花園はここにありました!

アクセスカウンタ

zoom RSS ★阿修羅♪ より、怖い怖い話たち。

<<   作成日時 : 2011/05/22 03:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんな怖い話をブログに掲載はできないよね!!


こんな怖い話をブログに掲載はできないよね。そんなに怖い話なら、元を探ってみるに越したことはない。ということで、タイトルなしで載せていたんだが、怖い話であることには変わりない。
で、まあご覧ください。もっと怖い話は、元を探ってください。山ほど掲載されているから。

★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK113 > 375.html :
中川昭一の不審死、小沢一郎叩き、サダムフセイン殺害、ビンラディン殺害、次がIMFのストロスカーン
http://www.asyura2.com/11/senkyo113/msg/375.html
投稿者 ひょう吉 日時 2011 年 5 月 19 日 08:50:29: RdGoS4S9FGB2w



↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

ひょう吉の疑問 より
http://blog.goo.ne.jp/akiko_019/e/e01109aaaf627d4f6ad42b154c3e9645

中川昭一の不審死、小沢一郎叩き、サダムフセイン殺害、ビンラディン殺害、次がIMFのストロスカーン。
これらはアメリカによる一連の動きだ。

・中川昭一は、財務大臣当時、『これ以上アメリカ国債を買わない』と言って、薬物を盛られて酩酊会見をして失脚し、その後不審死した。

・小沢一郎は、『米軍は横須賀の第7艦隊だけで十分』といって、対等な日米関係を主張した。その後政治資金規正法違反と献金疑惑が持ち上がって、民主党党首の地位を追われた。

・イラクのサダムフセインは大量破壊兵器を製造しているとしてイラク戦争を仕掛けられだが、肝心の大量破壊兵器は出てこなかった。それでも絞首刑にされた。

・ビンラディンは、9.11同時多発テロの主犯とされて、裁判にもかけられずに射殺され海に投げ込まれた。現代の高層ビルは飛行機がぶつかったぐらいでは倒壊しない。それがまるでビルの解体作業でもみるように下から沈んでいった。誰かが仕掛けなければあんな事は起こらない。

・ストロスカーンは、昨年5月のギリシャ危機のとき欧州中央銀行による国債の直接買い取りをおこなった。これによってユーロ安を維持した。
ドル安を狙ってドルを刷り続けているアメリカにとっては気にくわないはずだ。
ストロスカーンの代理はアメリカ人が務める。

ストロスカーン氏は逃亡の恐れがあるとして独房に入れられた。
逃亡の恐れなどあるはずがない。
何かを喋られたくないだけだ。
これは口封じである。
アメリカは怖い国だ。
今一番人権を侵害しているのはアメリカであって、この国に他国の人権侵害を批判する権利はない。

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

アメリカは軍事と金融で世界を操っている。
これに異を唱えるものは殺害されることが多い。


本当に怖い怖い話です。


06. 2011年5月19日 11:28:09: ZlCBGMBcoN
独自のエネルギー外交をしようとした田中角栄がロッキード事件でCIAに嵌められ以後、親中派の多い田中派・経世会の首相の多くはスキャンダルで失脚か変死。竹下、橋本、宇野、小渕。
次代の首相候補だった中川昭一は、著書などを読むと、アメリカに蹂躙されて落ちぶれていく日本を本当に憂えていた。そしてアメリカに本当に文句を言っていた。睡眠薬で嵌められた後も、日本のために頑張ると復権を期していたのだが、本当に可哀想と言うか、酷い死に方だ。死後でも、政治的に復権させてあげないと浮かばれないし、彼の後を継ぐ骨のある政治家は今後出なくなってしまうだろう。

この惨たらしい死に方を目にしたほぼ全ての政治家連中は金玉を抜かれて米国隷属のワンちゃんになっちゃった。

小泉、竹中は別格として、菅も今回の大災害でかなりのおりこうさんのワンちゃんぶり。次のアメリカが選ぶワンコロリーダーの前原誠司の中継ぎとして忠実に米からの指令をこなしている。前原はこの震災の直前に、例の外国人献金問題で、蛇のようにしつこい性格のあいつにしては異常な速さで外相を辞任。その数日後に大震災勃発。これって出来すぎ?

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

菅の忠犬ぶりは平田オリザが口を滑らせてしまった米国からの指示による汚染水の海洋投棄などは良い例だ。(今後のオリザの行く末にも注目)。菅があの金魚目で居座れるのもアメリカのお墨付きがあるから。でも首脳会談は「しっし!あっち行け」と追い払われていたけど。あとは用済みになればポイ。

小沢一郎、亀井静香くらいしかいないだろう。死ぬ気で、アメリカに尻尾振るばかりじゃないぞっていう政治家は。亀井静香は中川昭一の葬式で傍目も憚らず号泣していた。惨たらしい死に方に感情を抑えられなかったのだろう。しかし、そんな死に方を見てさえ、亀井は「CIAがこの亀井静香を暗殺しない限り、この郵政改革法案を葬り去ることはできない」と言い放った。凄い政治家だ。亀井を暗殺させてしまったら日本人の恥。中川昭一と同じ道を辿らせないように、国民で守らないといけない。


最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

画像
←クリック一つで救える命があります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
★阿修羅♪ より、怖い怖い話たち。 花園はここにありました!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる