きっこの日記の削除記事で騒がしいこと!

この記事は、読者に不快感を与える可能性があります。また、引用先の文章は、通常許される範囲での引用にとどめております。一部を省略しており、原文の著者のクレームが入る可能性があります。そのクレームは、コメント欄に入れて下さい。この記事のTBは全て承認制としますが、コメントは承認制ではありませんのでご注意下さい。いくつかの禁止語を設定しております。この記事の内容は、随時更新・変更・削除される可能性があります。この記事を読んで、読者にいかなる事態が発生しても、それは読者の責任です。
私はこの記事で、きっこのブログ(日記)が削除されたことを云々していることを論じているだけで、皇室に関しては論じておりません。他の記事で記載されている可能性もありますが。そのことをご期待されてご訪問された方は、ご了承下さい。


きっこの日記の削除記事をあげつらう人達


zara's voice recorderと言う人が、「超有名ブログの削除された記事」という題で、とおとき御方のお子様の記事を削除したとかしないとか、スクリーンスナップショットまで掲げて騒がしい人もいる。偽善者キツィこのブログですね。そして、このスクリーンショットを読んで、文章にしたのが、zara's voice recorderと言う人の記事ですね。気分を害したくない人は、この人のサイトの文章を読まないことをお勧めします。その理由は、下記で明かされるでしょう。

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

大人気ブログ「きっこの日記」のある部分が消えた。それは、〇〇妃の〇〇子お誕生に沸く日本人の国民性を<中略>「未完成の原稿を、間違えてアップしてしまった」と説明しているが、ネット上ではこのページのキャプチャーが出回って、疑問と批判の声が上がっている。

きっこさんが「間違えて」アップしてしまったというのは、2006年9月6日付の「見て見ぬフリの国民性」と題された原稿。きっこさんは、<中略>

「未完成」というだけの問題なのか

「ヘタしたら、坂東眞砂子にも匹敵しちゃうような恐ろしい『出産茶番劇』に、あたしは、開いた口から水子の霊が出てきちゃうよ、<中略>その次も‥‥。」
「結局、その場にいて、『見て見ぬフリ』をしてる全員が、『誰か注意してやれよ』って思いながら、自分だけはそのビンボークジを引こうとはしないってワケで、これが、全国レベル、国家レベルになったのが、<中略>みんな、ウスウスは気づいてるのに、みんな、ホントのことを知ってるのに、みんな、『もしかしたら?』って思ってんの二、誰も指摘しない。」

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

この人があげつらうのは、きっこのブログの一部である。きっこが書きたかったことは別のこと。


きっこのブログ(実際はきっこの日記である)の2006年9月6日の記事は、3つに分割されており、その3に本当のことが書いてあるのだ。この、きっこのブログをあげつらっている人は、その1しか引用していないし、スクリーンショットもそれだけしか表示していない。実際は、その2もその3もスクリーンショットをしているのだろうが、恣意的にその部分を表示していないで、きっこの人格を否定しているような書き方である。

きっこの日記のその2と、その3は何が書いてあるか?


その2には、大体次のことが書かれている。赤字は、このブログ管理者が入れました。

■2006/09/06 (水) 見て見ぬフリの国民性 2


‥‥そんなワケで、<中略>皇室関係のニュースのたびに登場する、薄気味悪いオッサンやオバサンたちの歯の浮くようなコメントの数々には、口の中にアルミ 箔のカタマリを入れて、カシカシカシカシカシカシって噛み続けるのとおんなじくらい不愉快な気分になる。

ニポン人て、昔から、「見て見ぬふり」が得意な民族性を持ってるって言われてるけど、あたし自身にも、そういうとこがあるなって思ってた。<中略>

ようするに、誰でもみんな、「面倒なことに関わりたくない」ってことで、コレは恥ずかしいことじゃないと思う。だけど、こんな時ばっか「女」を逃げ道にす るワケじゃないけど、男の人が公共マナーに反することをしてたら、近くにいる男の人が注意するのが当たり前だと思うし、近くに何人もの男の人がいるのに、 誰ひとり注意せず、みんな「見て見ぬフリ」をしてんのに、<中略>そこまで分かってたら、あたしに限らず、どんなに正義感が強い女性がいたとしたって、注 意なんかできるワケがない。

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

その3には、大体次のことが書かれている。赤字は、このブログ管理者が入れました。
注:全文を再録するべきですが、長文でもあり、表現上好ましくないことも書かれており、きっこさん自身が削除された文章を全文再録することは、きっこさんの意図に反するかも知れませんので、そのようにしました。<中略>した部分は、きっこさんが本当に書きたかったことを補うだけの意味で表現されており、それを冒涜だ、中傷だと言われているので、その意味で削除しました。

■2006/09/06 (水) 見て見ぬフリの国民性 3


結局、その場にいて、「見て見ぬフリ」をしてる全員が、「誰か注意してやれよ」って思いながら、自分だけはそのビンボークジを引こうとはしないってワケ で、これが、全国レベル、国家レベルになったのが、亀田の八百長試合であり、安倍の八百長選挙であり、キコさまの<中略>みんな、ホントのことを知ってるのに、みんな、「もしかしたら?」って思ってんのに、誰も指摘しない。<中略>

国が演じてる三文芝居をツッコミも入れずに観てるだけの情けない国民。国の都合で<中略>「見て見ぬフリ」を決め込む国民性。だから、亀田のクソガキみたいなのがシャシャリ出て来て、大人を小バカにし たようなことを平然とノタマッちゃうんだよ。大人だったら、あんなガキ、ぶん殴ってやれよ! それがこの国の将来のためだし、それが愛国心てもんだろう。

‥‥そんなワケで、あたしは、自分よりも弱い相手にしか文句を言えないような腰抜けは、死ぬまで黙ってりゃいいと思う。<中略>あれほど辛口のコメントを売り物にして小銭を稼いでんのに、せいぜい亀田のオヤジを相手にするのが精一杯で、ホントに言うべき 相手のことは、いっつもスルーしてんじゃん。江頭2:50が、「1クールのレギュラーよりも1回の伝説」って言ってたけど、このエガちゃんの名言を地で行 くような、気骨のあるコメンテーターが1人くらい出て来てくれないと、この国は、「マジで崩壊する5秒前」 by 広末涼子って感じがする今日この頃なのだ。

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

きっこが書きたかったことはこれだ、と思う

要するに、この茶わん劇に搦めて、書きたかったことは、「見て見ぬフリの国民性」であり、そのままだと、このきっこの日記の最後に書かれているように、「この国は、「マジで崩壊する5秒前」 by 広末涼子って感じがする今日この頃なのだ。」

だと思う。

他の削除された記事も沢山ある

実は、2006年9月5日の記事も、掲載後すぐに削除されている。それは次のような題である。

キチガイ映像で大爆笑♪

若者の信者を増やすために、「〇〇〇〇」というキチガイユニットを作って、ファンを勧誘しまくっている〇〇〇の〇〇〇〇カルト宗教の実態です。<後略>

そこで紹介されているのは、YouTubeの映像ですから、これをここに掲載しても問題は内と思う。紹介している文章は、削除された経緯を知らないので、危険だから、省略する。


↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

一度掲載した記事を削除することによって、人気をあおろうと言うわけではない

上記のきっこのブログの2006年9月5日の記事をイメージとして掲載しよう。内容は上記の通りである。

画像


多少画像処理をして、直截な名前の明示を控えさせていただいている。この記事は、間違いなく、「2006年9月5日のきっこのブログ」である。これは、今は無い。ということは、きっこはこのように、記事を掲載したり、それを削除したりするのは、翌あることではないか?と言うことだ。ということは、これをやっても、誰も、この記事を削除したと煽っている人はいない。きっこは、記事を削除したことが知られているとは思っていないのかも知れないが。

結論を申せば、「きっこのブログの削除記事をあげつらう人達」は、きっこの記事の全体を紹介しないで、一部だけを紹介し、読者が曲解するような書き方をしている。これは、日本のマスゴミの評論の仕方、統計の記事を曲げて記載する方法と同じである。筆者の言いたいことを出来るだけ正確に伝えるのが、私の本意だと思うので、余り関わりたくない内容であるが、ここに、記載することとした。

また、掲載してその記事を即刻削除し、それで、人気度を上げようとしているわけでも無さそうだ。あおっているのは外部の利害関係者ではないか?すくなくとも、9月5日の記事は、皇室とは関係ないし、いつもきっこが書いている、ナンミョウ宗教団体に関する記事である。この宗教団体は、記事についてあおることを恐れているのではないか。同じ内容のYouTubeの記事は、残っているのだが。私の記事「YouTubeと直リン--きっこのブログの『爆笑映像』がすぐに見られます!!」と直リンを貼っている。

最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

画像
←クリック一つで救える命があります

この記事へのコメント

2006年09月10日 06:47
初めまして。
TBさせていただきました。
オイラから言わせれば、あなたも一部政治家に対して読者が曲解するような書き方をしてると思いますが。
自分に都合のいい論述ばかりを必要以上に好意的に解釈するのはどうかと思いますよ。
2006年09月10日 16:13
ブログ「きまぐれな日々」の管理人・kojitakenです。
「きっこの日記」フリークを自認しています。
「きっこの日記」においては、短い記事(分割されていない)が短時間掲載され、すぐ削除されることは珍しくありません。
ただ、9月6日の記事はそうではなく、きっこさん本人が明言している通り、いずれもっと長い記事となって「きっこの日記」本体に掲載されると思います。
また、9月9日の日記にもこの件をほのめかすことが書かれていますし、9月8日の「きっこの音楽日記」のリリックスは痛烈です。
タブー何するものぞ、と普段から思っている私でさえ、ちょっと腰が引けた、かつ既成観念にとらわれた記事を書いてしまっていたので、耳が痛かったです。
とにかく、くだらないタブーなんてあってはならないと思いますね。
のちほど、私の持っているもう一つのブログ「kojitakenの日記」の関連記事をTBします。
2006年09月10日 17:07
kojitakenさん、コメントとTB有り難うございます。
報道管制・報道規制が厳しくなりつつあります。きっこさんの記事は、過激です。表現もそうですし、内容は痛烈:「日本国は滅びるよ!」と言っている。そして、その原因も説明している。「見て見ぬふりをする大人の男性が多杉!!」ですよ。だから、すごいです。
圧力がかかったのではなく、自分でもっと素晴らしい文章にして掲載するのでしょう。でも、9月5日の記事もすごいですよ。私も、ダウンロードしているから、完全に読める!!kojitakenさん同様、「きっこフリーク」です。

この記事へのトラックバック

  • 「きっこ」の釈明がえらく自己矛盾してる件。

    Excerpt: トラックバックやヲチ板、まとめサイトのリンク先を見るにつけ、「きっこ」の虚構が白日の下に晒されたのだなぁと実感している。 このムーブメントが主流派になるのであれば、オイラのゴミ集積場(きっこの日.. Weblog: 根無し草blog racked: 2006-09-10 06:40
  • 超有名ブログの削除された記事

    Excerpt: 「きっこの日記」 知られたくない?削除部分 大人気ブログ「きっこの日記」のある部分が消えた。それは、秋篠宮紀子妃の第3子お誕生に沸く日本人の国民性を痛烈に批判した内容だった。ブログの執筆者である.. Weblog: zara's voice recorder racked: 2006-09-10 08:12
  • きっこの日記削除部分晒し上げ

    Excerpt: livedoor ニュース:「きっこの日記」 知られたくない?削除部分 「きっこの日記」著者が削除した文を勝手にアップして祭るというのは、他人の家に忍び込み、ゴミ箱を漁って、捨てたパンツを拾い出し、晒.. Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン racked: 2006-09-10 08:22
  • わが祖国

    Excerpt:  9月8日の金曜日、スメタナの連作交響詩《わが祖国》全曲(1874~79)を日本フィルハーモニー交響楽団(指揮:イルジー・ビェロフラーヴェク)で聞いた。  夜7時の開演(サントリーホール)に女房と二人.. Weblog: 関係性 racked: 2006-09-10 11:08
  • 報道におけるタブー

    Excerpt: 内容に賛否はあろうが、タブーを破ろうとしたことは、私は買うけどね。 戦後初のメーデーで「朕はたらふく食うてるぞ、汝人民飢えテ死ね」というプラカードが掲げられたことは、あまりにも有名。 少なくとも奉祝.. Weblog: kojitakenの日記 racked: 2006-09-10 16:16
  • 在電網文、再度不能回収

    Excerpt: 井伏鱒二は自分の文章に手を加える作家だったので版が異なるとその内容も多いに改まっているのとゆう話を学生の時分に聞いたことがございます。何を根拠にてめえはそんなことを言うのか、明らかにせよと問われても困.. Weblog: 非日乗的日乗inowe社長blog racked: 2006-09-12 06:32
  • きっこの削除日記が話題です

    Excerpt: きっこが削除した日記が、あちこちで話題になっている。当ブログでも記事にしたので、追加情報を他サイトから紹介する。 (以下、引用部は青文字で表示) こちらが当ブログの記事 ★★反日ブログ監.. Weblog: ★★反日ブログ監視所★★ racked: 2006-09-12 16:12
  • 祝!!「きっこの日記」白夜書房から出版!

    Excerpt: <font color=black size=4><b>おめでとうございます。きっこさん。そして「きっこ日記」フリークのみなさん、並びに「きっこ日記」信者のみなさん。 私もブ.. Weblog: 偽善者キツィこのブログ racked: 2006-09-14 04:23
  • 見て見ぬフリの国民性の全文

    Excerpt: <font color=navy size=4><b>この記事は、読まれる方に不快感を与えます。また、引用先の文章は、通常許される範囲ではないのですが書いた本人の基準と被害状況.. Weblog: 偽善者キツィこのブログ racked: 2006-09-14 04:37
  • キッイ この発表です。2006.09.13

    Excerpt: [[http://blogs.yahoo.co.jp/higasitoyokazu/19599542.html キッイ この発表です。2006.09.13 【告知】]]←ココをクリック .. Weblog: 偽善者キツィこのブログ racked: 2006-09-14 05:04
  • 感謝:★★反日ブログ監視所★★での引用など

    Excerpt: 感謝感激、雨霰(あられ)!!です~♪★★反日ブログ監視所★★なる恐ろしげな名前のブログが運営されていることを知りました。わたしが、きっこのブログで、削除された記事について、「 きっこの日記の削除記事で.. Weblog: 青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!! racked: 2006-09-18 01:22
  • きっこが最高裁に逆らうなとさ

    Excerpt: http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/04/post_361b.html法的拘束力があるのは判決だけだという法治国家の根本原則を知らずにえらそうに語ってる.. Weblog: 右派社民党公式ブログ racked: 2007-04-29 19:52
  • 中国と日本 日本人の国民性

    Excerpt:  日本人の国民性について有名なのは、芳賀矢一『国民性十論』と長谷川如是閑の『日本的性格』および昭和の城戸幡太郎、中村元らの論説がある。 『国民性十論』では日本人の国民性について 1. 忠君愛国 2. .. Weblog: 中国から見た中国と日本の違い racked: 2007-11-08 21:05