タイクーデターで処刑無し。

タイクーデターで処刑無し


私の以前のブログでも記載しているように、タイのクーデターは、以前からそうであるが、国王承認後の、政局の一部なんです。ですから、前政権の首脳部の処刑だとか、放送局の全面占拠だとか、失敗した場合の、クーデター派の処刑だとかはありません。「タイクーデター、安倍NDアカンボウを喰う!!--ジャーナリズムの扱いに関して( 2006/09/20 23:38)」をご覧ください。特に、こちらから、タイクーデターの特徴などが拾えます。

その特徴の一部を再録します。9月20日に掲載したときから約12日を経過しており、その結果、←今ここ の部分が一つ下に下がりました。

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


2006年10月2日の朝日新聞から記事を拾う

下記のようになっております。
画像


タイのクーデターに関する常識を拾う

アカンボウより優れているのがネットです。お隣様の記事「ネットゲリラは潜水艦戦である。潜水艦に「前線」はない。自分に有利な時と場所で、戦闘を開始する:クーデターの背景」から引用させていただく。

ちなみにタイのクーデターというのは勝手に起こせるものではない。

事前に国王のところに聞きに行く。「まだ早い」と言われたら止めなきゃならない。今回は国王の許しが出たので、外遊の留守を狙ってクーデターを起こしたと思われる。さっそくTVでは「国王の承認のもとに」暫定政権を樹立したと語っているようだ。あくまでも、タイでは「国王の意志に反した」クーデターは起こせないのだよ。

http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1158687916/926
分かりやすい進行表拾ってきた。 色んな意味で凄い国だな。

タイ式クーデター式次第
  1. 開会
  2. 決起部隊による首都制圧
  3. 国王陛下に対する忠誠の誓い  
  4. 決起部隊指揮権の奉還
  5. 国王陛下のお言葉 ←今ここ
  6. 総選挙の布告
  7. 閉会


ということで、9月20日の記事で、ブッシュも、アカンボウ安倍現首相の見解も、どれほどとんちんかんであったか、良くお分かりでしょう。いかに、アカンボウの頭が空洞か、良くお分かりでしょう。盟友の、ブッシュも同様ですね。朝日の報道では、欧米諸国の反発が強かろうと言うが、国民は、本政権を信頼しているようだから、これでいいのではないか、と思う。何も、欧米諸国にYesを言う政権が良いということではないのは、東洋の一島国で証明されているではないか。この国は、今にも沈没しそうではないか。プレイボーイにまで、全紙の「意見広告」を出されるようでは、安倍一派も終わりです。

今後、国王からのお言葉もあったようで、順調に、総選挙までたどり着くか?


私の好きな大国、タイですから、きっとそのようになるでしょう。暫定政権が、正式な選挙を実施するように希望したいです。私の好きな鯛ですから。そうなんです。明石鯛は私の好物です。

最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

画像
←クリック一つで救える命があります

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • クーデターは天罰なのか?

    Excerpt: 何事もトップの座を維持して行くのは難しい。少しでも気を緩め犯罪すれすれの行為が発覚すれば、その内トップの座から引きずり降ろされる羽目になる。これはスポーツや学問の世界にも通じる所があるだろう。練習をサ.. Weblog: プールサイドの人魚姫 racked: 2006-10-03 15:50