横浜市長が、IR誘致を議会で説明するか?住民投票はどうなるか?

【神奈川】

横浜市カジノ誘致 立・国と共、反対鮮明に 自、前向き 公、理解示す

https://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201909/CK2019090402000141.html

201994

画像
←お手間でもクリックをお願いします。

IMG_2619.jpeg


 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を巡り、横浜市議会で三日、論戦が始まった。誘致への理解を求めた林文子市長に対し、主要会派では「立憲・国民フォーラム」(議席数二〇)と共産(同九)が反対の態度を鮮明にした。一方で「自民・無所属の会」(同三六)は前向きな姿勢を示し、公明(同一六)も一定の理解を示した。(杉戸祐子)

 立・国は質疑で「誘致は『白紙』としていた方針を撤回して誘致に転じた責任をどう考えているのか」「経済界の期待の声に向き合う一方で市民の反対意見に向き合わない理由は何か」などとただした。共産は「誘致表明前に市民に是非を問う機会をつくらなかった理由は」などと質問した。

 林市長は「二〇一四年度から検討調査のための予算を計上し、市民や経済界、市議会からも意見をもらってきた。国の動向、他都市の状況を踏まえ、横浜の将来に責任を持つ市長として総合的に判断した」「世界最高水準のカジノ規制の内容、治安や依存症への国の取り組みや横浜市の考えを伝えることが必要」などと答弁した。

 自民は「林市長の決断を評価するとともに、今後市民に理解してもらうための議論を進めなければ」との立場を示した上で、山下ふ頭の事業者の理解を得る方策や成功に向けた意気込みなどを質問した。公明は誘致について「横浜の持続的な成長発展と市民生活の安全安心を確保するため、熟慮の上で有効な対応策の一つとなり得ると判断し、決断に至ったと推察する」とし、「どういうIRを実現したいか」などと尋ねた。

画像
←お手間でもクリックをお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント