年初来高値のメルカリを悩ますジレンマ:日経ビジネスから引用しています。

年初来高値のメルカリを悩ますジレンマ:日経ビジネスから引用しています。

日経ビジネス記者
有料会員限定
0 100%
全1640文字

 7日の東京株式市場でメルカリの株価が一時、前日比14.6%(680円)上昇して5340円となり、年初来高値となった。3月19日の安値(1557円)に比べて、5カ月弱で3.4倍まで上昇したことになる。

2020年6月期の決算を説明するメルカリの山田進太郎社長CEO(最高経営責任者)

 「市場からの期待の高まりに十分応えた」。SMBC日興証券の金森都シニアアナリストは、メルカリが6日に発表した2020年6月期の決算内容をこう評する。連結最終損益は227億円の赤字となり、前の期(137億円の赤字)に比べて赤字幅は拡大している。だが、第4四半期(20年4~6月期)だけを見れば、その評価は一変する。営業損益が9億円の黒字となったからだ。

 メルカリの営業損益が四半期ベースで黒字化するのは18年6月の上場後初めて。これまではフリマアプリの日本事業が黒字でも、キャッシュレス決済のメルペイ事業のマーケティング費用や米国のメルカリ事業の赤字が足を引っ張って営業損失を計上してきた。その営業損失が19年7~9月期の70億円で底打ちして改善の兆しを見せていたとはいえ、証券アナリストの多くは第4四半期も営業赤字を見込んでいたため、7日のメルカリ株高騰につながった。

この記事の連載

白壁達久のネット企業盛衰記

次々と新たなサービスを生み出し、社会インフラを変革するネット企業。ただ、競争環境は時々刻々と変わ…

この連載の他の記事を読む

 黒字化は大きく2つの要因がある。1つは新型コロナウイルスの感染拡大に伴う在宅シフトだ。ロックダウン(都市封鎖)もあった米国では自由に買い物ができなくなった影響でメルカリの利用が増え、米国事業の目標としていた月間流通総額1億ドル(約105億円)を達成した月もあった。

 メルカリの国内事業の伸びも著しい。国内の流通総額は1804億円と前年同期比で40%も増えた。6日の決算発表会見で山田進太郎社長CEO(最高経営責任者)は「再加速」という言葉で今回の成長を表現した。

 国内流通総額を順調に伸ばしてきたメルカリだが、ここ1年ほどは成長率が鈍化傾向にあった。18年~19年度には40%近い成長率を誇っていたが、20年度に入って30%を割り込み、第2四半期には19.8%にまで下がった。一般に、新規事業は規模が大きくなって事業が成熟すると成長率が下がりやすい。メルカリの場合は「PayPayフリマ」など競合の参入の影響もあった。

鈍化していた成長率が急回復
日本のメルカリ事業の流通総額と前年同期比増減率

 それでも「再加速」ができたのは、コロナ・ショックで人々の生活が一変したからだ。緊急事態宣言が発令されて在宅を余儀なくされる中、「自由に買い物に行けない」という人や「快適に過ごすために自宅のモノを減らしたい」という断捨離欲が高まったユーザーが多かったようだ。新規ユーザーの獲得も増え、ユーザー1人あたりの利用頻度(回数)も増えた。一度メルカリから離れたユーザーの「復活組もあった」(山田社長)という。

貢献したのは投資の抑制

 ただし、気がかりな点がある。黒字化のもう1つの理由である投資の抑制だ。20年4~6月期は増収によって営業利益が同年1~3月期に比べて19億円改善したが、広告宣伝費の削減による押し上げ効果は2.5倍の49億円もあった。投資抑制なしには黒字化はなし遂げられなかった。

 メルカリの長澤啓執行役員CFO(最高財務責任者)は決算会見で「投資を抑制して保守的な観点で経営をしてきた」としながらも「ROI(投下資本利益率)を見極めながら、投資を加速する判断はフレキシブルにしたい」と語った。

 業績改善の方向性が見えたことから株価は2年ぶりの高値となった。とはいえ、上場初日につけた高値の6000円はまだ超えられない状況だ。事業における収益性の改善は当然ではあるが、さらなる成長に向けた売上高の引き上げが期待されているようにも見える。

 「復活組」という山田社長の言葉が示すように、一度メルカリから離れたユーザーも少なくない。コロナ禍での利用拡大がいつまで続くか見えない中、戻ってきたユーザーを再び離さないための策も求められている。短期的な業績を重視して投資抑制を継続するのか、もう一段の成長のために赤字覚悟で大胆に投資していくのか。メルカリが悩むジレンマが株価の動きにも表れている。


あなたにオススメ


  • 1分解説

    スペースジェット、損失5000億円でも諦められない三菱重工

  • 外食ウオーズ

    150店閉鎖の吉野家、チルド弁当参入へ コンビニと客の奪い合い

  • 白壁達久のネット企業盛衰記

    メルカリ、株価急騰でも消えない米国事業の不安

  • 時事深層

    メルカリ、新型コロナで株価急騰も 米事業の不安消えず

  • 時事深層

    メルカリのOrigami買収 市場が危惧する赤字拡大

  • 敗軍の将、兵を語る

    福井県民球団、存続を断念〔敗軍の将、兵を語る〕

  • テーマ別まとめ記事

    メルカリの成長、その背景 過去記事から要点を学ぶ

  • 古今北西こぼれ話

    三菱航空機・開発トップのベラミー氏、かなわなかった意思疎通


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント