花園はここにありました!

アクセスカウンタ

zoom RSS 身の回りを見回せば・・・・・

<<   作成日時 : 2006/02/05 14:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

日本の現状から目をそらすことなく、じっと現実を見ようではないか。(非常に不遜な表現で申し訳ないが)

原題は「うーん、暗い!! 日本は・・・(絶句)」だ。「日本はほとんど、麻薬中毒?!覚せい剤中毒患者?! 」自己欺瞞に満ちて暮らしてゆくのは暗いし、しんどい。でも、思っていることを書かなくては進まない。このブログに書いたからと言って、何も進まないことは分かっているし、難しい人が読んでいる可能性がある、この、署名・写真入りのブログは少々しんどい。(写真は換えました)

私の記載に近いブログがあります。「未来を作ろう」です。残念ながら、このブログは、コメントもトラックバックも受け付けていません。とりあえずご紹介まで。こんなに意識が高く、頑張っている女性もいるってことを、お知らせしたかった。

●本当に暗いのか? 今の日本は?
これだって、意見が分かれるだろう。自分は暗いと思っている。自分の意見を言わない人たちに囲まれて、自分だけが偉いと思っている人が、社長をやり、いばっている。ITがどうした。景気が回復しているって? なぜ、俺の財布は空なんだ? 仕事もないし。注文も来ない!! (営業力を強化しなさい。営業も居ない、社長一人のマイクロ企業はどうすればいい?)

●格差はあるのか無いのか?? どうするのか?
これは重い問題だ。私のブログでも書いているが、これを無視して、我らがトップは進んでいいわけではないだろう。ニート、フリーターなどが、200万人居るとしたら、どうするのか? 若年者層の10%以上がこれらの人で占められるとしたら、その(若年者)層に属する(ニート、フリータ以外の)人は、どう考えるのだろうか? 競争相手が減るから安心、有り難いと思うのだろうか? この現実があることは認識しているのだろうが、それを認めない政府も困ったものだが。 そりゃそうだろう、彼らに対処する方法が「黙って見ているだけ」しか、無いのだから。[斎藤環さんもお手上げだろう。]彼らは、いつまでも、「ヒルナミン・レボトミン」漬けにして、黙らせておくことは出来ないよ。謎の22〜23才の人たちも沢山居るわけだし。...(彼らもかっては14才だったのだが、あれから、8年も経つんだね。そういえば、広島、奈良、京都宇治市、は捕まったけど、栃木県今市は(いまいちだから、って言った人がいました)まだだね。2006年5月20日現在で、秋田県で小一の男児と女児の殺害、佐賀県で小5の男児のひき逃げ事件、5月23日には、秋田県で諸小学4年の女児の転落死が新たに発生しています。それ以外にも若年者層の殺人が何件も発生しております。)(おいおい、一体何のことを言っているの? ぼぞぼそと、独り言を。ーーー年寄の繰り言ですーーー!!

●「日本はほとんど、麻薬中毒?!」とは、過激だな。
そう、そうなんだ。でも、たとえば、ライブドアの話だって、偽装の問題だって、米国のBSEの問題だって、米軍基地の問題だって、女帝の問題だって、何か、日本は「言っていいことと、言ってはいけないこと」の区別がつかない人が多いような気がする。しかも、その、「言ってはいけないこと」を言うのに、堂々と理論を展開する。自分が幸せと感じられる人はハッピーなことだと思うが、ハイになって、妄言をはき出すと、とたんに、あの人「おかしいの?」って事になるが。歴史観も無く、自分の希望を「歴史」として述べるのはどうかな。歴史観は人によって違うのは当然としても、共通の歴史に学ぶと言う姿勢が欲しいが。もう、短期記憶ばかりで、長期記憶はゼロ、白昼夢がこれに加わると、どうなっているのか分からなくなる。
そりゃ「ライブドア社は確かに、ビジネスモデルとして、時代の先端を開拓したかもしれない」。しかし、若者の歓心を買っている先端企業としては、当然、通常の企業が持つべき倫理観は必要ではないだろうか? 会社が運営してゆくためには、会社の存在そのものが、社会に対する害毒であってはならない。その意味で、会社登録をしたら、法人として、守るべきものがあるのではないだろうか。 それを無視して「ビジネスモデルを開発するのだから、何でも許される」なんて思ってもらっても困るし、それを「弁護」する人がいるから、また、困る。リスクを冒して新しいビジネスモデルを開発するために、法規制のすれすれをする人は良いとしよう。しかし、そのリスクを冒さないで、はやし立てる、サポートするのはどうかな。そして、手のひらを変えたように、態度をころっと変えるのも。まあ、無責任・暴言・妄言時代に突入か。

国益として、「米国の牛肉が安全だ」と言い張る米国人がいても良いが、「米国の牛肉が安全だ」と言い張る、日本人の議員がいてもらっては困る。当然、議論・調査を完了して、政策として実行するのは当然、権利を所有しているのだが、それを通り越して、勝手に「安全だから、再開する」と言っても困る。これに関しては、庶民は特に異論はないだろうが。

偽装の問題では、やっぱりこのブログで書いた通り、他の建築会社からの偽装は一件も出現せず、チョン!! どの建築士も、皆さん、法令に従った設計をしておられるようだから、素敵ではないか。素晴らしいことだ。皆さん、大安心だ。[でも、たった震度3強の地震が起こっても、NHKは、ニュースを全部こちらに切り替えるのだから、地震に関しては自信がなくなりますね。]1981年以前の建築でも大丈夫だろう。昔から言うではないか。「●助と土○と」は相手にしない方が良い。土○屋だから、土○屋として収まっておればいいのだ。正直に事を運ぶとは思はない。彼らに順法の精神を説いても、大きなお世話と言われるだけ。まあ、おまけとして「東横イン」の、建築確認の完了検査後の改造が出てきたけど、民間では普通にやられていることだし、建築会社がそのようなアドバイスをするのは当然の義務として思っているだろう。法の抜け穴を教えるのは、弁護士、税理士の顧客に対する義務ですよ。建築士の問題、建築会社の問題、地方自治体の建築確認能力の問題、法制度(官業の民業化)の問題、などなど、にぎやかなことよ。「責任のなすり合い」は、もう結構。税金を大量に投入して、姉歯建築士の設計したマンションを購入した人を救ってあげればいい。阪神大震災、北越地震の被災者には1万円の見舞い金を渡しただけで済んだが、今回はどなたの利権にからんでいるのか、ずいぶん金払いが良いじゃないか!!(伊藤さんなんて人のことはどこへ行ったのかな) これでは、国民が暗くなるのは当たり前。

女帝問題は余り触れない方が身の安全につながる。○翼の人がこんなにおとなしくしているのだからネ。今、彼らを代行する人たちが、色んな手段を使って、潰してくれるよ。○○の宮さんも、大人なんだから、自分の意見を言う時は、「おやじもお袋も同じ意見だった」なんて言わない方が、自分の意見らしく聞こえるよ。こんなことまで書いていると、命が危ないか。相変わらず、マスコミでビューをしているようですね。文春にもインタビューがでているとか言う噂。

米軍基地移転問題は、やめとこう。でも、その地域の人たちの中にデモをする人が出始めているのは良いことだと思う。自己主張をし、自分を守る(守れるかどうかは不明)ために、行動を起こすことは当然するべきことだろう。

まあ、今回のお題目は、「麻薬患者か、覚せい剤中毒者か?」ってな、題であるが、それを証明しなくては。ここで言いたいのは、たとえば、ライブドアのH氏の行動を正当化している人たちは、本当にそう思っているの? 倫理はあるの? このような人が、Netで、「ライブドアに続く、IT産業、サイバーの世界の雄(王者のこと)です」とでしゃばっているが、これって、正常心??(このリンクは「サイバー」の一例です。) 私には、麻薬中毒患者の言としか思えません。自分だけハイになって妄言をはいているのでは? しかし、日本人の多くがこれに追従しているとしたら、心配です。今時分になって、自民党に投票したことを反省し、小泉の支持率が落ちる、って言うのも、良いことだが、事前に自分で判断して、投票を止めるべきだったですね。投票の前にこの危険性を指摘した事は、私のサイトに詳しく記述してあります。これくらいの裏読みはしようよ。これが私の主張です。(あんたの言い様も、何とか中毒患者みたいだな、だって?? そうだね。)[ちーん、南無阿弥陀仏]

最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像
管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
どんまい (o・_・)ノ”(ノ_<。)
...続きを見る
うほっいい話
2006/02/03 03:54
芹沢一也著:「ホラーハウス社会」、法を犯した「少年」と「異常者」たち
とうとうこの本を読み終えた。芹沢一也著:「ホラーハウス社会」、法を犯した「少年」と「異常者」たち、だ。読み始めた時は、アマゾンのカスタマーレビューは「ゼロ」だったが、今日見たら4件掲載されている。このレビューを観ていると、とても自分のレビューを公開するだけの自信がない。本職の「精神科医」もいる。自分は、SE上がりの老人だ。でも、市民としての意見も言わせてもらおう。 ...続きを見る
世の中の本・ビデオの拾い読み見。
2006/03/24 00:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
身の回りを見回せば・・・・・ 花園はここにありました!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる