花園はここにありました!

アクセスカウンタ

zoom RSS 発疹、アレルギーは血液の汚れが原因!

<<   作成日時 : 2011/02/20 03:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

発疹、アレルギーは血液の汚れが原因!


石原 結実著の「体を温めて病気にならない生き方―体温上げで免疫力をアップ!プチ断食でサラサラ血液に! [文庫]」はすごい本ですよ。この本は。記憶に頼って記事を要約すると下記のようになる。

  • 食物には、身体を温める食物と、冷やす食物がある(漢方では常識)。
  • 南方系の食材は、身体を冷やす。北方系、根菜類は身体を温める。
  • 水分は身体を冷やすから、むやみに取らない。なるべく水分が少ない状態で食する。ビール、ウィスキーは良くない(がっかり)。焼酎のお湯割りは大丈夫。
  • 粗塩は身体を温める効果がある。黒糖(黒砂糖ですが、これを砂糖にした、生活クラブの「素精糖」は、成分がほぼ黒砂糖と同じ)などは、身体を温めるから、むしろ適量を取ったほうが良い。
  • 発疹、炎症、


だから、貴方の健康は食物で決まるのです


私は一切の妥協を拒否しています。そして、毎日を健全に送ろうと努力していますが、一番いけないのが、PC(パソコン)なのに、このブログはPCを離れて存在することはない。しかし、最短時間でのアクセスにより、多少は世間さまにとってもお役に立てそうな記事を掲載することが可能である。

  • 体を動かすこと。
  • 有酸素運動レベルの運動を、30分以上継続させること。このような運動を、最小限週に3回実施すること。
  • 生姜紅茶を毎日2回以上飲むこと。これは嗜好品であるため、義務になることはない。
  • 白の色の食物は出来る限り避けること。本来は、ミルク・ヨーグルトなどというものは良くないのだが、ヨーグルトは発酵食品であるので、良いとの判断だ。
  • シトラスといわれる、柑橘類もよくないらしいが、ヨーグルトと混ぜることにより、フルーツヨーグルトとして私の朝食を飾ってくれている。
  • 生の魚は努力して食すること。しかし、最近は生魚にも「鮮度保持剤」を使用している店が多いので、「生活クラブ」からしか今は正常な状況の生の魚は入手できない。なぜ鮮度保持剤が必要なのだろうか。実際、鮮度保持剤を使用している魚は、見た目はきれいなのだが、触ってみると柔らか過ぎる。だから、この魚は生では食してはならないということで、さかな屋としての最終的な両親だろうが、「この魚は良く洗って食してください」と、刺身になるような食材にそのような記載がある。
  • 「京浜地方のデパートやスーパーの魚の大手供給会社として「北○×」という会社があるが、この会社の魚を信用してはならない。
  • 理由は蒸気を観れば一目瞭然であろう。
  • 青背の魚を食すること。これが非常に困難になりつつある。東京では、「まぐろ」という、奇怪な魚一辺倒であるから、「マグロ」が青背の魚でない限り、これを除いて、青背の魚を食することは不可能である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
発疹、アレルギーは血液の汚れが原因! 花園はここにありました!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる