花園はここにありました!

アクセスカウンタ

zoom RSS 体に優しいお朝食です

<<   作成日時 : 2006/08/07 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

話題をがらっと変えて、おいしい、簡単な朝食をご紹介します。



朝食に何を食するかは、人により、年齢により異なる難しい問題ですね。毎日のことなので、自分で考え出した朝食を食べましょう。これは、有機食材を活用した、非常に体に優しい、おいしくて簡単な朝食のご紹介です。コメント欄にもありますように、市販のオレンジは、種々なポストハーベストが使用されているものがあります。また、バナナも下のバナナの説明書にもあると思いますが、農薬が使用されています。また、添加物の説明のチラシにも書かれているように、大量の添加物が使用されています。各食材のご使用は、各自の責任の元に実施して下さい。

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


今回ご紹介する「簡単で体に優しい朝食」は、数年前から始めているが、それ以前は、皆さまと同じ、朝から焼き飯を食べたり、パンにバターをたっぷり塗り、ハムかソーセージ、それに、スクランブルドエッグなどを食していた。ほとんど野菜はなし。面倒だから。それに、ミルクかコーヒーを2杯ばかり。これで済ませていたが、数年前から、食事の手間を簡単にするため、それに、自分一人でも簡単に準備が出来るように、考え出したものを今日紹介する。これは誰でも出来るから、うちの怠け者の私も大丈夫と言うこと。

この朝食の特徴

初めに、この朝食の特徴を説明しておこう。そうすると、なぜこのような面倒なことをしているかがご理解頂けるでしょう。
  1. 塩分フリーであること
  2. 塩分の一日摂取量は案外少ない。そのため、この朝食で、塩分がほぼゼロとすると、非常に安心である。
  3. 蔗糖(砂糖)フリーであること
  4. 糖分の制約も非常に厳しいものがある。糖尿病の人など特にそうである。この朝食では、ほぼ、蔗糖はゼロである。果糖は含まれているが、それほど多いものではない。
  5. 脂肪がゼロである
  6. 私は食物の専門家ではないので、成分分析表で脂肪がいくらか含まれているかも知れないが、少なくとも、自分で加える、植物油、動物油はゼロである。これも安心につながる。牛乳には、乳脂肪分が含まれていることは存じております。しかし、加工乳ではないので、できる限り自然のままを維持した低温殺菌の牛乳です。
  7. 添加物を極力減らしている
  8. 安倍司氏の「食品の裏側」の書物に書かれているような、保存料、人工添加物はほぼゼロである。
  9. 加熱をすることなく、自然のままの食品を利用して居る。
  10. これも、案外大切なことなのだと思っている。通常の料理では、加熱が付き物。そうすると、多少はたんぱく質などが変質する可能性が残る。それを除去している。
  11. 他の人の手の介入をゼロにしている
  12. これも大きい。ワイフなり、娘なり、母親なり、女性の力を借りないと食事も出来ない男性が多い。ワイフが外出などで不在になって夕食が作られないと、不愉快になる男性も多いと聞く。これは、少なくとも、二本の手が揃っておりさえすれば、自分で作り、片づけることが出来る。
これを、この朝食のメリットとして最初に記載して置くことが重要と考え、追記しました。男も独立する必要があります。女性を解放し、彼女達の自由の道を歩んでゆけるよう、男性もするべきことはやりましょう。

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


食材の紹介

先ず、食材を紹介する。
  • シリアル:ミューズリー
  • パスチャライズド・ミルク:低温殺菌のおいしい牛乳ですよ
  • ヨーグルト;プレーンヨーグルト(これも、低温殺菌のミルクを使用した、おいしいヨーグルト)
  • バナナ:パラゴンバナナ(有機栽培のバナナです)
  • オレンジ:これはすでに紹介したように、日本製の有機栽培のオレンジ
  • 黄な粉;国産大豆を丁寧に炒って、粉にしたもの。2種類ほど入れます
  • それに、コーヒーです。これも日東コーヒーの有機農法のコーヒー豆を自分で挽いて入れます


それでは、食事を作りましょう


  1. オレンジ、バナナ、それに、ヨーグルトの食事から。


  2. 画像
    オレンジ一杯です
    画像
    皮をむいたオレンジです
    画像
    プレーンヨーグルト
    画像
    パラゴンバナナ一房
    1.5Kgで750円
    画像
    通常は、1本の半分を食べます
    画像
    パラゴンバナナの
    生育環境などを書いた説明書です。


    画像
    画像

    画像
    ←お手間でもクリックをお願いします。


  3. バナナ、オレンジをヨーグルトに混ぜて食べましょう。
  4. 画像
    バナナと
    オレンジを一緒にして
    画像
    それにヨーグルトを
    かけると、このようになります。


  5. 今度は、黄な粉とミルクです。結構栄養分が高いのですよ。
  6. 画像
    黄な粉です。
    画像
    黄な粉とミルク

    画像
    これを混ぜて、
    おいしそうですね。
    結構栄養分は高いのですよ。


    画像
    画像

    画像
    ←お手間でもクリックをお願いします。


  7. シリアルとミルクです。シリアルは有機食品の方が良いのですが。また、シリアルの中には、大量のドライ・フルーツが入っています。
    画像
    ミューズリー
    ドライフルーツ入りの
    シリアルです。
    画像
    パスチャライズド・ミルク
    低温殺菌のおいしい
    ミルクです。


  8. ドライフルーツ入りのシリアルに、低温殺菌のミルクを掛けて食べます。
  9. 画像
    シリアルにミルクをかけて食べましょう。
    これがメインディッシュになります。


画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


これで、だれにでも作れておいしく、栄養分の高い朝食の出来上がりです



このセットに行き着くまでに相当の時間がかかりました。ヨーグルトと低温殺菌のミルクは、生活クラブ生協から購入しています。いずれも原材料を贅沢に使って、おいしい食材です。黄な粉も、同様、有機農法で作った国内産の大豆を丁寧に焙煎し、粉に挽いた特上も野です。

オレンジも、何度も説明しているように、西山園芸の国内産のオレンジです。少々見てくれは悪いですが、大変においしく甘いです。薄皮は剥いて、コローンに上げています。

バナナもすでに紹介していますが、フィリピンの、国内農業支援のためのプログラムで作られた、パラゴンバナナです。モンキーバナナみたいに細かったのですが、最近はずいぶんと変わりました。普通市販のバナナは、外の皮が黒くなる前に、中身が痛んでいることが多いですが、このバナナは逆で、皮が黒くなっていても、中身は大丈夫です。木から落ちないように、へたが弱くならないような農薬を使用していません。ですから、正真正銘のおいしいバナナです。普通市販のバナナは、農薬漬けと考えた方が良いかも知れません。

生活クラブ生協の食材を使った朝食です。それでは、おいしい朝食をお楽しみ下さい。

これらの食材を購入ご希望の方は、生活クラブ生協での活動をご参照ください。また、生活クラブ生協連合会についての詳細は、公式サイト生活クラブ生協の連合会のサイトへお越し下さい。その中で、地域毎に分かれた生活クラブ生協の紹介があります(余り上手に作られているサイトではありません。今、更新中ですので、今暫くお待ち頂けば、サイトは更新されます。

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


もちろん、サイトが更新されなくとも、安全・安心をモットーとした、生活協同組合の食材は、今からでもご利用になれます<笑>。生産者とともに、有機農法を主体とした農作物、また、そのような餌を与えて育てた、牛・豚・チキン・卵が供給され、また、魚については養殖物ではなく、日本でとれたもので、ほぼ天然の物を取り扱っています(マグロは遠海漁業でのものもありますが、メバチマグロなどの近海で捕れたものもあります)。

宅配の制度もありますので、個人宅、グループでの配達制度もあるようです。これらの制度を使用すると、宅配・お店(デポーと言っております)での、商品を見ての購入など、種々な方法での食材の入手が可能です。価格的に見ても、同様商品であれば、相当お安く、入手が可能ですが、非有機食材、添加物フリーでない食材に比べると、価格はちょっと高めですが、健康には代えられません。2005年10月28日付けの日刊ゲンダイの記事で言われているところによると、一人当たりの添加物の消費量は、年間4キログラムにも上るとも言われています。

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


添加物などについての情報


  1. 安倍司氏の「食品の裏側」に詳しいですが、私たちが1年間に口にする添加物は、一般に年間4キログラムになります。
  2. 画像


  3. パラゴンバナナです。自然の環境の中で育てられたパラゴンバナナは添加物を使用していません。もちろん、農薬も最小限に抑えられています。少々、価格は高いですが、1.5Kgで750円です。びっくりするほどは高くないです。
  4. 画像


  5. パラゴンバナナを育てている現地の人たちの話と、それをサポートする NPOの人たちの協力で、パラゴンバナナが供給されています。
  6. 画像


    最後までおつき合いいただきありがとうございます。
    ↓お手間でもクリックをお願いします。
    画像

    管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

    画像

    画像
    画像
    画像
    このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

    画像
    ←クリック一つで救える命があります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は、化学物質過敏症なので、市販のバナナとオレンジには、独特の刺激臭を感じてしまいます。
おそらくポストハーベストか、何かだと思っております。
だから、市販のバナナと、オレンジはあまり食べません。

特にオレンジが駄目ですね。
straysheep
2006/08/07 12:58
市販のバナナ、オレンジは、農薬漬けです。オレンジ、グレープフルーツなど、アメリカ産のもの、その他のもの(各商品に記載されています)も、ポストハーベスト、保存料が使われています。
バナナも、産地指定、有機栽培などの記載のないものは、農薬が使用されています。
Caro Ideale
2006/08/07 15:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
体に優しいお朝食です 花園はここにありました!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる