社会の壁・生理的な壁-続7

生理的な壁:あなただけの問題ではない

この生理的な壁は他人には非常に分かりにくい。多分、精神分析医くらいの洞察力、推察力、経験などを持っていないと、分からないのではないだろうか。今、社会的な問題になっている「社会的引き篭もり」「ニート」「フリーター」などは、何が原因だろうか? これがどれほどの影響を与えているか? あなたは考えたことがあるだろうか? そう、「生理的な壁」のために、社会に出られなくなり、「社会的引き篭もり」「ニート」になっている人、「フリーター」で、バイトなどで暮らしている人は、今後どのようになるだろうか? これがどのような社会的な問題になっているのか知っているのだろうか? もちろん、知らないだろう。両親/兄弟などにどのような影響を与えるかを知っているのだろうか? 経済的な負担がどの程度になるのか? 単に自分の意志でやって、自分だけが悪影響を受けているだけだから、「文句言われる筋じゃないよ」と言うのだろうか? 5年、10年が経つのは早いよ。

2006年3月4日の朝日新聞に載っていたが、フリーターは200万人、ニートは64万人居るんだそうだ。ニートの60%は25歳から34歳の人なんだそうだ。なぜこの世代に集中しているのかは、私の今までの分析では明確ではない。しかし、一応は推定はつく。曰く:「親の経済状態はそれほど悪くない。だから、親は無理をしても、彼らに対して強くは言わない。(家庭内暴力がどれほどのものか? 親が、暴力を振るう息子に手をかけたことがニュースになったことだって数多くある。逆に、親を殺害した例もある。このようになるよりは、黙っている方が身の安全だと考えても、誰も、この親達を攻めることは出来ないだろう)だから、あなた自身は、それを良いことにして、きまま勝手な生活をしている。もちろん、労働なんて嫌いだろうし、命令を受けて働くなんて事も嫌いだろう。だから、家の中でのうのうと暮らし、毎日を無為のままに送っているのだろう。」「小マダムと言われる存在がある。彼らは、多分統計に出てこないだろう。家事手伝いと言う仕事があるから。しかし、無職で、未婚の女性も統計に出てくるので、上記のニートの統計量に入っているはずだが。この小マダムと言う存在も、ブルジュア世界の親にとっての問題の子女となる。消費には貢献するだろうが、将来において社会的な負担にならないかと言えば、なるだろう。親の資産を食いつぶすだけで、消費生活以外でGDPには貢献しないから、付加価値を生まない。だから、問題になるだろう。」

どのような影響を与えるか?

生理的な壁で、社会に出られなくなっているあなたがどのような影響を与えるだろうか?カウントしてみよう。
  • 生産に寄与しない
  • だから、将来において、生活費を誰かが負担しなければならない。当然、社会保険料も支払っていないだろうし、消費税以外の税金も支払っていないだろう。現在だって、親のスネをかじっているわけだから、親にとっての経済的な負担は非常に大きいものがあるだろう。年間にして、100万円~200万円程度になるだろう。住居費や光熱費、食費、医療費などをひっくるめての話しだ。
  • 両親・兄弟にとって精神的な負担を与えている
  • これは、あなた自身は意外だろう。自分だけが苦しんでいるのだ、と考えるだろう。自分だけが被害者だ。親兄弟/先生/友人などは「加害者」だ、と考えているかもしれない。しかし、良く考えて欲しい。あなたが、あなた自身の内面に潜む「嫌なヤツ」と敵対することなく、仲良くやっているだけで、あたな自身が社会に出られない。その結果が、社会的な負担であり、あなたの身近な人に対して、精神的な負担を与えている。第一、あなたの面倒を見ている両親・兄弟は、あなたのための24時間を拘束されたような生活を送っていることを認識しているだろうか? あなた自身は、家庭内暴力も行わないかもしれない。しかし、もし、あなたの面倒を見ている両親が1週間家にいないとすれば、あなた自身はどのようにして生活するだろうか? 多分、あなた自身は飢え死にをするだろう。自分の意志で家を出ることさえ出来ないあなたが、自分の食糧を仕入れて、それで料理をして、後片づけをし、部屋を清掃し、風呂に入り、洗濯をし、身ぎれいな生活をするだろうか? あなたは、浮浪者、ホームレスの仲間になど入って生活など出来ないだろう。1日で、寒さのために死んでしまうだろう。
  • 社会的な負担が大きい
  • 両親があなたが60歳になるまで生きていると思わない方が良いだろう。あなた自身がストレスを感じているかもしれないが、あなたの両親もあなた以上のストレスを受けている。だから、あなたの両親の残存寿命は、通常よりも短いだろう。そうすると、あなたは、あなた自身が60歳になる前にあなたを保護していた両親は世を去るだろう。あなたの兄弟は、あなたの面倒を見ないだろう。そうすると、あなたの面倒を見るのは、社会だ。生活保護だ。障害者年金かもしれない。知的障害者年金かもしれない。何れにせよ、財源は税金である。それは、あなたが、社会に与える負担である。あなた自身、一円も税金を支払うことなく、社会保険料を支払うことなく、国民健康保険料を支払うことなく60歳まで来た今、さらに、それに追加して、社会的な負担をかけることになる。当然、あなた自身、老齢年金を受ける権利は有していないだろうから、同じく生活保護を受けることになるだろうが。すでに、両親の資産は食いつぶされているだろう。精々、2,000万円程度の資産が残されていたとしても、あなたが60歳までにそれらは全て消費されてしまっているだろう。あなたは、住む住居すら持って居ないだろう。衣服費は誰が支払うか?生活保護だ。月額10万円が精一杯である。それで、住居を賄い、生活をしてゆかねばならない。
  • 両親が亡くなった後はどのように生活をするのか?
  • 今までの安逸をむさぼっていたあなたは、月額10万円の生活は耐えられないだろう。しかも、誰もあなたを助けてはくれない。上で、年間の両親の負担額を200万円程度と書いたが、実際はこれに、両親の労働力をプラスしなければならない。だから、これをプラスすると、年間300万円以上(家政婦を雇うと、月額10万円は不足ですよ)の負担を与えていたのだ。その安逸な生活が、年間120万円の生活になる。あなた自身で全ての生活を賄ってゆかなければならない。すなわち、住居の確保、食材の仕入れ、調理、光熱費の支払い、身奇麗にするための種々な工夫が必要、などなど。それをあなたは自分の力でする必要があります。それをしなければ、あなたは、そう、忌み嫌っている「ホームレス」になります。ホームレスを収容するハウスのサービスがあるそうだから、そのサービスを受けると良いかもしれない。

    なぜ、あなたは今、直ちに、あなたの内面の「嫌なヤツ」と対決をしないのか?


    上で、あなたが今の生活を送っている内に、すぐに60歳になる状況を説明した。その時までの状況、その時以降の状況を説明した。その状況が気に入っているならば、それでも良い。しかし、その時の状況があまりに悲惨であれば、あなたが犯罪に走る可能性も残っている。そうなると、迷惑は、とんでもない方向まで広がるだろう。現在のフリーター200万人全てがそのような状況になるとは言っていない。現在の「ニート」64万人が全てそのようになるとは言っていないが、そのような、犯罪に走る人が数%でもでた時は、大変な事態になるだろう。社会的な不安は非常に強いものになるだろう。あなた達「ニート」「フリーター」を見る目も、被害者としてよりも、潜在的な犯罪者としての目で見られるであろう。その時、あなた自身は、生活の場を得ることすら難しくなるだろう。一体あなたはどこへ行くつもりだろうか?

    もしこのような状況に理解が得られるならば、どうして、今決心して、自分の内面に潜む「あなた自身の生理的な壁:嫌なヤツ」と決別し、敵対し、やっつけるだけの決心をしないのだろうか? 出来ないのだろうか?それとも、あなたは前者をとるのだろうか?あなたの近隣の人から、「潜在的犯罪者」として見られ、生活の場を追われ、行く場を失い、どこへ行くのか?それよりは、今一つ決心をしてはどうなのだろう?

    最後までおつき合いいただきありがとうございます。
    ↓お手間でもクリックをお願いします。
    画像
    管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 0

    この記事へのコメント

    2006年08月27日 14:18
    月額15万はきついです。精々10万、難しければ5万からのスタートです。それでだんだん自信と体力・気力・信用を勝ち得ることにより、その仕事を増やしてゆくとか、他の仕事にくら替えするための準備(勉強や資格取得)をするのが良いと思っております。一足飛びが一番の問題発生原因になりそうです。
    引きこもりが金持ち家庭限定でないことは、種々な事件が証明しております。私も、いくつかの事例を紹介しておりますが、決して裕福そうに三重内火艇でも、事件が発生しております。引きこもりやその他の社会不適応が原因で無職になって、それをお互いに攻め合うことにより、喧嘩になり、殺人に結びついているようです。
    「怖い、異常!!!」http://se-lifestyle.at.webry.info/200608/article_23.htmlです。詳細の記事は全て持っていますが、著作権の問題もあり、掲載は控えています。ご要望があれば、一部掲載も可能です。
    stiglitz
    2006年08月27日 12:46
    職安で職業分野別月給/時給の
    だいたいのめやすの表を
    もらったのですが、
    15万超えるのは少ないです。
    ひきこもりは金持ちの家にしか
    発生しないわけです。
    2006年07月24日 22:17
    stiglitzさん、コメントありがとうございます。
    2ちゃんねるでは「手段は問わず、月15万を目標にせよ」です。そうすれば「あなたはニートとは呼ばれません」と言うことなのですが。月15万はきつい。新卒の月給が20万ちょいですから。時給800円で15万は200時間です。それは、きつい。多分、コンビニの店長当たりを念頭においてるのでしょうが。
    パート、アルバイトの連続では月精々5万が良いところです。
    しんどいし、腰が痛いけど、農作業も良いもんですよ。60を超えると厳しいですが、農家の多くは、60歳を超えた人が主流では?彼らは、60までに十分に鍛えているから、大丈夫でしょうが。私の隣の農家の人がダウンです。
    私らの同年代で、Uターン、Iターンだとか言って、田舎で農作業、晴耕雨読など言っていますが、ムリムリ!!畑はたちまち、雑草に覆われます。農薬で体をやられて、都会へ逆戻りです。
    しかし、月5万程度なら何とかなるし、体を作るのにも役立つでしょう。ここらあたりから、始めるのでは無いかとも思っていますが、何をするのが良いのでしょうか?それが問題なんです。
    stiglitz
    2006年07月23日 21:31
    同居して衣食住を確保して
    再就職支援という方針なのですが、
    都会から地方に行ったので、
    当然カッコイイ仕事があるはずもなく、農作業や掃除、ポスティングなどで、月1万ぐらいから再スタートだそうです。
    体験入所で3時間しか働かなかったのですが、自立支援施設を拠点にして、月給どころか歩合給で生活を再建している30過ぎの
    人をみて自分が恥ずかしくなりました。
    2006年07月23日 11:57
    stiglitzさん、コメントありがとうございます。
    自立塾は役に立たないですか?カウンセリングが主ですか?それとも、作業療法とか、Mクラブのように集団での討議などですか?
    自分で何とかすると言っても、働く口を探すのが大変で、いま、NPOでその支援をしようと言うところが多少出てきております。不登校支援NPOを運営している、五十田猛氏のサイト、http://www.futoko.co.jp/index.htmで、仕事の斡旋をしています。色々調べていますが、数は多くはありません。
    月5万を先ず稼ぐ、それに成功すると10万を...というのを、2チャンネルで見ました。http://life7.2ch.net/test/read.cgi/hikky/1148585950/です。すでにご存知でしょうが。
    stiglitz
    2006年07月23日 06:20
    斉藤環の本を読むと、
    ひきこもりも脱出や逆転を
    いろいろ模索して、
    さらに転落していくようです。
    自立塾に行って費用が3万円かかりました。
    状況に変化はないので損した気分です。
    大人になって金をかせぐって難しいですね。
    stiglitz
    2006年04月09日 10:51
    レスありがとうございます。
    金銭的な現実を直視し、就労しようとする努力自体が、
    親にとっては多大なストレスになり、
    (紹介なら信用を失う、
    保証人を断られまくる)
    親の医療費増加、ニート支援施設入所の費用等で貧困化を食い止めるのが困難です。親が年金生活者の場合、ニートは座敷牢に寝たきりに
    させるのが最適解かもしれません。
    障害者年金で食費と改築費用ぐらい出せるでしょう。
    ニート問題は、
    本人のスキルアップを怠った責任が半分、世間の無理解の責任が半分といったところでしょう。
    まあ、生きているだけで幸せと
    思うことにします。
    2006年04月08日 12:57
    最新の記事を掲載しました。本当に残念です。何とか抜け出す努力をして下さい。悲しいことですが、あなた自身以外に、助ける人はいません。それでなければ、社会的に無視された社会層として残るのです。
    stillitz
    2006年04月05日 15:40
    当方35歳
    親の金もなくなりそうです。
    生活保護もらって
    さらに逃げて嫌な人間として
    生きていくかもしれません。
    斉藤環はじめ支えてくれた先生、
    友人の皆さん、どうもすみません。