ちょっと異常、熱い新潟・大阪の夏の陣!!

余りに残酷な事件が多すぎる今日この頃、一体何が起こっているのか?社会科学の専門家はどう説くのだろうか?? 凶悪事件は増加していないと説くのだろうか? 兄弟、親子の間であれば、凶悪事件でも、凶悪事件とは言わないのだろうか? それにしても、この暑い夏の陣は、我々の心を冷ややかに、冷酷に迫ってくる。この30歳前後の、無職の男性軍は、一体どうなるのだろうか? スーパーエリーと軍団に属する人は、一体どう考えているのだろうか?

NHKの、ワーキングプアを見損なってしまったが、こちらの方も、「ニート、フリーターは、もう立ち上がれないから、早く、別の道[死ぬこと]を見つけなさいと諭すような番組であったと言う噂が流れているが、見た人はコメントして欲しい。少なくとも、鬱の人は絶対に見てはならないと言う評判の番組だったようだ。2006年7月25日の真夜中に再放送されたのだが、それも、見損なってしまった。すでに報告している、NHKスペシャルの「フリーター漂流」と同じ流れのようだ。NHKに再々放送を確認したが、予定に無いそうだ。

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


下記の記事は、いずれも、産経新聞と、日刊スポーツと言う、どちらかと言うとマイナーなメディアでのネット上の報告であるが、明日の2006年7月29日には、新聞メディアでも報告されるであろう。それを先取りするが、余り心地よい記事ではないことは確かだ。

今度は、無職の兄弟同士が説得と格闘の試合だ!! 2006年7月28日

また、報道されています。今度は、無職の兄弟同士が説得と格闘の試合です。殺害までは至っていないようですが、説得する兄に弟が安全かみそりで切りつけ、兄は、搬送時には意識があった由。例のNHKのワーキングプアを地で行くような事件ですね。何で食べていたのかな。父親は未だ若い61歳だ。しかし、ハローワークに行っても仕事はないですね。特に新潟のような地方では。東京では何とか職があるかもしれないが。警察卒ではないだろうから、 例の交通取り締まり員にはなれないわな。産経新聞ネットから引用する。

同居の説教する兄を切りつけた弟逮捕 殺人未遂

  新潟南署は28日、兄に刃物で切りつけたとして殺人未遂の現行犯で、新潟市東本町の無職、長谷部卓也容疑者(27)を逮捕した。
  同署によると、卓也容疑者は同日午前8時45分ごろ、自宅1階で同居している兄の無職、信也さん(31)の首などを安全カミソリで数回切りつけ、殺そうとした疑い。信也さんは大量に出血。搬送時、意識はあったという。

  卓也容疑者は「日ごろから兄に説教されていた。殺してやろうと思った」と供述しており、同署が詳しい動機を調べている。兄弟は父親(61)と3人暮らし。

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


彼らは、就職氷河期の生んだ無職の人たちだ。そう、バブルがはじけて、就職が非常に困難であった時代がすでに10年近くになるわけだ。何とかならないか、と言う思いが非常に強い。60歳を超えると、職が無くなると言うのは何とか理解しようとしているが、未だ30歳前で、無職ばっかりの兄弟がいると言うこと自体、問題だ。セーフティーネットがぼろぼろになっている日本の現状を写しているのだろう。

連続して、今度は大阪で発生した、兄弟殺害事件です。一体どうなっているのか? NikkanSport.comからの引用ですが。

兄の首を21歳の弟がのこぎりで切断

 2006年7月28日午後3時10分ごろ、大阪市東住吉区南田辺5丁目のマンション2階の清掃業山口雅弘さん(59)方から若い男の声で「兄を殺した」と110番があった。

 駆け付けた東住吉署員が、風呂場で長男の無職透さん(28)が首を切断され、死亡しているのを発見。近くにいた三男が「ごみ捨てをめぐり口論になってやった」と話したため殺人容疑で無職弘美容疑者(21)を逮捕した。

 調べでは、弘美容疑者は同日午後3時5分ごろ、台所で透さんの頭を鉄亜鈴で約10回殴って殺害した疑い。殺害後、遺体を風呂場に運び、のこぎりで首を切断したといい、同署は死体損壊容疑でも調べている。

 「兄は仕事もせず、家族に暴力を振るっていた」と供述しているという。弘美容疑者は両親と兄弟3人の5人暮らし。両親と二男(27)は外出中だったという。[2006年7月28日20時21分]

これらの事件を残酷にバックアップするのが、セーフティーネットの破損を呼び起こしている、コイズミのいんちき改革です。

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


その一つが、健康保険を支払うことが出来ない人から、保険証を取り上げる施策です。取り上げられたために発生する無残な死に対して、堂々と「平等を保つために止むを得ない処置」と厚生労働省が申しております。だから、健康保険料を納付できない人は、早く死になさいと言っているのです。これが、受診抑制でなくなった人の例(霊魂)です。2006年7月4日の朝日新聞からです。[かなり前からの事件を再録しているようですが。]

画像


そして、こちらが、その元の記事です。厚生労働省のお役人が言っている言葉を良く見て下さい。

画像


このような記事が掲載されるからには、ワーキングプアの番組が、そのような噂通りの番組であったのではないかと思っています。そうすると、次のような餓死者が続発します。2006年7月17日の朝日新聞の記事です。
画像


画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


最近、同じ、北九州市の衰弱死の記事をめぐって、異なった観点からのコメントをブログに掲載しているのを見た。ご参照頂けば、NHKが流したことが、暗い日本を恣意的に強調しているニュースを流しているのではないことが分かるのではないだろうか?(2006年7月30日追記掲載)

最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

画像
←クリック一つで救える命があります

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 福岡市職員・飲酒運転で3児の命を奪う

    Excerpt: 25日、10時50分頃「海の中道大橋」で、痛ましい事故が起こった。飲酒運転の末に人の命を奪い、さらに逃げるとは・・・殺人と同様だ。それも市民に奉仕(立て前)する立場の市職員とは何たる行為。 ひき逃げ容.. Weblog: 競艇場から見た風景 racked: 2006-08-28 18:49