちの持ちようですから、精神活動が自分の生活の大部分をコントロールしています。だから、そのように精神を正しく保つことが大切と思っています。 ...続きを見る
青山はここにありました
2006/01/02 16:25
高慢傲慢な医師に患者の反撃始まる!
高慢傲慢な医師に患者の反撃始まる! 何も喜ぶことではない。当然のこととして起こっていることだと思う。2007年5月11日の朝日新聞から掲載しよう: ...続きを見る
青山はここにありました::社会批判がてん...
2007/05/17 03:29
前立腺がんとは?
トラックバック失礼します。 男性は要注意の前立腺がんについてまとめましたので宜しければご覧下さい。 ...続きを見る
前立腺がんを学ぶサイト
2007/05/22 16:22
膵臓と消化 脂肪編
膵臓で作られる消化液である膵液には、いくつか種類があります。今回は膵臓の中の膵液でも脂肪を分解する膵液について解説していきます。膵臓でリパーゼという、脂肪を分解する膵液が作られます。ほかのも、いくつか脂肪を分解する膵液はありますが、リパーゼが代表的な膵液... ...続きを見る
膵臓病の症状、治療法;膵臓辞典
2007/06/08 01:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この大量の病気群、何とかならんか!!情けなし。大分良くなったよ。 花園はここにありました!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる