花園はここにありました!

アクセスカウンタ

zoom RSS 大甘の日本の指導者層!アメリカもびっくり!

<<   作成日時 : 2009/05/25 02:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

日銀がもう経済見通しを上方修正するとは?


一体どういう神経をしているのだろうか?何も政府が手を打たないで、放置し、単に一人12,000円の給付金とやらを配って、もう経済は立ち直りつつあるという意味を伝える「経済情勢の上方修正」を日銀総裁が刷るとは?これによって、経済界がどれだけミスリードされるか?一般の人民(金のない人も含めて、小金を持っている人が大部分)をミスリードさせ、株式のPKO(価格維持操作:Price Keeping Operation)をさせ、年金基金を大量に投入し、我々の将来の年金金基金に大赤字を浴びさせようとするのだろうか?

海外からの投資資金が大幅に引き上げられ、株式の価格を維持するのが困難な状況にある現在、今の株式の価格は異常なほど高い。

まずは、日銀総裁の言を産経新聞から拾って見ようか。

日銀、景気判断を上方修正 白川総裁「最悪期は脱した」

2009.5.22 21:00
 日銀の白川方明(まさあき)総裁は2009年5月22日、金融政策決定会合後に記者会見し、国内景気について、「『がけから落ちる』とか、『フリーフォール』という状態は過ぎ去った」と述べ、最悪期は脱したとの見方を示した。ただ、「不確実性が大きい」とも語り、先行きを注視していく姿勢を強調した。決定会合では、日銀としての景気判断をこれまでの「大幅に悪化している」から「悪化を続けているが、輸出や生産は下げ止まりつつある」との表現に上方修正した。上方修正は平成18年7月以来2年10カ月ぶり。
 白川総裁は会見で、上方修正の理由について、在庫調整の進展に伴う生産の下げ止まりと輸出の底打ちを挙げた。さらに、景気が実際に底打ちしたかの判断については、「在庫調整後の最終需要の強さがポイント」と述べ、保留した。ただ、今年1〜3月期に年率換算で15.2%減の戦後最悪のマイナス成長となった国内総生産(GDP)については、「1〜3月期に比べ大幅に改善しそうだ」との見通しを示した。
 一方、国内でも感染が広がっている新型インフルエンザについて、「感染の拡大や対応次第で生産、消費に影響が出ることに注意が必要」と述べ、先行きの不安材料に挙げた。
 また、金融市場について、「情勢は改善の方向にはあるが、なお不安定だ」と説明し、市場への潤沢な資金供給や企業の資金繰り支援策などの対応を継続していく考えを強調した。
 決定会合では、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を引き続き現行の年0.1%程度で据え置くことを全員一致で決定。金融機関の資金供給を円滑化するため、米英独仏の国債を担保にできるようにする新たな措置も導入した。

画像
←お手間でもクリックをお願いします。

一体全体、「在庫調整の進展に伴って生産が下げ止まっている」をプラス要因と見るか?在庫調整とは、在庫をたたき売りをして大損をした会社が、果たして再度生産を増強するであろうか?誰も、ものを購入する金を持たないのに、単に「給付金:12,000円」が消費に回ると思っているのだろうか?

企業も、将来の人材を確保さえ出来ていないのに、それほどに、採用を押さえ込んでいる状態で、企業の赤字が止り黒字に反転すると思っているのだろうか?もしそれほど経営者がすご腕であれば間違いない。アメリカの自動車産業を見て欲しい。クライスラーはもう無いも同然、GMだって危ないという状況で、誰が自動車を購入するんだ?

もう一つの見通しは「輸出の底打ち」と言うのも他人頼み。海外の人が日本の製品を叩き買うのは分かるよ。それだからといって、それを「輸出の底打ち」というのは乱暴な話ではないか?その2つの他人任せの理由によって、景気が下げ止まって「見通しを上方修正する」という神経が分からない。

給付金政策の価値はゼロと言われて恥ずかしくないか?



Nikkei Netから拾うよ。

「定額給付金はゼロ点」 クルーグマン教授、与謝野財務相と対談

 2008年にノーベル経済学賞を受賞したクルーグマン米プリンストン大教授は2009年5月24日のフジテレビの番組で、与謝野馨財務・金融・経済財政担当相と対談し、日本の経済対策について「定額給付金はゼロ点だ」と述べた。危機対策としての積極的な財政出動の必要性では一致したものの、「定額給付金は米国などではほとんど貯金に回り、失敗した。なぜ日本が実施するのか理解できない」などと厳しい評価を下した。
 日本経済の先行きについては与謝野氏が「来年春にはプラス成長になっていると思う」との見通しを表明。クルーグマン教授は「最悪の状況を脱したものの、いつ退院できるかは分からない。5年、10年先かもしれない」と語った。 (2009年5月25日00:55)


これだけトップが甘ちゃんだと、日本の将来はどうなる?


減税も何も無し。企業向けの減税も無し。そしたら、株式が上がる筈が無い。全部自助努力だから、不動産が下落しているのは理の当然。REITは大赤字でぶっ潰れ寸前。企業も倒産が続出。人間様もどうしようもないから、どうして生きて行こうか?と相談しているのに、政府は何もしない。ETCだっけ。日曜の高速道路がどこまで行っても1,000円。これはETCを積んでいる車だけ。おかげで高速道路は渋滞に次ぐ渋滞で物流業者や、夜間長距離バス業者が戦々恐々になっている。当り前だ。

もともとすかすかの道路に10倍以上の車が走れば渋滞になるのは当然ですよね。
画像
←お手間でもクリックをお願いします。

もう何も期待しなさんな!!政府にはね。

ちょっと良いニュースは、どうだ、ざまー見ろ。民主の支援を受けた新人候補者がさいたま市長選に勝利を納めた。ついこの間も、名古屋でも勝利を納めた筈。Nikkei Netからね。

さいたま市長選、新人の清水氏が初当選 民主県連が支持

 任期満了に伴うさいたま市長選は24日投票、即日開票され、民主党埼玉県連が支持する無所属新人の元県議、清水勇人氏(47)が、自民、公明両党の県組織の推薦を受け3選を目指した現職の相川宗一氏(66)ら5氏を破り、初当選した。投票率は42.78%で前回を7.27ポイント上回った。
 民主党にとっては鳩山由紀夫代表が就任して以降、初めての大型地方選挙。4月26日投開票の名古屋市長選に続く勝利となった。
 清水氏は市政刷新を訴え、若さを前面に出して民主党支持層のほか無党派層も取り込んだ。相川氏は合併前の旧浦和市長も3期務めており「多選批判」も受けて票が伸び悩んだ。 (00:03)


そうそう、4月26日の選挙ですよね。この時は未だ小沢だった。小沢で良かったんだよ。何も鳩山のぽっぽちゃんに帰る必要はなかったんですよね。もちろん、イオンか、デオンか知らないが、「前原」なんちゅうやつが代表にならなくて良かったんだよ。前原になられたらもうおしまい。再軍備、戦争賛成、憲法改悪賛成の前原じゃ、日本はおしまい。わたしゃ、自害するところだったよ。良かった良かった。これで、2発ほどアッパーカットを食わせてやったことになるからね。今日の相撲みたいに、朝青龍も白鵬も負けて、日馬富士(モンゴル出身)だから、もう世界戦みたいなもんだ。日本人はゼンプダメー!!モンゴルツヨイ!!「プーハオルーベンレン」「不好日本人!」日本人弱いね。日本人のトップもダメね。

言うのを忘れていたが、2020年目標の排出二酸化炭素規制の値でも、経団連は4%が精一杯


グリーンワークからの引用ですが。

経団連の御手洗会長の発言

2009年05月13日
政府は、2020年までに、1990年比で、4%〜25%のCO2を削減する6つの案を検討している。

経団連の御手洗会長が、4%の削減案を支持すると表明し、
環境大臣が「世界の笑い者」と応酬したニュースが報道された。


もうあきませんね。御手洗氏は。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー


最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

画像
←クリック一つで救える命があります


画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
http://www.asyura2.com/09/senkyo64/msg/110.html
小泉の息子の育ちが悪い証拠動画。
りょこう
2009/05/25 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
大甘の日本の指導者層!アメリカもびっくり! 花園はここにありました!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる