花園はここにありました!

アクセスカウンタ

zoom RSS 警戒:浮かれぼけの日本人, 多数フランスに侵入!!

<<   作成日時 : 2006/10/02 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

恥をかいた「ディープ・インパクト」は、2006年限りで引退し、種馬になる



2006年10月11日のNikkei Netが報じている。

ディープインパクトは年内で引退・オーナーが表明

 昨年無敗でクラシック3冠を制した競馬のディープインパクトが年内で引退することになった。11日、金子真人オーナーが明らかにした。〔共同〕 (2006年10月11日12:17)
続報で、調教師の池江氏が「驚きとショック」を表していることを見ると、まだ走れそうな「ディープ」であるが、このところは、「再挑戦」などを考えずに、種馬として再生産に役立たせよう。51億円[日本競馬史上最高の51億円(1口8500万円×60株)のシンジケート]も稼げるのだから、結構なことではないか。[2006年10月11日追記]



なんとまあ、浮かれ「痴呆症」の日本人が、多数いること


普通は、このような光景を「平和ぼけの日本人が・・・」というのだけど、今は平和ではないから、「浮かれ痴呆症の日本人が・・・」ということになる(「ぼけ」は差別用語なので?、痴呆症に変えました)。

彼らは今の日本をどう思っているのだろうか? 先日、ドイツで行われたワールドカップ(サッカー)ではないが、今回はまたまた、たったの一日のために、フランスまで馬鹿を見せに行った人が多数いる。テレビの夜7時のニュースを見ていたら、ロンシャン競馬場に、何やら、日本の競馬場みたいな観客が多数写っているなあ、フランスの競馬場も日本と変わらんじゃないか、紳士・淑女の社交場ではなかったのだ、と一安心したら、なんと、この連中は日本人だった。だって、9割が日本人だったというこの試合、テレビで見えた人は多分大多数が日本人。ちらちらと、正装をしている人が写っていたが、彼らが本来いるべき人。それも、開始の5時間ほど前から並んで入場しているのだって?怖がられただろうな、フランス人に。

わざわざ、日本のレベルを示しに、高い金を払ってフランスまで行かんでもいいじゃないか、と思ってしまう。その金を孤児院に寄付してやったら喜ぶだろうに。今は、孤児院とは言わないんだろう、養老院だな。

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


フランスのメディアのちゃかされる、日本人。寂しいな!!


Nikkei Netの競馬ニュースというのがあるらしいが、それが2006年10月2日に報じている。

(2006/10/1)一瞬にして歓声が悲鳴に・ディープ応援の凱旋門賞

 【パリ2006年10月1日共同】ゴール付近を埋めた日本人ファンの歓声が悲鳴に変わった。1日、世界最高峰の凱旋門賞に挑戦した「日本のスーパーホース」ディープインパクト(武豊騎手騎乗)は、得意の末脚が伸びず3着。競馬が王侯貴族の社交場だった時代の優雅さを残すパリ郊外のロンシャン競馬場で、欧州馬しか勝てない伝統レースの壁にはね返された。

凱旋門賞への日本馬の挑戦は、過去2着が最高。日本から応援ツアーが組まれるなど、歴史的勝利を見ようと 5000人 ともいわれる日本人ファンが詰め掛けた。

 午前7時から友人と一緒に開門を待った大阪市北区の自営業、真砂秀吉さん(37)は「歴史に残るレースになると思って来た」。7月の英国GIでハーツクライが3着になったレースも現地で応援し、 「アスコット競馬場ではあまり日本人に会わなかったが、ここは日本人ばかりで海外競馬という気がしない」と話した。

 場内には日本語の案内表示が設置され、日本語のアナウンスも入った。まるで日本国内の競馬場のような熱気に包まれたが、快挙はならなかった。(更新2006/10/02 16:44)

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


おいおい、もう一つニュースをどうぞ。恥ずかしくって、見ちゃいられない内容

Nikkei Net競馬ニュースが伝える。

(10/1)ディープ飛ばず・・・、ファン残念

 「空飛ぶ馬」は天に届かず――。ディープインパクトが世界最高峰の競馬レース、凱旋(がいせん)門賞の優勝を逃した瞬間、仏ロンシャン競馬場で、国内で、それぞれレースの行方を見守っていたファンから一斉に大きなため息が漏れた。

 【パリ=野沢正憲】ロンシャン競馬場には、約5000人の日本人が詰めかけた。「ディープ、がんばれ」「ユタカ、頼む」。日の丸が打ち振られ、日本人観客の悲鳴に近い声援が送られる正面スタンド前を疾走したディープインパクトは3着に。日本人観客らはため息をもらし、信じられないといった面持ちでしばし立ちつくす人も。

 「直線では一瞬、勝てると思ったのですが」。東京から訪れた会社員、海老原浩和さん(31)は残念そうな表情。東京のOL、阪田博美さん(28)は「絶対勝つと思ったのですが。でも良い夢を見られて楽しかったです」。

 日本の競馬ファンの盛り上がりは仏メディアも驚きをもって受け止めたほど。「日本の1頭の馬がロンシャン(競馬場)に熱狂をもたらした」「5000人もの日本人が訪れ、観客席は埋め尽くされた」などと報じた。(更新2006/10/02 16:44)

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


日本国内でも、国営放送局(NHK)が競馬実況放映をするって?

2006年10月2日のNikkei Netが伝える。

凱旋門賞の視聴率、関東で16.4%

 三冠馬ディープインパクトが挑戦したフランス・凱旋門賞のテレビ中継番組(NHK総合)の平均視聴率が関東地区で16.4%、関西地区で19.7%だったことが2日、ビデオリサーチの調査で分かった。

 番組は2日午前零時すぎに開始。深夜帯のテレビ番組としては極めて高い視聴率で、瞬間最高視聴率は両地区ともレースが終わった午前零時37分で、関東が22.6%、関西が28.5%だった。

 NHKが総合テレビで競馬の海外レースを中継するのは初めて。日本人が多数詰め掛けた観客席の様子などを詳しく伝えた。〔共同〕 (2006年10月2日11:37)


いやだ、いやだ、何という恥知らずだ

もちろん、ご自身のお金をどのように使うかはその人の勝手です。保存料・添加物満載の食品を食べながら、20万円以上かけてフランスまで行かなくてもいいのだが。もっと安いのかな?0泊3日なんて日程を組むような旅行会社がいるくらいだから(全壊[間違いではありません]のサッカーのワールドカップでそのような報道を見た)

最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

画像
←クリック一つで救える命があります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第85回凱旋門賞 ディープインパクト、3着に沈む。
Copyright:kyodo tsushin ディープインパクト同斤量の馬、... ...続きを見る
SHODO(衝動)
2006/10/02 23:29
『奪われる日本』
 衆議院特別委員会で、郵政民営化準備室が米国の関係者と十七回も会っていたという、核心に触れる重大な証言を竹中大臣から引き出した城内実前衆議院議員は、自己の良心に従い、国民の代表としての信念を貫き、総裁派閥である森派でただひとり、衆議院本会議で反対票を投じた。その結果、国政の場から追放された。 ...続きを見る
喜八ログ
2006/10/04 21:08
恥をかいた「ディープ・インパクト」は、2006年限りで引退し、種馬になる
「警戒:浮かれぼけの日本人, 多数フランスに侵入!!」について そのようですね。ディープインパクトのオーナーがそのように「2006年限りで引退との」声明を出しているようです。でも、「恥をかいたから」とか、「再挑戦はしない」とかは言っていないようですね。とにかく、馬を持つこと自体が金もうけになっている現代では、51億円がオーナーの懐に入るのかどうかは全く存じませんが、結構なことです。シンジケートだから、ディープに群がる人が多くいるということで、二世、三世のディープが多数誕生するようです。 ... ...続きを見る
青山はここにありました〜社会批判がてんこ...
2006/10/11 21:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
警戒:浮かれぼけの日本人, 多数フランスに侵入!! 花園はここにありました!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる