花園はここにありました!

アクセスカウンタ

zoom RSS 角界の苛め殺人、遅すぎる当事者達

<<   作成日時 : 2008/02/07 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やっと刑事事件として、時津風親方を逮捕したが、傷害致死だと!!


笑わせるんじゃない、そんななまっちょろいことをやっているから、日本中から苛めが無くならないのだ。日本の国技である「角界」での苛め殺人を「傷害致死」だと。
それ以上の判決はありえないのか?私は知らないが、計画的な殺人は、相当重い刑罰だぞ。これに近い殺人だ。なぜ、時津風親方だけなんだ!!2008年2月7日のNiikei Netによる。


画像
←お手間でもクリックをお願いします。



前時津風親方らを逮捕、傷害致死容疑・力士急死で愛知県警

 大相撲の時津風部屋の力士、時太山(当時17、本名斉藤俊さん)の急死を巡り、愛知県警は7日、傷害致死容疑で前時津風親方、山本順一容疑者(57)と兄弟子3人を逮捕した。県警は死亡2日前から続いた一連の「暴行」が斉藤さんの死に結びついたと判断した。角界を揺るがした若手力士の急死は、刑事事件に発展した。
 調べによると、兄弟子は昨年6月25日昼ごろから、部屋を脱走した斉藤さんを暴行。同日夜には前親方が夕食の席で、斉藤さんの額をビール瓶で殴打し、その後、兄弟子に「おまえらもやってやれ」と指示し、兄弟子3人が約30分間、宿舎の裏で、金属バットなどで暴行を加えたという。さらに、26日朝も通常は5分間が限界とされる「ぶつかりげいこ」を約30分間、続けるなど暴行し、死亡させた疑いが持たれている。
 昨年10月の新潟大鑑定では「多発外傷によるショック死」と判明。県警は昨年11月、名古屋大学に改めて遺体の再鑑定を依頼した結果、両鑑定が死亡前日の暴行と死亡当日の通常の範囲を逸脱した「ぶつかりけいこ」でショック死したと結論づけた。 (20:06)


これは明らかに、苛め殺人だ。計画的な殺人だ。時津風親方は全責任をとって、切腹を命じる!!
こんな生ぬるいことをやるから、日本中から陰惨な苛め、そして、陰惨なセクハラが無くならない。極めて陰湿で、隠れてこそこそ、何をやっているのだ、日本の国技で。第一天覧試合まであるくらいではないか!!

これが精いっぱいの判決であろう。(未だ判決が下ったわけではないので、執行猶予が付いた、精々禁固3年くらいだろう。)

情けない。実に情けない。


植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー


最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

画像
←クリック一つで救える命があります


画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
角界の苛め殺人、遅すぎる当事者達 花園はここにありました!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる