#検察庁法改正案に抗議します に意義はあるの? ネット上の政治運動について意見を募集:毎日新聞政治プレミアム

#検察庁法改正案に抗議します に意義はあるの? ネット上の政治運動について意見を募集:毎日新聞政治プレミアム

菅原琢・政治学者

衆院内閣委員会で黒川弘務・東京高検検事長の定年延長問題に関して質問に答える菅義偉官房長官(右)=2020年5月20日、竹内幹撮影

 長年、インターネットと政治の関係は議論されてきました。共産党の山添拓参院議員(2016年東京選挙区選出)が取り上げた、「#検察庁法改正案に抗議します」というツイッターのハッシュタグ(単語の頭に#を付けたものをこのように呼びます)を使用した抗議活動は、その新たな一例です。

 <#検察庁法改正案に抗議します が政治を動かす

 今回は、この運動をはじめとするネットでの政治運動の意義や是非について、ご意見を募集できればと思います。

「数の力」という評価は適切か

 さて、ここで終わらせれば、単に賛成派から絶賛の声、反対派から否定的意見が集まるだけになりそうなので論点を落としておきます。

 山添議員は今回の抗議活動を、「ツイッターのハッシュタグが異例の拡散を経てマスコミも注目するところとなり、一つの法案を国政の重大課題に押し上げた」とし、「政治は、国会内の数の力だけで決まるものではないことを、多くの人が目撃した」と評していました。また、「10日あまりの劇的な変化をつくりだしたのは、SNSをはじめ各地で声を上げた一人一人の力であり、民主主義の力である」とも述べていました。

 この評価の焦点は抗議活動の数的規模にあります。ハッシュタグの「拡散」が運動のパワーであり、国会「外」の数が民主主義の力なのです。山添議員だけでなく、これを取り上げた各媒体の報道も、有名人が加わったこととともに数に着目していました。

「#検察庁法改正案に抗議します」400万超 ネット世論、政治に一撃

 しかし、今回の抗議活動の評価を「数」で決めてよいものなのでしょうか。少し考えてみましょう。

 立憲民主党の大串博志衆院議員(佐賀2区)の下記記事に使用されているハッシュタグ「#国会を止めるな」は、野党議員らがSNSで積極的に用いていました。このハッシュタグもツイッターでトレンド入り(話題の単語としてツイッター内で表示されること)しましたが、他紙で「2匹目のどじょうならず」と見出しをつけられたように、「#検察庁法改正案に抗議します」に比較すれば拡散されなかったと言えます。

 <#国会を止めるな コロナ対策など問題次々 首相は説明責任果たせ

 それでは、「#国会を止めるな」は数を集められなかったから失敗だったと言えるでしょうか。国会延長は人々の支持を集められなかったと評すべきでしょうか。

難しい数的評価の線引き

 「#検察庁法改正案に抗議します」に比べて「#国会を止めるな」と意思表示した人々の数が少なかったことは確かでしょう。一方、比較ではなく絶対数で見て、「#検察庁法改正案に抗議します」の参加人数は多く「#国会を止めるな」は少ない、と表現することはできるでしょうか。

 ツイッターで「トレンド入り」したのだから、どちらも「多い」と言うことはできそうですし、「トレンド入り」する単語は毎日いくつもあるのだからどちらも大事(おおごと)と捉えるべきではないと指摘することもできるでしょう。

 そうだとすれば、「#検察庁法改正案に抗議します」の数を「民主主義の力」だとする基準はいったいどこにあるのでしょうか。意地悪く言えば、実は数は問題ではなく、有名人が多数加わったりマスメディアが報じたりといったもので権威的に線引きがなされているようにも見えますが、どうでしょうか。

「ネット世論」=ノイジーマイノリティー?

 日本におけるインターネットと政治の関係の歴史を見れば、この数的規模の評価は常に問題となってきました。だいたい、「ネットの声」「ネット世論」等々と表現されてきたものは、総じてノイジーマイノリティーが可視化されたものだったと思います。

 今回のハッシュタグ政治運動は、どちらも現野党勢力が加担、あるいは主導したものです。しかし、マイノリティーを多数に見せ、これを「世論」と称するようなネット内外の政治行動は、むしろ右派的、排外主義的、あるいは愉快犯的な集団が得意とするものだったように思います。

 今回のようなハッシュタグ政治運動について「数の力」と評することは、こうした勢力が得意とする組織票を集める戦術、少数をマジョリティーと印象付ける技術の競争に、国政政党が手を出し始める端緒になりはしないかと危惧しています。だから、この運動を主導し評価する方々は、今回の抗議活動を「数」の話だけに終わらせないよう、特に慎重に考えなければならないと思います。

政治運動としての意義はどこに

 そこで、改めてみなさんに意見をお聞きしますが、今回の「#検察庁法改正案に抗議します」は、政治運動としてどのような意義があったのでしょうか。どのようなところに希望を見いだせるのでしょうか。あるいはこんな運動は無意味と切り捨てたほうがよいのでしょうか。

 多様な角度からのご意見をお待ちしております。

 <政治プレミアトップページはこちら


コメント:


雨そして青空
ID: b50683
通報
単純に「#検察庁法改正に抗議します」は、国民にとって非常に関心の高いテーマであったこと。対して「#国会を止めるな」はコロナ禍でありながら国会を止めることの是非が緊急事態宣言解除後と言うこともあり、今一つ、分からなかったのではと思います。
検察庁法の改正は三権分立、民主主義を危うくする、いわば国の根幹にかかわる問題。コロナ対策も重要な事ではありますが、落ち着きを取り戻したかに見えた時期と言うのもあったのかも知れません。
ツイッター創業者のドーシー氏は皆に「声」を与えたかったと言っています。「声」を持った民衆が危険な方向に暴走しないよう、メディアの情報はより正確でなければならないと思います。
0
返信する
5日前
no name
ID: 288e5f
通報
議論をすることはとても重要。冒頭書かれていたように数の多い、少ないだけで論ずるべきではない。というか、もうしわけないが、このようなことが争点になること自体、日本人は議論ができない国民なのか? マッカーサーが言った、12歳の精神年齢とはこのことを言っていたのだろう。自分の意見を言うことが奇跡のように取り扱われている。
0
返信する
5日前
匿名希望
ID: 7f395f
通報
自民のブレーン(日本政策研究センター)が「検察庁法改定」というトリッキーな手法を使用しようとしていたことに気づいたのは、ごく少数の人間です。おそらく私の周囲の人ではと。政治に対する意識が非常に高い人間です。とあるサイトで議論していたのです。私自身はハッシュタグをつけた人間ではありません。でも誰かが重要性に気づいて下さり、ハッシュタグをつけ、さらに拡散という結果になったのでしょう。
0
返信する
5日前
イソジン
ID: 6e2b26
通報
政治参加の一つの手段として評価
 政治参加の一つの方法を示した。代議員制度で偶々たった有権者の20%程度の得票率で与党となった安倍内閣に質問も反論も出来ない現状に一石を投じた意味はある。また国会を止めるなも自民党が閉会中も審議に応じると譲歩した。これはSNSの発信力に奢る安倍政権を震え上がらせた事を示している。今までは国会内の数の論理で傲慢に振る舞っていた安倍内閣も国民の声を意識せざるを得なくなったという点は評価すべきだ。これは一つの草の根は引きちぎって捨てれば良いという安倍政治に警告を与えただけでも社会に変化をもたらせた。良い変化を。
0
返信する
4日前
ぴら
ID: 6e2b26
通報
 単に数の力だけなら疑問視するが、数の力ではなく、山添氏の言うように内容から見れば「民主主義の力」だったと思う。SNSであれ昔風のビラであれ根本的には同じで、誰が発信しているのか、何の意図か、を知り判断する賢明さが私達には必要だと思う。
0
返信する
4日前

とび
ID: 6e2b26
通報
安倍政権の支持率が下がらないのとスマホの普及率は関係している、こんな説を聞いた時は疑問を持ちました。
でも、「うちで踊ろう」「#検察庁法・・」で、急に支持率が下がった時、説は合ってるかもしれないと感じました。
韓国ドラマのファンサイトにアンチ韓国の大量の書き込み、与党不祥事の際に野党の悪口の大量の書き込みなどはもうよく見られることです。
これもノイジーマイノリティだと分かる人なら分かるのでしょう。
けれども新聞もテレビもニュースサイトも見ずにネットと暮らし、マジョリティなのか多数派の正論なのかが判断できず、目の前を流れるツイート等でしか考えられない人が今は増えてきているのかもしれません。
もし判断ができない人が増えているのであれば、ノイジーマイノリティは今は十分世論を動かすツールで、根本から発生しないようにするか、利用するかしかないように思います。
0
返信する
5日前
Kaneda
ID: 6e2b26
通報
 数の問題ではない、というのはその通りで、この直後に福山議員が尾身氏に暴言を吐いたというハッシュタグが盛り上がり謝罪に追い込まれたが、(その是非はともかく)危うい面もあるなと思った。野党サイドは、今後も自分たちを攻撃するネタで、何十万、何百万とハッシュタグが盛り上がった場合、対応しないわけにはいかなくなるのではないか?

更に言うと、その後の色んな取材によると、首相本人は必ずしも黒川氏と近くもないし、法案や総長人事に強い関心があったわけでもないという。そうだとすると、ハッシュタグを広めていた人たちの前提とかなりズレてきてしまい、困惑するというのが正直な所。「政治を動かした成功体験」として捉えるのは、二重三重に危険だなと思った。慎重に評価する必要がありそう。
0
返信する
5日前
no name2
ID: 6e2b26
通報
 ツイート自体の公共的価値はもともとあまり,ない.個人用の電話がわりが最初で,その次に法人による個人広報用のシステムだ.最近は世論扇動ツールの一つとして外国勢力による選挙干渉も指摘される.こういうツールなのだが,政治家や有名人のツイートを拾い上げてあたかも一般論や公論であるかのように記事を作ってしまう新聞やテレビ番組が,実際にはツイートの権威付けの役割を果たしている.今回はたまたま野党主導の政治批判運動だったのかもしれないが,アメリカ大統領選挙やイギリスのBrexit投票のように,外国からの選挙運動への介入誘導に全く弱いシステムがSNSだ.韓国・北朝鮮で今やっているビラ広告が大量に選挙期間に電子的にふってくるようなものである.政治宣伝に関する発信を法的に規制するか実名紐づけする,報道機関(SNSは報道機関ではない)が転載する場合は発信者やリツイートする周辺者に取材して検証してからにする,検証できないツイートはうわさ話扱い,などのfact checkを入れないと,メディアや政治団体が大衆扇動を競い合う結果になる.
0
返信する
5日前
no name
ID: cff7d3
通報
途中で発信されてしまいました。申し訳ありません、続けます。『#検察庁法案改定案に抗議します』には、人々が動き出す時のピタッとする感じがありました。そして、急速に拡大していることを知り、よし自分もと思いそれに加担しました。それは、コロナ禍の中で身動きできない閉塞感や安倍政権へのイライラが背景にあったからだと思います。ここには気持ちを一つにして行こうとする、またそれを呼びかける人々がの存在がその前からあったからのことと思われます。しかし、実際にそれがどう作用したかは、学者先生の解析にお任せしますが、大海にそそぐ水の一滴にはなったと思われます。実際にはね賭けマージャンが世に出ることを恐れた安倍さんが断念したのだと思いますが、その安倍さんの心理の中にこの『#検察庁法案改定案に抗議します』の影響が無かったとは言い切れないと思います。
0
返信する
5日前
狗留孫山の仙人
ID: 6e2b26
通報
批判的精神の重要性
  多くの人が、それぞれの立場や思想により様々な意見を発することは当然であり、検察用法改正案に反対するツイ-トが広く拡散したのは、現政権のあからさまな法律無視があり、今までの強権的で無責任な行政の繰返しが、良識ある国民の反発を招いたからに外ならず、一般の国民が自分の考えを発する手段としては、多いに結構ではないか。                        要は、当
...
続きを表示
0
返信する
4日前

ぶー
ID: 6e2b26
通報
 『#検察庁法案改定案に抗議します』というツィートに世論が動いて立ち止まったのは、無意味ではなかったと思います。
何故なら、国会の中の審議も本当に国民が望んだものなのかもわからないままに今の政権下では充分な審議もされないままに、ラッピングされた箱だけを国民に見せて中身のないものの採決が多く、後から問題が出て来ているケースが多いように思います。
そして、今回、何故、こういう動きが出ているのかと言えば、政府への信頼が薄れてるからなのではと思います。会見でも、コロナ対策でも一見は神妙な口調ですが官僚原稿丸読みですし、国会答弁もそうです。さらに言えば、その国会答弁の首相発言に合わせての公文書の改竄や隠蔽や破壊を平然と行ってきてあたかもそれが当たり前のようになってきたことで、公平公正を求めているのではと思います。法に対して求めているのはそこなのではないですか?そこまでも曲げようとしていたのが一番の問題。
0
返信する
5日前
ごきげんマウス
ID: 703bfa
通報
ネットは誹謗中傷などの問題はあるものの、今回一般庶民に政治問題を拡散させたということでは大きな意味と力を感じる。「新聞の政治面はどうも…」という人にも、こんなことが起きているのか と知らせることはできる。勿論良くも悪くも「民主主義」であるので「数」の多寡は重要な要素だ。問題の性質としてどんなに重要であっても多くの国民が関心を寄せなければ意味がない。しかしこれはあくまでも「結果」であり、これが我が国の「実態」なら「そういう国だ」ということだ。大事なのは(政治の苦手な)誰にでも「知る」機会が提供されていることだ。いわゆる「政治運動」まで行かなくとも「国民の声」として一定の大きさを持つことは民主主義の基本だと思っている。今回どのような人たちが「#」に賛同したかはわからないが少なくとも多くの「国民の声」になったことは事実だ。あとは政治家が「これ」をどう汲み取るかだ。是非、多くの政治家にこういったことへの「受信力」を身に着けてほしい。
0
返信する
5日前

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント