いよいよREITの破産が始まった

いよいよREITの破産が始まった


実物経済を持たず、金融資産だけに頼り、顧客からの金もこちらの金融資産に移動させ、不動産も所持せず、負債だけで生きているREITに取り付け騒ぎが起こると、破産するのは目に見えていること。

この、危険きわまりない世の中で、REITに投資するだけの余裕のある人が投資をしているんだろうから、別に、会社が倒産しようが心配は無いだろうが、いよいよ始まったか、というのが正直言っての感想です。

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


2008年10月9日のNikkei Netからの引用で失礼いたします。

上場REIT、初の破綻 ニューシティ、負債1123億円

 不動産投資信託(REIT)のニューシティ・レジデンス投資法人は9日、東京地裁に民事再生法の適用を申請したと発表した。負債総額は1123億円。米金融不安によるREIT相場の低迷などで資金繰りが悪化し、予定していた大型マンションの購入資金や借入金の返済資金を調達できなかった。REITの破綻は初めて。
 ニューシティは賃貸住宅を投資対象とし、首都圏を中心に約100件のマンションなどを保有している。資産規模は約2000億円。米不動産関連のニューシティコーポレーションなどが設立母体(スポンサー企業)で、2004年に東京証券取引所に上場した。東証は同日、ニューシティを11月10日付で上場廃止とすることを決めた。 (21:09)


地球は回る、金が巡る、不良資産も巡り回る


要するに、金が全世界を回って利潤を生んでいるビジネスモデルが、金融ビジネスでしょう。債権・証券・株券に変わり、最終的に設備を購入すること、不動産を購入することに使われる。直接投資するのではなく、間接投資になる。何が何だか分からない内に、自分が投資した金がどこかに使われる。
画像
←お手間でもクリックをお願いします。

以前、住友信託の外貨建ての金融債を購入していたが、何と、9月11日のツインビルが倒壊し、それが、2~3ヶ月後に、リース会社の運用不良と言うことで、10%程度価格が下落したことがあります。ツインビルの保険受け持っている会社がロイドであり、ロイドがリース会社に投資していた?・・・ナンジャか分からない理由で、10%も金融債の価格が下落した。説明を求めたが、スイスの銀行が運用をしているので、一切の事は分かりませんで終わり。出資者が大損害をしても、運用会社の取り分は変わりません。変わらぬなんてのは可笑しいので埴か?と詰め寄ったが、住友信託銀行の冷たさは、それ以降変わりません。私は住友信託に投資するのを辞めました。「住友信託銀行」は最悪の会社です。

こんなもんですから、自分の党位階者がどのような資産に投資をしてイルカのリストを確認する必要があります。会社名と、投資の比率を確認する必要があります。そこまでやる人でないと、外貨債券に投資をすることは、アルカイダを支援することになっている可能性もありますから、FBI、CIAから狙われるかもしれませんよ。

東証株価指数と東証REIT指数を比較しましょう


ちょっと哀れっぽいけど、私のアドバイスを聞いておれば、その場で即刻解約出来たろうに。

2008年2月頃の指数です。

画像


2008年9月の指数比較です。

画像


これでも、サイトを見に行って見なさい。きちんと、もうかるような印象がありますが。
植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー


最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

画像
←クリック一つで救える命があります


画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

harepanda
2008年10月14日 04:14
はじめまして。harepandaと申します。

ロゴが好きな方と見えますので、よろしければ当方の麻生ロゴも貼っていただけますと、うれしく存じます。

http://harepanda.blog.so-net.ne.jp/2008-10-04-1

よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック