アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「福島原発」のブログ記事

みんなの「福島原発」ブログ

タイトル 日 時
津波5時間半後には、爆発だって?もう、うそつきには付き合えない。
1号機、津波の5時間半後には燃料溶融 東電解析で判明 朝日.comからの引用だが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/07 01:24
ンな、馬鹿な!! 地震の翌朝に原子炉が爆発だって?
経緯を少し紹介します 民主が自民を倒すまでの間、私は「花園はここにありました」旧名「青山(せいざん)はここにありました」で、社会記事を連載していましたが、その時から、「カナダde日本語」さんの記事からは多くの感銘を受けておりました。その時代の私のブログには、多くの方々のブログタイトルをリストアップさせていただきました。 今回は、私自身の記事「私は、東電福島原発の件では黙っていたが、もう黙りきれない。」でも書きましたが、随分久しぶりにブログに復活し、ランキングもある程度復活。(これもどれほど続... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/04 03:05
福島原発、3号炉が一番心配な炉だって?!
福島原発、3号炉が一番心配な炉だと今頃になっていっているが ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/20 02:36
原子炉労働者の劣悪な勤務環境!!
劣悪な勤務環境 以前、TVで、敦賀原発での定期検査で、原子炉内での労働をするために、人集めをする仕組みだとか、それらの労働者が、被曝して、1日程度で、もう働けない限度に達するとかの、ニュースやドキュメンタリーを見た。 要するに、福島原発の事故でも、東電の会長や社長は、被災者のところには行っているようだが(会長は行っていないのではないか。失礼千万だ。)、彼らが劣悪な生活環境で労働を強いられ、先日も60歳の労働者が、持病で死亡したとのこと。産業医がいない(常駐していない)から、とても、労災認定な... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/05/18 23:24
日本の首都圏、関東圏は既に放射能物質に汚染されている。
IAEAが今回の福島原発事故の予想死亡者数を出した 救命線速報「35 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(東京都)[] 投稿日:2011/05/08(日) 14:25:28.64 ID:mD7065s10」を見ていただきたい。 ついにIAEAが今回の福島原発事故の予想死亡者数を出した        少なく見積もって40万人        はやくて3年後から甲状腺ガンや白血病患者がぞろぞろ出始める。        http://www.llrc.org/fukushima/subtopi... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/15 04:46
私は、東電福島原発の件では黙っていたが、もう黙りきれない。
一体、日本人の美徳はどこに行った? 「日本人の美徳なんてあったかな?」と言いたいが、たとえば、下記のような特性はあるだろう。 謙虚さ控えめ集団行動に陥りやすい過去をすぐに水に流したがる論理的でない情緒的にも不安定闘争心に欠けるすぐに折れて、逃げる。真実に向かい合うだけの勇気がない これらが、日本人以外には「美徳」と考えられることもある。あの震災の現場で、盗難やら、強盗行為が発生しなかった?って、海外のメディアは「日本人の慎み深さはすごいものがある」とほめちぎっていた。しかし、東電や原子力保... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/15 03:02
福島原発の基本設計を行った米国に全責任があることを忘れるな!
良くも言ってくれたぜ:張本人の米国原子力専門家が、日本の事故に介入するな。 福島原発の基本設計、および、1号機の機材を製作し、インストール、トレーニング、運転などを行ったのは、誰であろうか、米国の「ジェネラル・エレクトリック」なんだぜ。彼らが、今次のトラブルを引き起こした原燃の基本設計を行い、コンサルタントを行った会社なんだぜ。それをまじめに受けて、自民党が、馬鹿な現地日本人を説得し、東芝、日立がGEから習って、あの危険な「沸騰水型原子力発電所」をライセンス生産することができるようになった、物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/12 22:35

トップへ | みんなの「福島原発」ブログ

花園はここにありました! 福島原発のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる