花園はここにありました!

アクセスカウンタ

zoom RSS 余りにひどい国の施策;福祉を考える

<<   作成日時 : 2006/07/21 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

ちょっと、憂うつな話題ですが、今までも何度も書いております。障害者自立支援法などの悪法が実施に移されました。また、生活保護に関しても、規制がどんどん厳しくなっているようです。その結果でしょうか、次のような事件が起きています。もちろん、これは氷山の一角です。

障害者が衰弱死する。生活保護を受けられず。

朝日新聞が2006年7月17日に報道した、北九州での事例です。本人は一人暮らしの身体障害者で、生活保護を申請しようとしたが、[誰かが]断った?? 市内に住む次男から食料の差し入れが時々あったので、生死に関わる状況ではないと言い、また、長男が7月分と8月分の家賃を支払ったのも考慮し、彼らがこの障害者の面倒を見ることが出来る状態だと判断し、生活保護を断ったようだ。

実際、長男、次男がどのような状況で生活していたか分からないが、56歳の本人の子供だから、30歳前後であろう。彼らは、自分だけで自活するのが精一杯の状況であることも推定できよう。引き取ることなど、ほぼ不可能だろう。障害者の本人が、どのような障害か分からないが、北九州市役所の担当者(保険師)が自宅を訪問時、「壁に手をつきながらであるが、不自由なく歩ける状態」であったとのこと。[床を這いながら自由に行動できる状態より、余程ましだが、足腰が不自由になると、本当に、床を這う以外に動く手段が無くなるのですよ。]これで、労働し、金を稼ぐようなことが可能であったのだろうか?また、二人の息子が扶養義務を全部背負う必要があるとしたら、この世の中は余りに厳しい。何のために生活保護があるのだろう?

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


私自身の経験だが、ハローワークでは、50歳を超えた人対象の業務(仕事)の募集は、ほぼ皆無である。何らかの資格を有する場合は、可能性がゼロではないが、私の持つ「博士号」や「学卒」などの無意味な資格は、何の役にも立たない。よほど、「情報処理技術者」や「グラフィックデザイン2種」などの資格の方が有益である。この記事の事例のような人は、56歳であるから、「駐車場の案内」「警備員」「倉庫の番人」などの体にきつい仕事しかないだろう。それを、身体障害者に探せると言う判断をして、生活保護の受ける権利をはく奪した現場は、上からの「生活保護行政」の厳しい指導があるのだろう。

取りあえず、上記の北九州での障害者の衰弱死の記事と、それに対する、北九州市役所の見解を掲載しておく。
画像
画像


画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


生活保護の切り捨て(却下)に対する不服申し立て件数倍増

生活保護を受けるのがどれほど厳しい審査を通過する必要があるのか、幸いなことに未だ経験したことが無いので、はっきりと申し上げるわけには行かないが、この新聞記事を見る限り、相当に厳しいようだ。しかし、実際に不服申し立て件数が、835件もあるそうだ。その記事全体を左の方に、右には、その申し立て事由の事例をいくつか掲載しておく。実際に月額5万円程度の月収を受けられるとしてもそれを事由に、申請を却下したが、不服の申し立てにより、採決で却下が取り消された事例が紹介されている。
画像
画像


社会保険事務所の、免除申請の横行

すでに旧聞に属するが、社会保険事務所が、納付率を上げるために、勝手に免除処理をした事件が全国的に多数あったようだが、未だにこれに相当することが続いている新聞報道を紹介しておこう。

これは、神戸市の、「得するキャンペーン!!」のチラシの事例を紹介しよう。神戸新聞のウェブから紹介しよう。

東灘社会保険事務所、国民保険料免除チラシで申請勧奨2006/05/27

 「五万円得するキャンペーン?」-。東灘社会保険事務所(神戸市東灘区)が、こんな見出しが躍るチラシで国民年金保険料の免除申請を勧奨していたことが、二十六日の衆院厚生労働委員会に提出された社会保険庁の資料で分かった。
 免除や猶予者は、保険料納付率算定で納付対象者から除外されるため、実際の納付は増えなくても、納付率は向上する。事務所ごとに納付率のノルマが課せられる中、行き過ぎた姿勢が浮き彫りになった。
 チラシでは、全額免除が適用されると、年間で国庫負担分に相当する五万四千三百二十円分の保険料を結果的に払ったことになり、その分の年金が受給できるとして免除申請を促している。
 同事務所は、二月に免除に該当すると思われる加入者に対し、二千部を申請用紙とともに郵送していた。 不適切ではないかとの野党側の指摘に対し、社会保険庁の村瀬清司長官は「こうしたことを前面に押し出すのはいいことではない」とした。
 県内の十事務所にはそれぞれ納付率の目標があり、独自にチラシを作製。いずれも「手続きは簡単です」などと免除申請を呼び掛けていた。東灘社会保険事務所の中谷善幸所長は「なかなか届け出をしてくれない人の目にとまるようにしたかったのだが、表現がまずかった」と話した。
 村瀬長官は「今後は勝手に文書を作らないようにしたい」と、出先機関独自のパンフレットなどの作製を制限する考えを示している。

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


投書欄から:精神障害者の苦悩と、増大する負担に対する訴え

すでに、私のブログでは、精神障害者に対する社会の認識不足や、それらの精神障害者に対する負担が急増し、生活を圧迫していることを意見として表明しているが、今回は、新聞への投書として掲載された事例を2つ紹介しておこう。上は「精神障害者も社会にいれて」と言う題で「精神障害者」がどのように社会から疎外されているかを示す投書である。下は、「精神障害者にも負担が増大する」その事実を投書から読んで欲しい。
画像
画像

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


何れにせよ、これらの事例は、身体障害者、精神障害者として登録されている人に対する厳しい現実を示しているが、実際には、この登録すら済んでいない、見えない障害者が多数存在し、同じような運命が待ち受けていることも、みんなが認識しておくことが必要だと想う。私は、以前、国は、ニートやフリータに対する厳しい社会の現実が、彼らを最後の福祉である、「生活保護」に追いやり、生活保護に対する費用3兆円を覚悟してそのための施策を推し進めているのではないかと、邪推していたが、それも間違いだったようだ。どんどん、生活保護に対する規制も指導も厳しくなり、後は、彼らは、支援を受けるだけの力を有しないまま、衰弱死してゆく事例が、日本の将来像かと思うと、余りに悲しい現実ではないだろうか?

最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

画像
←クリック一つで救える命があります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本に餓死者?
2006年4月、市営住宅で母親と娘が餓死、もう一人の娘は飢餓状態で発見。 5月23日には営住宅で一人暮らしの男性がミイラ化した遺体で発見。 ...続きを見る
南城悪口三昧
2006/07/21 01:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
先日、別の場所で、意見を頂いたものです。

会計検査院が生活保護費の全国的な検査に、
平成元年乗り出していたとは、新聞の過去
記事を見るまで知りませんでした。
厚生労働省と会計検査院の国からの2重
チェックに、いつのまにかなっていたんですね。

MSNで『生活保護抑制』で、検索した場合に、
非常勤教師の方が、東京で、生活保護の受給を
受ける事態になっている理由に、夏休みは、
授業がないからと言うのも入っていたのは
驚きでした。

今後、消費税アップ議論と、最低保証年金議論が
また、議論されますが、野党の、最低保証年金案を
与党は、生活保護があるから、いらないだろと
切り捨てている事実もある一方で・・・・・・

消費税アップ分を、国の基礎年金の国庫負担分
3分の1から、2分の1に上げるときの約束の
財源にしようとしてますし、

他の場所で、書いたパロマの件は、今後、
構造関係で、他にも新しい事実が出てくる可能性は
高いと思います。
日暮
2006/07/23 08:23
日暮さま、コメントありがとうございます。また、パロマの件では、色々お世話になりました。多分、あの藤原と言う人は、メーカーの人間ですね。あれだけの、粘着レスは、2チャンネルでも珍しいです。笑えない冗談ですが。<笑>
ところで、福祉や保護の切り捨てはすざましい物があります。ニート、フリータが将来全て、生活保護になると考えると、300万世帯位になりそうです。そうすると、年間100万円の生活保護費を支払うとすると、3兆円です。政府はその負担をどこかに求めるでしょう。その一部が、今の切り捨てだし、保護を認可する条件を厳しくし、高齢者専用の健康保険の新設などで、どんどん、保護が減り、負担が増えています。ひどい国です。..こんな記事を時々掲載しています。
また、コメントを頂戴したいです。宜しくお願いします。
Caro Ideale
2006/07/23 10:11
こんにちは.最近御ブログを発見しまして、興味深く読ませていただいています.
私は兄が障がい者なので、まさにこの記事の当事者です.
この件については、いろんな意見があるのですが、障害者自立法のような世の中の多くの人がちょっとおかしいと思っている悪法がなぜ通ってしまうのか、そこのあたりを冷静に考える必要があるかなと思っています.
このような記事をどんどん書いていただいて、議論を喚起していただきたいです.
通りすがり
2006/07/25 02:55
通りすがり様、ご訪問と、コメントをありがとうございます。
多くの問題のある施策がいつの間にか通過し、実施に移されています。それにより、問題が発生しはじめています。選挙で、自民党に反省する機会を与える以外に方法は無いでしょう。選挙で頑張りたいです。
今後もウォッチをお願いいたします。
Caro Ideale
2006/07/25 08:40
保護者の中でも、区別がされています。
働けないのに働けと いうような嫌がらせ
一方では健康なのに、子供を専門学校にまでいかせてあげている人もいる?不思議です
メグ
2009/01/10 21:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
余りにひどい国の施策;福祉を考える 花園はここにありました!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる