花園はここにありました!

アクセスカウンタ

zoom RSS 格差社会:月5万円を稼ぐとは?

<<   作成日時 : 2006/08/12 16:41   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 14

収入格差が増大し、非正規雇用が増大している

格差社会が言われている。20歳代で月収5万円以下〜15万円以下の合計が20%を超えている現実が報道されている。これが、朝日新聞の2006年8月8日の夕刊に掲載された記事である。労働経済白書からの記事であるので、それほど間違った数字ではないのだろう。詳細に見ると、1992年から10年間の間に、20歳代の年収で150万円以下の割合が、15.3%から21.8%に増加している。

さらに注目するべきは、非正規雇用の割合が、20歳から29歳の間で、92年には約10%程度であったが、20〜24歳で31%へ、25差〜29歳で、22.7%に増大していることであろう。しかも、この値は、格差社会が発生していると叫ばれている、ここ数年が含まれず、2002年の値までしか集計がされていないことである。さらにこの割合が増大していることは十分に想定できることだし、早急にこのデータを補う必要があろう。人力ででも。

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

画像


一部のグラフを少々大きく掲載しよう。20歳代の収入別の割合だ。

画像


↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

ニートと言うなと叫ぶ、後藤氏達。

2ちゃんねるなど、ご覧の方は少ないだろう。しかし、そこでは、ニート達が叫んでいる。いわゆる、後藤氏達の「ニートと言うな」という書物が出版され、ニート派の勢いが強く感じていましたが、これもここ2〜3ヶ月の間に、相当叩かれてしぼんでしまったような気がします。本田由紀・内藤朝雄・後藤和智『「ニート」って言うな!』について内藤氏と後藤氏を招き宮崎哲弥氏と議論しましたを一応上げておきます。後藤和智事務所の、かくかくたる活動があったような気がしますが、それも一応収まっているようで。私が、後藤和智氏の「柳田邦男氏の「壊れる日本人」(2005.3月新潮社刊)について、後藤和智氏が徹底的な批判を注目したのが、2005年6月11日の段階でした。私のウェブサイトの記事をご覧ください。

2ちゃんねるのニート板での叫び声!!

2ちゃんねるでは、ニート達が叫んでいる。「おまえ達、バイトの積み上げでも良いから、何でも良いから、月に15万を稼げ、そしたら、ニートとは言われないのだ!!というのが、本当の叫びだと思う。

社会的に迫害され、正式に労働白書でも報道されている、ニート達、NHKのワーキングプアでも取り上げられている、働いても働いても、金が手元に残らない。月収500万円を稼ぐ若年者層は、ここでは対象とはしない。[2006年8月16日追記:ワーキングプアに関しては、こちらのサイトで詳細に紹介されています。]

しかし、彼らが社会から疎外されている事実は事実なんだ。後藤氏が、いつの間にか叩かれてしぼんでいる、それは、彼らを無視しよう、圧力をかけようとする体制派が強い。御用学者が沢山いる。それらを選別することはしない。彼らは彼らでやるだろう。

一体、月に5万円をどのように稼ぐのだ?

非正規雇用でもなく、ニート、引きこもり10年を経過した人はどのようにして稼ぐことが出来るか?時間給は精々600円、それから、月に100時間労働してやっと、6万円、10%の源泉徴収を取られるから、手元には、54,000円だ。この月100時間のアルバイトのつらさが分からないだろう。

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

正規雇用者は、会社に出勤し、タイムカードないし、出勤簿、今はカードを読みと力にかざせば自動的に出勤が記録される。そして、労働時間8時間、拘束時間9時間を何とか事務所でこなせば、給料は20万円以上が保証される。厚生年金、税金、健康保険などを徴収されても、手元には15万円は残るだろう。それは自由に使用できる。

しかし、そのような条件に合致していない、アルバイト、パート、歩合制で働く請負の人たちは、先ず、自分の足で決められた場所に行き、そこから派遣先に行く。もちろん、定期的に派遣先が決まっている人も多いだろうが。それを探すまでに、面接を多数受けないと、ニート、フリーターの人たちは、その機会にさえ恵まれない。第一、一日の労働時間6時間以上の条件が大多数。4時間でOKのバイトは少ない。ニート、フリーター、引きこもりの人は、人に会うことすら苦痛。外出すら苦痛。その人たちが頑張って面接に行っても、顔を見れば一発で分かるから、あなたの面接はお断りになる。登校拒否で小学校・中学校しか卒業していない人は、履歴書にはそのように書かねばならない。そして、あなたの年齢は30歳。そしたら、その間何していたの?と聞かれる。「ヒッキーでした」と答えるとそれでおしまい。それ以上のチャンスは与えられない。

マックなどの接客業でのバイト

あなたが、愛そうが良くて、人付き合いがよければ、若くて、ファーストフード店でのバイトが可能かも知れない。それも、フロアー対応ではなく、バックヤード対応で、料理を電子レンジでチンしたり、お皿に盛ったりの作業、皿洗い、フロアー掃除かも知れないが、雇ってくれるだろう。その時給が600円、700円だ。それで月に100時間働くだけの体力・気力が残っておれば,OKだろう。

体力、気力が100時間、一日6時間に堪えなければどうする?

あなたの体力・気力が一日の仕事6時間、往復、準備を入れて8時間に堪えなければどうする? 実際、ニート、フリーター、引きこもりの人はこのジャンルに属する。そうすると、上記の可能性がないのだ。

人に会うのが怖い、外出が怖い人はどうする?

もっと重症であると、外出さえ出来ない、人に会うことすら出来ないのです。そうすると、その人たちに対するチャンスはあるのでしょうか?私は思いつきません。厚生労働省のお役人はどうなんでしょうか?自立塾があるようです。農作業の経験をするための募集をしていたようだが、応募者が非常に少なかったとか?

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

馬鹿、安倍の「再チャレンジ」法とは、その馬鹿さ加減!!

先日のTVで見たのだが、彼らの言う、再チャレンジのチャンスを与えると言うのは、ニート、フリーター、引きこもりが対象ではないのだ。起業に失敗して敗退した人に、再チャレンジの機会を与える融資を考えると言うもの。「起業」が1円の出資金で会社が設立できるようになったのが、今年の6月だ。それは知っている。株式会社に統一され、有限会社で、出資金が300万円でも、1円でも株式会社と名乗れる。

そんなことは、ニート、フリーター、引きこもりの人には関係ない。国民健康保険慮を支払い出来ない人、国民年金を払えない人、住民税も払えない人、生活保護も受けられない人、彼らに対する再チャレンジのチャンスなど、全くないのだ。それを、あの馬鹿安倍は、何ととち間違ったか、起業するだけの、気力、知力があれば、OKなんです!!・・・そんなことは誰にも分かっている。それだけの力があれば、就活に成功し、正規雇用になることが可能だ。そうすると、年収が500万位に行くのは簡単だ。このブログの記事とは全く関係ない。私の部ログの対象者は、それに到達しない人が対象者だ。間違ってもらっては困る。

[今のところ、このニュースのソースが見つかっていないが、取りあえず、推進会議の中間報告が見つかったのでそれを Yomiuri Onlineから引用しておく。

再起業に低利融資…政府「再チャレンジ会議」中間報告

 リストラされた人などの再挑戦を支援する政府の「再チャレンジ推進会議」(議長・安倍官房長官)は16日、中間報告の原案を固めた。再起を図る経営者に対して、政府系金融機関から融資する新たな仕組みの創設などを盛り込んだ。今月中に成案をまとめ、6月に閣議決定する「経済財政運営と構造改革に関する基本方針(骨太の方針)」に反映させる。
 新たな低利融資は、第三者の個人保証を条件とせず、経営者としての資質や事業計画の将来性などを査定する。国民生活金融公庫など政府系金融機関による融資を想定しており、2007年度にも実施する。
 日本の金融機関は起業家に融資する場合、個人保証できる近親者の有無を重視しており、再挑戦を阻む要因になっているとの指摘が出ていた。また、リストラされた中高年の退職者の再就職を後押しするため、職業能力開発などに詳しい専門家が相談・助言にあたる仕組みを作るとしている。
 原案はこのほか、格差是正のため、厚生年金への加入が義務づけられるパート労働者の範囲を拡大し、パート労働者の労働環境を改善することなどを盛り込んでいる。(2006年5月17日 読売新聞)

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

どなたかが、「近所に、食べられなくて電気も止められた人がいたら、なぜ助けてあげられないのでしょうね?」とほざいていた人がいたが、そのような住環境に住む人は、あなたの住環境とは異なる地区に住んでいるから、あなたの隣人にそのような人はいませんよ。あなたは、貧民窟に、マリア様みたいにずきんを被って、訪問しないと、そのような人たちに会うことは出来ません。きれい事ではないのです。キチンアパート、崩れ掛けの平屋建て、小さなごみごみとした地域に住む人たち。また、いわゆる、市営住宅、古い古い、戦後すぐ煮立てられた市営住宅、それらの人たちの中に「北九州での餓死者」が出るのです。彼らに支援を与えることが重要だが、地方自治体の生活保護課、などが、この受給を拒否しているのです。あなたが、このような木賃住宅でも持っておれば、それで、銀行から融資を受けて生活しなさいと説いているのです。

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

今日は、これくらいにしておこう。

結論


  • ニートと言うなの「反ニート」派の勢いが削がれている
  • 御用学者が、また、精力をまして「ニート』叩きをしているようだ。
  • 労働経済白書で、格差が拡大している事実、どうする格差?
  • ニート、フリーター、引きこもりにチャンスがあるか?
  • 馬鹿、安倍の「再チャレンジとは?」そのひどさ加減。


最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
僕らの絶望
http://se-lifestyle.at.webry.info/200608/article_13.html 一体、月に5万円をどのように稼ぐのだ? 非正規雇用でもなく、ニート、引きこもり10年を経過した人はどのようにして稼ぐことが出来るか?時間給は精々600円、それから、月に100時間労働してやっと、6万円、10%の ...続きを見る
電波フリルパラノイア
2006/08/13 11:06
一時養老保険の差益
生命保険などの満期返戻金は、 通常一時所得に該当し....が ...続きを見る
知って得する! 生命保険と損害保険
2006/08/18 12:19
フリーター就職支援に「能力証明書」…政府が格差対策
 フリーターの就職支援に「能力証明書」を発行するという今日の記事より。 (引用記事は、下部に掲載) ...続きを見る
総合情報ニュース徒然草
2007/02/15 17:09
格差社会ニッポンで働くということ←本のタイトル
格差社会ニッポンで働くということ熊沢誠・著岩波書店・刊大枚1900円をはたいて衝動買いした本だったが、実にいい本だった。私自身、これまで様々な仕事に就いてきて、そのどれもがうまくいかなかったわけだが、もっと楽にサラリーマンをやれる国がヨーロッ... ...続きを見る
期間工から資格取得、社労士開業
2007/07/26 02:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 TB有難う御座います。
 社会の問題をビジネスマンの目で見ているところの共通性を感じます。
 これからも宜しくお願い致します。
morichika
URL
2006/08/13 23:27
morichikaさま。TBありがとうございます。
ちょっとくらい話題ばかりで申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。
Caro Ideale
2006/08/14 23:41
私は、鬱病が、治る見込みを、自分で感じる事が出来ないです。。。

自殺志願者に、病院で安楽死を施す事が合法化されて欲しいです。

それで死にたいです。。。

安楽死の合法化については、2chでも、論議されていて、圧倒的に賛成派が多いみたいですね。
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1076336242/

人生に希望を失ったニート、引きこもりを安楽死させてやりたいという意見が多いようです。

書物でも、「雨の降る日曜は幸福について考えよう」という本で、自殺志願者に安楽死を与えてあげよう、と書かれているようです。
http://homepage3.nifty.com/okadaue/book/b124.htm
straysheep
2006/08/31 19:16
出来るなら、自殺して、早く親に経済的迷惑をかけている状態から脱したいです。

でも、安楽死みたいなものが、用意されないと、自分には、自殺の苦痛と恐怖を乗り越えられそうにありません・・・。
straysheep
2006/08/31 19:24
straysheepさん、コメントを頂戴しておりますが、申し訳ありませんが、この問題は、私の能力を超えております。できる限り速やかに、専門医に診ていただき、その判断に従って行動(投薬、入院など)されますよう、お願いいたします。
−−
うつは、波があるようです。そのため、急激に落ち込むこともありますが、また、元の状況に上昇することもあります。今はそのように、沈んでおられるようですが、治療によりまた復帰への道を見つけることが可能と思っております。
Caro Ideale
2006/09/01 00:44
私も最近そう思うことが多いのですが、今まで生きてこれたのですから、感謝して恩返しの
みちを考えてはどうでしょうか。
stiglitz
2006/09/01 05:59
Caro Ideale様、暗い事をかいてしまい、申し訳ありませんでした。m(__)m

一応、現在ちゃんと、心療内科に受診して、薬も飲んでいます。

ただ、鬱が重くて、2週間に1度の通院も困難です。時々、薬が切れているのに、鬱が重くて病院に行けないという状況になってしまいます。

実は、今日も病院に行くべき日なのですが、体が重く、行くのがとても億劫です。

もし、病院に行けたら、Caro Ideale様から、教えていただいた薬を試してみたいと思います。
straysheep
2006/09/01 15:53
stiglitz様は、恩返しが出来そうですか?
私は無理そうで、絶望しております。
鬱病が、もう、治りそうに無いとかんじてしまっています。
私は、鬱病が始まってから、10年経ちます。若さも失われてきて、人生のどこに希望を見出したら良いのか、希望が見えません。

持病の化学物質過敏症の問題もあり、生きている事が苦しいです。

stiglitz様は、現在は、ご両親との仲は良好でしょうか?

私は両親との仲もあまり良くないので、孤独で、とても苦しいです。

Caro Ideale様、暗い話を書いてしまい申し訳ありませんでした。
straysheep
2006/09/01 16:04
straysheepさん、ご返事有り難う。stiglitzさんも、書き込み有り難う。
多くの人が同じような状態でいることは、悲しいことですが事実です。そして、復帰に向けて努力しながらも、それが中々難しく実現し難いことであることも事実です。私の個人的な事情も以前お話しした通りです。[今は消しましたが]
ヒルナミンとかレボトミンは、鎮静剤ですから、医師の処方で投薬されるものです。でも、必要な時には役に立ちます。それの服用で、かなり状況も改善されています。
また、認知療法については、今原稿を作りつつあり、近日中に掲載します。これも、医師が行う療法の一つです。素人が云々するべきことではありませんが、私自身理解が必要と思って、私自身のために情報をまとめました。朝日新聞の8月30日、31日の記事で、この認知療法の記事が2回分掲載されただけでした。成功したとは書かれていません。...
とにかく、余り沈まないように、元気で過ごして下さい。
Caro Ideale
2006/09/01 16:09
本日、何とか病院に行ってくる事が出来ました。

お医者さんに相談したところ、レボトミンは、私には必要ないと言われました。
代わりに、ジェイソロフトという薬を新しく処方されました。。。

認知療法は、私は、良く知らないのですが、物事の認知の歪みを直すという治療法なのでしょうか?
他人に、暴力を沢山振るわれて、他人が怖いという心理も治せるものなのでしょうか?記事に期待したいと思います。

Caro Ideale様、ご心配頂き有り難う御座いました。<(_ _)>
straysheep
2006/09/01 21:21
straysheepさん、ご返事有り難う。
通院できて良かったですね。また、お医者様からの投薬で、新しい薬を頂けて良かったですね。レボトミンは、鎮静剤ですから、外部からの刺激をシャットアウトするような効果があり、神経のいらだちを和らげることが出来るようです。その間に、痛んだ神経を治すのでは、と思っています。
確かに、「認知療法」は「認知の歪みを直す」とウェブに書かれていますが、ウェブの専門家のサイトでは、記載が難しすぎて理解し難いです。
自分の理解で記事を書いています。すなわち、「経験・体験を再学習するといわれている療法」ですが、患者が種々な場面で失敗した場面を元に、そこまではしてはいけない、という範囲を再体験で学習し、再度、三度と失敗を繰り返さないように「パターン認識」をして、覚えてゆくと言うような療法と理解しています。朝日新聞でもっと取り上げるのかと思っていましたが、二日間で終了とは。

それでは、また。
Caro Ideale
2006/09/01 21:39
精神科で
「この18年は
自分にとっても社会にとっても
親にとっても医療にとっても
無駄だった」
と怒鳴りました。
なんか、周りなかから
「働かないと金はやらん」
と怒られている気がします。
straysheepさま
障害者年金と親の金で
再スタートを検討してください。
一時しのぎかもしれませんが、
・親、他人や社会の悪口を言わない
・自分の話をしない
・いつも笑顔
・感謝の言葉連発
で多少は一般人のふりができます。一時しのぎで最終的な自立が遠のくのも事実ですが。
stiglitz
2006/09/01 22:57
stiglitz様、返事が遅くなり申し訳ありません。m(__)m
最近、鬱が本当に重かったので、返事を書く余裕がありませんでした。m(__)m

障害年金は、申請する予定なのですが、
通るかどうか、心配です。

それはともかく、stiglitz様、あまり自分をお責めにならない方がよろしいかと思います。

私自身も、強い自責感がストレスとなって、鬱や不眠や心身症などを重くしてしまっているのですが・・。

中々、難しいのですよね。
自責感によるストレスをなくすのが・・。
多くの引きこもりの方がそうなのではないか?と思います。

世の中に、ニート、引きこもりを非難するメディアが多いせいかもしれません。

stiglitz様、アドバイス有難うございました。m(__)m
straysheep
2006/09/19 03:43
stiglitz様、straysheep様、ご無沙汰です。色々コメント頂戴し有り難うございます。
お二方も、状況が似ているようで、私も大変に勇気づけられるお考えなどを聞かせていただいております。
出来るだけ早い機会に、一歩でも歩み出されれば良いなあと考えておりますが、ぼつぼつ、一歩一歩の積み重ねが重要と、考える機会が多い今日この頃です。ジャンプすると、必ずといって良いほど、バックラッシュが起こり、元以上に落ち込みます。そうしたらまた、一歩一歩前進するまでの時間がかかります。
と言うことで、最近は、生臭い記事ばかりを掲載しておりますが、自分のメモみたいな形ですが、多少、思い出すようなことを書いてみたいと思っております。
一般的な記述となりますが、全くの空想ではないことを追記させて下さい。それでは。
Caro Ideale
2006/09/19 15:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
格差社会:月5万円を稼ぐとは? 花園はここにありました!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる