花園はここにありました!

アクセスカウンタ

zoom RSS 体育系の馬鹿さ加減に驚く!

<<   作成日時 : 2007/09/06 02:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

世の中には驚くことが多いが、体育会系の絶対服従の世界は恐ろしい!


私も人生が長い。そのため、種々な人種と出会ってきたが、不思議と非体育会系が多かったような気がする。もちろん、私自身が軟派であったためだろう。体育会系とはほとんど関係がなかったし、彼らも私に方に近づいてきたことがなかったのだろう。しかし、驚くことも多かった。ある時期の会社の部長がこの体育会系だった。そうすると、今でも、その所属していた人間達(技術者達)の会合が開かれているが、この男は絶対に呼ばれることがない。飲み会に参加する人の人数は20人を超え、その範囲を広げているが、その部長を呼ぶと言う人はだれもいない。それほど、みんなから嫌われていたと言うことが今になって分かった。

その、体育会系の元部長は、もう75歳を越えているだろうが、いまだに少年たちを集めてサッカーをやっているらしいが、体育会系の馬鹿さ加減を益々発揮して、子供たちを絶対服従の世界に連れ込んでいるのだろうか? 恐ろしいことだ。私の経験では、公立の小中高では、部活が必須で、部活に熱心でない場合、内申点が1ランク下るような状況であるらしい。しかも、体育会系の先生は厳しく、1週間の内に最低4日、5日から6日あることも多いようだ。試合などがあれば、自分たちが出席しなくても、制服を着用して、応援に行くんだそうだ。だから、彼らは、夏休み中もこの部活にほとんどの時間を取られて、重要な勉強がおろそかになっている。なぜこれほど部活に力を入れ、絶対服従をしいているのか、私には理解できない世界だ。多分、道徳などを強制科目にすることが出来ないため、それを補って、「上のものの命令を素直に聞き実行する一兵卒を育てる」つもりなんだろう。

体育会系の元部長の記憶!


私には、その元部長の記憶はそれはほとんどない。不快感があり、思い出すのも嫌だから記憶に残らないのであろう。

私自身、彼に次ぐ程度の地位にあったが、極端に彼に嫌われていたのだろう。厚遇からは程遠く、ボーナス査定、人事査定など最低ラインを行っていたのだろう。第一彼の言うことなすことが、気に入らなかった。夕方になると、彼にしっぽを仮に振っていた人間が何人かいたようだが、その男たちに声を掛けて、「さあ〜、飲みに行こう!!」、とそれ見よがしに、彼に好かれていない連中に残業をさせて意気揚々として出かけた。[そして、残業組の作った資料を活用して自分の地位を保全していたのだろうが・・・・・]おいおい、みんなまだ仕事があるだろうに、速く仕事を終わって、家に帰った方が良いよ、と心の中で思いながら、彼らはいやいや馬鹿部長に付き合っていたんだ。それが今になって、我々の会が開催されても、彼は呼ばれない。

この会の会長は、人徳があるが、偉くなれなかった人だ。部長にもなれなかった。そして、横の道にそれて、さよならした人が、みんなから声を掛けられ、会長になってみんなを呼び寄せて、年に二回の飲み会を開催している。題して「テツヤサンノカイ」です。余りばらしすぎるのも何ナノで、これくらいにしておくが、彼(元馬鹿部長の体育会系の男)のやったことはほとんど記憶にない。気に入らぬ男は徹底的にやっつけまくる、それも、女のように(セクハラ的発言で失礼します)、ねちねちと、次から次へと攻めまくる。相手の男は逃げ場が無くなり、彼の好きな絶対服従の世界に連れ込まれるわけだ。

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


絶対服従に従えないこともあるんだ!


私は、彼の言うことは大抵が間違っていたと思っている。そして、いつもそれ以上の案を提案しているが、彼は私の言うことが正しくて、それになぜ従わないのだと言う一言。理由も何もなし、自分が正しくて、それ以外の案は拒否する。自分の案に従わない男の査定はゼロになる。そのことを、みんなが20年も経った今になって話し合っている。馬鹿な男がいたもんだ!!あの部長はひどかったな!!そして、一番にしっぽを振っていた男も、やっぱり誘われていない。声を掛けてやろうと言う人がいない。それより、反対が多すぎて、会長も、幹事も呼べないんだろう。これも、どちらかと言うと、馬鹿部長並に馬鹿で絶対服従が好きであるが、出身校が一応世間に固い固い学校として名の知れた学校なので、一見その体育会系であることを出していない男であったが、やっぱり、元部長を継いで部長になった。その後の人生はどうなったのだろうか?

の馬鹿体育会系も居るんだよ!


今日は本当は、「テツヤサンノカイ」の話ではない。今私が出会っている事件であるが、ある筋から、この女性を紹介された。面接した。最初は、フェースの情報(出身校、成績、経歴、能力)などを見て、OKと思っていたんだ。しかし、何と、2週間ほど経過して、突然現れた。自分の処遇に対して不満足であるような態度を示して、1時間ほど談判をした。その途中の話題は省略するが、彼女の態度はその馬鹿な元部長と同じ、絶対服従しかありえない、という信念に基づいての発言であった。だから、私は言った。私は、体育会系の「絶対服従」は嫌いなんだ、高校野球の選手達の入場行進を見ているだけで吐き気がする人間なんだ。兵隊も嫌いだ。もちろん、軍隊も嫌いだ。あなたも嫌いです。私は軟派で、自由自在に頭の中が回転して、自由自在に出力を出す人間なんだ。入力があれば、いつも同じ出力を出すような機会仕掛けの人間は嫌いなんだ。

感性を持ち、感受性を持ち、柔軟で自由な考え方をする人なんだ。だから、色んな意見をありえることだと認識している。しかし、体育会系で「上司、上官、上級生」などが命じるままに行動することが絶対条件であるような、体育会系の人間は嫌いなんだ。私は、そのような「上司、上官、上級生」などの命令は全て無視をする人間なんだ。そして、ある環境が与えられた場合、種々な条件を考慮し、そして、周りの環境に溶け込んで、素晴らしい動きをするような行動・回答を出す人間なんだ。そのような柔軟な行動をする人が欲しい。柔軟な考えをする人が欲しい。

世の中に絶対なんかありえない。


そう、絶対なんか、絶対にありえない。条件・環境・その人となり、その状況、状態に応じて回答が変わる。当たり前の話。一つの入力に対して答えが一つと言うのは、チューリングマシンである。それはロボットであり、機械なんだ。人間ではない。人間なら、種々な回答を出す、それが正常な人間的な行動だ。

私は絶対を信じない。自分自身に対しても、何事に対しても絶対などあり得ないと思っている。だから、環境に対して、周りの反応に素直になって反応する。そしてその結果が行動になる。

馬鹿な元部長、体育会系の男はいつも言われていることだが、脳みそまでが筋肉ででき上がっているから、そんな対応しか出来ない。そして、従わないかたくなな軟派男の評価は、本当にゼロなんだよ。お母さん。ABCDEの五段階で言っても、多分、彼の評価は、Zなんだ。一番最低ラインの評価を付ける男がいるんですよ。その男の名は「渡邊」です。「近藤」です。下は略しましょう。

それではお元気で。今日は、体育会系の男と女の馬鹿さ加減についてのお話でした。
軟派万歳!!自由万歳!!絶対服従に絶対反対!!軍隊反対!!戦争反対!!安保反対!!安倍NDアカンボウ内閣をぶっつぶせ!!自民党をぶっ潰せ!!

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー


最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

画像
←クリック一つで救える命があります


画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
経験者として言わせてもらうと、
学校・部活動・稽古塾・バイト先・会社
どこへ行っても体育会系は理不尽な上下関係と精神論を押し付け、先輩・教師・上司など上にはペコペコ。
下には、事あるごとに自分に都合の良い人間に仕立て上げようと、

cp
2008/12/28 09:28
●思い通りにならないと暴力・脅迫・威嚇で押し切る
●都合の悪い口答えを許さない
●お強い自分を見せる「おかず」に使う
●コソコソ根回しして「むこうも俺と同じ事いってんだろうがよ」「俺の言った通りになっただろうがよ」「だから俺が正しいって事なんだよ」
●わざと失敗させ、その失敗を責める勢いを利用して、でたらめや関係のない事をこじつけ「ハイ」と言わせようとしたり「この失敗をどうにかして欲しいか、なら今後はこうするんだろうな?」と説得するフリした脅迫
●頑張って成功しても「調子に乗ってると殺すぞコラ」と自信をもつ事を許さず、卑屈にペコペコさせようとする
●見え透いた姑息な真似を繰り返しておきながら、それがばれてないと夢見てる
●いざばれてるとなると「お前のためにやってんだよ」と自分の言う「ためになる」の価値観や、自分のした事の責任を押し付け正義面
●見え透いた姑息な真似に騙されたふりをするようになった者を見て、自分にはカリスマや信頼や素晴らしい人生観があると自惚れる

…とても書ききれない。

ほとんど全ての体育会系は、この手の自惚れた勘違いをしているのだろうか?
cp
2008/12/28 09:28
cpさん、初めまして。いやはや、体育会系の事はほとんど言い尽くして頂きまして、有り難うございます。なぜか企業は体育会系を取りたがります。そして、軟派系(私など)を隅に追いやろうと試みます。一言で言うと、体育会系は脳みそまで筋肉で出来ているから、思考回路は機能ゼロ。体育会系の行動は多分、「条件反射」。体育会系の部活で、徹底的に先輩から教えられた反応「先輩・同輩・後輩への対応の仕方など」を覚えており、それに従って行動しているから、ほとんどどの体育会系の人も同じ行動です。
余り悪口ばかり言うといけないので、逆のことも言います。中高で部活に属さず、ある程度の規律・我慢をすることなどを学ばないと、非常に「軟弱」な性格になります。これを「おたく族」というのははばかられるけど、困ったことなのです。私は今その狭間で生活しています。
Caro Ideale
2008/12/28 12:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
体育系の馬鹿さ加減に驚く! 花園はここにありました!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる