花園はここにありました!

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬鹿を言うんじゃないよ、建築確認申請の偽装問題を切る!!

<<   作成日時 : 2005/12/19 01:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

「ブログ」と言うのは、各記事は更新しないのが原則らしい。それでないと、新しい記事とは判断されないということ。ウェブ運営とは相当違う。ということで、先日公開した、耐震強度、建築確認、などの記事で更新を掛けているのだが、参照されない可能性が大なので、新規な記事として掲載する。ダブってお読みの方にはおわびをします。

さて、最近の偽装問題だけではないが、世間の動向は、実にプリミティブですね。単純と言うか、複雑でないと言うか。証人喚問を行った、議員も同じ対応だったようだし、武部幹事長が謝罪を表明するほどのひどさ加減だったようで、やはり、国民は自分と同じレベルの議員しか選択できないと言う「放言・言い伝え」が正しいようにも思える。私の推奨する、「公表されている情報を元に、頭を働かせて、物事の裏も読む」と言うことが苦手であるようだ。
多くのコメンテーターと同様、被害に遭われたマンション購入者には、厳しいコメントとなるが、私自身が、神戸出身者で、10年前の阪神大震災の被害者で、何の支援も得られずに、忸怩(じくじ)たる思いを抱いている人間として、本心を偽ってここに記事を掲載したい。本心ここにあらずなんですが。
  1. 自然災害時において、誰にも責任がなくとも、自分の家が潰れた時は、精々1〜2年間の被災地生活での、急場しのぎの建物での生活を保証する程度。見舞い金は1万円ぽっきり。これは、私自身、神戸出身で、実家が全壊した経験から申し上げています。うそ偽りはありません。
  2. 全損時においてのみ、取り壊し費用は公費負担である。今回は未だ壊れていないのだから、公費負担はあり得ない。私の実家も、半壊だと判断されていました。そうすると、取り壊し費用はでません。1階建てで、瓦屋根が落ち、全住居の半分くらいの面積で、天井が落ちているので、全壊(めでたいのかな?)と判断を改めていただき、取り壊しは、市の方でやっていただきました。
  3. 引越費用の負担は、でるわけは無い。甘ったれるんじゃないよ。未だ住めるじゃないか。今、偽装されているマンションよりも、もっとひどい状況の住居だって沢山あるんだ。それは、別記事でも書いたが、1981年以前の基準で建設されている民間アパート、公団住宅、公営住宅、マンション、その他もろもろの建物は危険なんですよ。そのような住居に住まざるをえない人は、あなた達よりも条件は悪い。いつ潰れるか分からない。今の建築基準の強度の、1/10以下かもしれないんですよ。
  4. 住居のような高額物件を購入する時は、購入時にそれ相当のチェックが必要ですね。他の物件に比べて、「広くて安い!! 」。こりゃ、当然何かあるはず、と思わなければいけないでしょう。住居環境が相当に悪いところに建設されているマンションは、他の物件に比べて、相当に安い。それは当然。逆に、住居環境が良いところ(高級住宅地)に建設される物件は、当然、土地代が高いから、2割、3割以上は高くなる。貴方が購入したマンションの販売価格において、土地代と、建築物の価格の値を知っていますか?それも、購入時にきちんとチェックをしなければいけませんね。建物費が安ければ要注意です。
  5. そこで、責任はどこにあるか。購入者が第一、販売業者が第二、もちろん、このようなでたらめな運用をしている、国が第三、地方自治体は第四、というのは、各市役所の「建築事務所」が、建築確認をしているのですから。
  6. 最後のとどめは、姉歯以外の案件で、偽装していると言う案件が出てこない。それは、罰則規定が無いからですね。全数、再検査をすればいいのです。検査費用が、1件当たり、数十万円かかるとしたら、それは、販売会社が負担すればいい。自社物件が安全であることを証明するのだから、自社の信用度の向上につながるし、不安感をあおることなく、物事が収まる。もし、自社物件に対し、自主的に再検査を実施しない販売業者がいたら、これを、お役所が強制的に検査をすればいい。国の費用でやる必要は全く無い。これで、全て丸く収まる。
  7. 絶対に、他の物件で、自分が偽装しました、もしくは、自社が偽装しましたと言う建設会社、建築士が出てくるはずは無い。この世界の厳しさは、世界一です。ほぼ、やーさん並の過多型が社長を務めて居られるのだから。もしくは、国土交通省関連の官僚のOBです。
  8. ホテルで、偽装があったのが30件を超えると言うのだから恐れ入る。それも、総合経営研究所が、開業指導したホテルばかりだそうだ。どうりで、余り名前を聞かないホテルが多いですね。これでは、ほとんどの経営者は、経営がおかしくなるでしょうね。ひどい会社にコンサルタントを頼んだものです。建築費が安いから.....なんて言葉だけで、ホテルの経営が出来ると考えて居られるのでしょうか?立地条件、競合ホテルの状態、需要の予測、料金予測、経費予測、などなどを計算して、初めてホテル建設に動くのでしょう。ホテル業界の2007年問題と言うのがあるけど、これらのホテルは大丈夫でしょうか?
  9. 日本で余りなじまない訴訟の可能性が論じられているが、多くの関係会社は、結審するまでに破産しているでしょう。そうなると、破産会社の有する資産の配分は、まず、未納税金に一番に支払われます。次いで、従業員の未払い給与、未払い退職金、それから、銀行の大手、その他の債権者で、貴方は、一番下くらいに属します。そうなると、1銭も(本当に1銭も)支払われません。これは、次年度の確定申告時に控除される可能性は残りますが、私自身、ある会員制のクラブが破産して、数百万円を棒に振った経験から申し上げます。破産管財人からの一通の通達のみで終了です。これは事実です。

これくらいにしておきましょう。馬鹿も休み休みにしましょう。阪神大震災、北越大震災時を思い出しましょう。一体どれだけの支援を受けることが出来たんですか?ぬくぬくと住んでいる方々が、ちょっとぜいたくなことを言っていると、世間から袋叩きにあいますよ。これは言い過ぎでした。本当にご愁傷様です。これは、多くの日本人の方々に申し上げたいことです。

非常に重要な時期に、大変なことが発生しました。ようやく、景気が上向き加減になってきたところで、多くのホテル業界、建築業界の関連会社が実損を被ります。また、消費者の購買意欲をそぎます。また、別のところでも書いているが、不動産を証券化して、運用している信託会社、これがもろに影響を受けます。自分の運営している会社が、老齢者層から預かった金で購入している、不動産(多くは高層マンション、高層事務用ビルディング)などが、実需として生きないのです。老齢者層が、危険だと察知すると、解約を申し出ます。損を承知で解約するでしょう。そうするとどうなりますか?運用会社は、現金を持っていません。ですから、証券を売る以外方法はありませんから、これが暴落します。運用会社が破産しますと、老齢者層の出資金は戻りません。どうなるでしょう。ミニバブルどころではありませんね。

また、外国からの、年金基金などの株買いも、一転して、売りに転じるでしょう。そして、日本株が日経平均がやっと15,000円を超えて喜んでいたのもつかの間の夢。急転直下で下落するでしょう。(これは、あくまでも私個人としての意見です。すべてのブログに記載の情報は、私自身の見解で、それの利用は、利用者の自由意志でお願いいたします。私の意見・見解に従って万一損害を受けても、私の責任ではありません。自己責任でお願いします。)円売りが始まるでしょう。円が下がり、すなわち、ドルが上がります。(これは、個人的には嬉しいニュースですが、他人の不幸を喜ぶようなことを言ってはいけませんね。公の場ではね。)

今日はこれくらいにします。今後は、ブログの更新はなるべくしません。追加してゆきましょう。面倒なんですがね。

最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像
管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ここまで読んだ
...続きを見る
(;A;)タチケテ
2005/12/20 03:50
不動産 引越
ヤドカリヤドカリは、甲殻綱十脚類のヤドカリ下目に属する、いくつかの科にまたがった動物の総称である。エビやカニに似ているが、貝の殻に体を収めて生活することで知られている。[編集]一般的特徴ヤドカリとは、十脚目ヤドカリ亜目の中で、主として巻き貝の殻を住みかとし、そこに体を収め、殻を背負って歩く生活をするものを指す名称で、その名は「宿借り」を意味している。普段は貝殻から頭胸部だけを出し、歩き回るが、危険を感じると、素早く殻の中に引っ込み、殻の口に鋏で蓋をする。その体は、頭胸部と腹部... ...続きを見る
今日もまた引越ブログ
2005/12/20 11:20
「これが日本の官僚制度の限界だ」−−偽装問題の決着について
「馬鹿を言うんじゃないよ、建築確認申請の偽装問題を切る!!」について: ...続きを見る
青山はここにありました
2006/04/15 22:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
難しい問題だが、民間だけではなく、政府がしっかり対応をしないと、国民が安心して住めないような気がしますね。そんなつもりではなかったのですが、今回の衆議院選挙では。
corro
2005/12/22 01:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
馬鹿を言うんじゃないよ、建築確認申請の偽装問題を切る!! 花園はここにありました!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる