花園はここにありました!

アクセスカウンタ

zoom RSS 安全対策が未完の定期点検中の原発を再稼働せよと?経産相がいうとは?

<<   作成日時 : 2011/06/19 02:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

安全対策が未完の定期点検中の原発を再稼働せよと?経産相がいうとは?



第一、たったの1ヶ月もたっていないのではないか?何か安全対策をせよて命令していたと記憶するが、それは、M9レベルの直下型の地震が発生しても、高さが15Mを超える津波が押し寄せても、稼働を保証できるだけの安全対策を実施せよと命令したのではなかったのか?この「福島第一原発」でおこったと同じ状況の地震や津波が発生しても、核爆発類似の爆発が起こらないようにせよといわないと、住民が納得しないではないか?
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像
それをやらないで、たった一つ、電源車を用意するだけで、危ない危ない日本の原発を再稼働せよて命じて、日本の経済産業を担う、大臣が「勤まる」ね。

2011年6月18日のNikkei Comからの引用だが、もうむちゃくちゃだね。

原発再稼働、経産相が来週にも要請 地元に直接安全対策説明


海江田万里経済産業相は2011年6月18日、記者会見し、原子力発電所を持つ11社に指示した原発の短期的な安全対策について「適切に実施されたことを確認した」と正式に表明した。原発停止の長期化による電力供給不安は国内産業の空洞化などを招きかねないと強調。福井県など地元自治体との調整が付けば来週にも直接訪問し、再稼働に向けた理解を求める方針を示した。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

 経産相は原発の安全性について「国が責任を持って地元の皆様に説明していきたい」と強調した。追加安全対策を終えたのは東京電力の福島第1原子力発電所を除く、すべての原発。全国の商業用原発54基のうち、現在35基が停止中。一部は運転再開が可能だ。

 だが福島第1原発の事故に加え、政府が中部電力浜岡原子力発電所の運転停止を要請したことで地元自治体に安全への不安が広がり、再稼働への同意が得られていない。

 経産省原子力安全・保安院は福島第1原発の事故後の3月30日に建屋の浸水防止など大きな地震や津波に備える緊急安全対策を指示。さらに今月7日、炉心損傷などシビアアクシデント(過酷な事故)を想定し、水素爆発の防止策など5項目の追加対策を指示した。
<後略>


追加の安全策とは、水素爆発を起こさないように、建家にドリルで穴をあけること?



そりゃびっくりするわな。水素爆発を起こさないための対策が、「建家にドリルで穴をあけるためのドリルを用意すること」だったり、「電源車を追加で用意すること」だったりだそうだ。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像
2011年6月14日のNikkeiコムからの引用だが。

原発重大事故の電力各社対応 5項目の緊急対策 :2011/6/14 23:51


 原子力発電施設を持つ電力会社など11の事業者は14日、全電源が喪失するといった重大な事故が起きた場合に備え、5項目の緊急対策を盛り込んだ報告書をまとめた。同日、経済産業省原子力安全・保安院に提出した。水素爆発を防ぐための排出装置の設置や、復旧作業を妨げるがれきの処理策などが柱となる。緊急対策を受けて、保安院は15〜16日に原子力発電所などへの立ち入り調査を実施し、対策が十分かどうかを確認する。

 報告書をまとめたのは原発をもつ9電力と日本原子力発電、日本原子力研究開発機構の11事業者。報告書には(1)全電源喪失時に中央制御室の作業環境の確保(2)通信手段の確保(3)被曝(ひばく)を防ぐ資材の確保(4)水素爆発の防止策(5)がれき撤去用重機の配備――を盛り込んだ。保安院が7日に提出を指示していた。

 東京電力福島第1原子力発電所では炉心溶融が起きて水素が原子炉建屋にたまり水素爆発を引き起こした。各事業者は水素爆発の対策として、原子炉建屋に穴を開けて水素を逃がすドリルの配備、水素を除去する装置の設置などを報告した。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

 全ての電源が使えなくなっても中央制御室の空調設備を動かせるよう、電源車の追加配備なども進めるとした。空調設備を動かせば緊急時の中央制御室内の放射線量を下げ、作業環境を改善できる。

 また福島第1原子力発電所の事故では、電源喪失で発電所構内の通信手段が使えなくなり、原子炉などの状況の把握に支障が出た。対策ではこれを受けて、電源が無くなった場合でも使えるトランシーバーや乾電池式の通話装置の設置を報告書に盛り込んだ。

 このほか各事業者は、放射線量が高い場所でも作業ができる防護服の配備、放射線管理要員の増員、発電所内のがれきを撤去するための重機の配備などを報告した。

 対策の多くは既に実施済みか、今年度中に実施する。福島第1原子力発電所ではこうした対策が不十分だったため、事態の悪化や作業の遅れを招いた。事故の教訓を他の原子力発電所の安全確保に生かす狙いがある。


これは、子供騙しと言うものだ!!こんな些末な対策で、M9の地震や、津波が来ても大丈夫なの?いったいあんたは何様だ?こんな対策で住民や、住民の代表である知事が納得する訳がないじゃないの?

最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

画像
←クリック一つで救える命があります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安全対策が未完の定期点検中の原発を再稼働せよと?経産相がいうとは? 花園はここにありました!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる