2018年9月の安倍の国連総会演説で、「背後(せいご)」と言いました。「云々(でんでん)」に続け!

こんなに少ない観衆の中で、演説ではなく、紙に書いてあることをなぞって読んだようだから、一体何しに言ったのでしょうか?
ある人は 音楽を聴き、ある人は スマホを触り、ある人たちはおしゃべりをしている位だから、「背後」を「せいご」と言い、「云々」を「でんでん(虫)」と言っても、全て、官僚の書いた文章だから、何を言っているのか、自分でもわからないのでしょう!
三流国日本の安倍ガンだから、何が起こっても、全く問題はない。この演説をするために、金を払っているのだからね。
画像
←お手間でもクリックをお願いします。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

画像
←お手間でもクリックをお願いします。

•2018928133


写真:J-CASTニュース

安倍首相、またも誤読?「背後」を「せいご」「云云」(でんでん)に続き


安倍晋三首相が2018926日(日本時間)、米ニューヨークで開かれている国連総会の一般討論演説で、「背後」を「せいご」と読み違えたとみられる一幕があった。

安倍首相が公の場で誤読するのは少なくともこれで2度目。識者は「ルビを振るべきだった」と皮肉を込める。

背後には、1980年代以降...

「せいご」発言は、自由貿易の重要性を訴える場面で飛び出した。首相官邸や外務省のウェブサイトに掲載された書き起こし文を引用すると、以下の通り。


「自由貿易体制は、アジア諸国を順次離陸させ、各国に中産階級を育てました。背後には、1980年代以降、日本からこれら諸国に向かった大規模な直接投資がありました。皆、国際経済システムが、ルールに基づき、自由でオープンなものだったおかげです」

アジア諸国の経済発展における日本の貢献を述べたこの部分。だが、首相官邸と国連のサイトにアップロードされた演説動画を確認すると、手元の原稿を見ながら「背後」(はいご)の箇所を「背後」(せいご)と読みあげているように聞こえる。

「せいごには、1980年代以降...

念のため、『広辞苑第7版』で「せいご」のページを繰ると、「鮬」「正誤」「生後」「成語」「省悟」「勢悟」のみで、「背後」は載っていなかった。

「『うんこ漢字ドリル』で漢字テストを課すことをお勧め」

読み間違いはツイッター上で注目を集め、著名人からの指摘が相次いでいる。

「揚げ足取りで申し訳ないが、冒頭から1分、安倍首相は背後を『せいご』と読んでいる。ルビを振るべきだった」(作家・盛田隆二氏)

「この人の言い間違いが問題なのはただの無教養ではなく、彼が日常的に犯す言い間違いを『それ違うよ』と指摘してくれる人が周りに一人もいないということです」(思想家・内田樹氏)

「自民党総裁選の前に30分『うんこ漢字ドリル』で漢字テストを課すことをお勧めします」(経済学者・金子勝氏)

お笑い芸人の星田英利さんも、「安倍内閣、"『背後』は、国外で使う場合に限り読みは『せいご』である" を閣議決定」と皮肉を飛ばしている。

安倍首相の誤読をめぐっては、171月の参院本会議で、「云云」(うんぬん)を「伝伝」(でんでん)と答弁し、耳目を集めた。

画像
←お手間でもクリックをお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント