ビリギャル英語術、TOEFLは100点超 コロンビア大学院留学へ;朝日ディジタルから引用しています。

写真・図版
「ビリギャル」の本人、小林さやかさん。米コロンビア大の教育大学院で今秋から学ぶ=東京都中央区、坪谷英紀撮影

ビリギャル英語術、TOEFLは100点超 コロンビア大学院留学へ

聞き手・小暮哲夫
有料会員記事
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版

 偏差値を40も上げて慶応大学に合格した「ビリギャル」の本人、小林さやかさん(34)が今年、米ニューヨークにある名門、コロンビア大の教育大学院に留学します。でも、決意した2年前、大学受験で鍛えた英語力はさびついていて……。そこから、留学に必要な英検1級レベルの英語力を身につけた秘訣(ひけつ)は? 聞いてみると、まさに「ビリギャル流」と言える学習法でした。

こばやし・さやか

1988年、愛知県生まれ。高校2年時の「偏差値28」から成績を上げ、慶応大総合政策学部に現役で合格した。2013年に塾の担当講師だった坪田信貴さんの著書「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」(KADOKAWA)が出版され、広く知られるようになった。21年に聖心女子大大学院修士課程修了(学習科学)。22年秋からコロンビア教育大学院で認知科学を研究予定。

 ――そもそも、どうして留学しようと思ったのですか。

 「この7、8年、ビリギャルとして呼んでいただけるようになり、学校や行政機関、企業など、500回以上も講演をしてきました。その先々で、『さやかちゃんのおかげで人生が変わった』と泣いて伝えてくれる子どもたちがたくさんいました。こんなふうに思ってくれる人がたくさんいるんだ、と衝撃を受け、ちゃんとこの仕事をやっていきたいと、大学卒業後になった大好きなウェディングプランナーの仕事を辞めたんです」

 「そんななかで、教育について深く学びたいと思うようになり、2019年に聖心女子大の大学院に入り、学習科学を学びました。講演だけでは、子どもたちからのSOSに全部、答えてあげることができないなって。私には、自分を信じてくれた(塾講師の)坪田(信貴)先生や母の存在が大きかった。でも、そういう存在がいない、と訴える子どもたちに多く出会ってきました。私自身がもっと学んで子どもたちの周りの大人を変えられるだけの力が欲しいと思い始めました。そのためには、日本から出て、無意識に持ってしまっているだろうバイアスをぶちこわす、という経験をしないとダメだなと、留学を決意しました」

 「英語ができないこともコンプレックスでした。英語を使えるようになれば、途端に世界で15億人も交流できる人が増えますよね。そんな最強の武器を、なんで私は手にしようとしてこなかったんだろう、とずっと後悔していました。学生のときに留学すればよかったと」

留学を決意、でも英語力は……

 ――留学に向けた英語の勉強をはじめたのはいつですか。

 「20年2月ごろです。夫に話すと、即決で『俺もいっしょに行くよ』と。サラリーマンである夫が会社を辞めて一緒に海外に行くことは勇気のいる決断だと思いますが、私以上に自由な発想の夫に、今回の留学準備中、本当に支えられました。それで、講演の数を減らして勉強をしないと、と思っていたら、新型コロナのために講演が自然に減っていって……」

 ――大学受験の勉強から15年ほどたっていましたが、英語力は?

 「15年間ほとんど英語に触れずに生きてきたので、大学受験で必死に詰め込んだ英語の知識が頭から抜けていました。require(要求する)の意味がわからなかったくらいです。スピーキング力も、『仕事は何ですか』と聞かれて、“My job is speaking”と答えるほどで、語彙(ごい)も文法もめちゃくちゃでした。presidentやpeopleといったつづりも、正確に書けなくなっていました」

 「大学院でも、先生に渡された英語の論文を1ページ読むのに1週間かかったんですよ。教授が引いていたぐらい読めなくて」

 ――TOEFL(留学希望者の英語力を測るためなどに使われる国際英語テスト。リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングの各30点で120点満点)で一定の点を取れないと、米国の大学院には出願できないですね。

 「コロンビア大教育大学院は、100点が『足切り』ラインです。最初の半年はまず、英検2級と準2級の単語集を完全に覚えるまで繰り返しました。それから、英文法も『5文型って何だっけ』とか、『現在完了と過去形の違いって』というところから、勉強し直しました。半年くらい勉強したあと、20年8月に最初にTOEFLを受けたときの点が62点。何もしないで受ければ、40点も取れなかったと思います。リスニングは11点で、ほとんど何もわからない状態です。聞こえても雑音です」

 ――そこからどうしたのですか。

ここから続き

 「リスニング対策として、ディクテーション(聞いて書き取る)やシャドーイング(聞いて復唱する)は、いろんな人が提唱しているので、独自にアレンジしてやりました。TOEFLのオフィシャルガイドと問題集2冊、(テスト事務局の)ETSの公式教材を使って、何度も同じところを聞き続けて、一語一句書き起こして、もうどうしても分からない、っていうところまでいったら答えを見て……ということを、3カ月ほど毎日続けました」

 「最初は、一つの出題文で4、5時間かかっていました。その後、同じ文章を何度もシャドーイングをしました。だから、1日で終わらない日がある。果てしなかったです。本当にこれでいいのかと、葛藤しながらやっていました。それからいま、発音がすごく良くなったって言われるんですけど、たぶんシャドーイングのおかげだと思います」

自作の徹底分析ノート

 ――リーディングは、大学受験でも勉強したと思いますが。

 「語彙力と基本的な文法をまず最初にたたき込みました。TOEFLは、ネイティブでも知らないようなアカデミックな単語がたくさん出てきます。例えば、『真核生物』(eukaryote)とか。これ、わからなくないですか? 3800語載っているTOEFL用の単語集を、何回やったかわからないくらいやりました。レベル4まであるのですが、レベル4はやらなくていいんじゃないかと思うくらい難しいので、1、2回やって、これはたぶん効率が悪いなと思って、レベル3までを完璧に覚えました」

 「単語をある程度覚えたら、公式問題集のリーディング問題を実際に解いて、さらに出題文をコピーしてノートに貼り付けて、やった日付とわからなかった単語や文型、間違えた問題はどこかなどを、全部記録しました。それから、なんで間違えたのかを徹底的に分析します。単語がわからなかったのか、構文が取れなかったからか、選択肢を読み間違えたのか、というように。出題文にはSVOC(主語、動詞、目的語、補語)を書き込んで、精読しまくったんですよ。TOEFLはけっこう細かいことを聞いてくるので、なんとなく読めた気になっているうちは点数につながりません。精読ができるようになると、勝手に読むスピードも上がってきます」

 「同じ問題集を3回も繰り返すと、内容も頭に入ってきます。出題文のテーマは似かよっているんです。たとえば、火山とか、民族とか、遺跡の話とか。背景知識が身につくので、単語が多少わからなくても想像できるようにもなります」

 ――ライティングは?

 「とにかく書いて誰かに添削してもらって、『ダメ出し』してもらうのがいいと思います。私はTOEFL対策用のオンラインサービスを使っていました。書き方の講座が聴けて、書いた英文を添削してくれ、英文のテンプレート(ひな型)とかも教えてくれます」

 ――話すのは、どう鍛えましたか。

 「オンライン英会話ですね。安価なレッスン料で、一対一でネイティブの人とお話しできます。とにかく英語を話すことに慣れるために、1年間、ほぼほぼ毎日1時間はやりました」

 ――毎日続けて、だんだん話せるようになったのですか。それとも、突然、話せるようになる瞬間があったのでしょうか。

 「だんだん話せるようになっていったと思います。最初は全く話せなかったですが、いまはどんな話題でも盛り上がれるくらいにはなりました。突然、できるようになったのは、リスニングですね。ほとんど上達しない時期がとても長くて、つらかったです。勉強を始めて半年後からずっと、20点台の前半をうろうろしていたんですよ。私の耳はどうかしてるんじゃないか、と思ったくらいです。それが、最後の方の去年の12月になって突然、(ほぼ満点の)28点が取れるようになりました。合計のスコアも104点を達成しました」

 ――最近はツイッターやユーチューブなどを見れば、勉強法を教えてくれる「英語の達人」はたくさんいます。

 「『音読さえやれば大丈夫』という人がいると思えば、『音読をやめたら伸びた』という人もいる。本当にたくさん情報が出てきます。何を信じていいか、わからなくなるくらい。だから私は、人の情報をうのみにして頼り切るんじゃなくて、自分にいま何が足りないのか、なんで点数が取れないのか、常に分析するようにしました。リスニングで伸び悩んでいたとき、スクリプト(リスニングの文章)を印刷して『こういうことを言ってたんだな』と確認していくと、『なるほど、ここで集中力が切れたからこの問題を落とした』とわかったこともあります。だとしたら集中力の問題だなと気づいて、睡眠時間をちゃんと8時間とってみました。笑える話だけど、そしたら点数が上がったんですよ」

 「効率の良い勉強法を知っていることに越したことないんだけど、意外なところで点数を落としている可能性があるから、なぜ解けなかったんだろうというところに固執して、ここを『○』にするためにこれをやるべきだっていうのを自分で考えないと、結局だめだと思いました。自分の穴を見つけて、そこを埋めるっていうことをひたすら丁寧にやっていけば、点数は上がるなって最終的には気付きました」

 ――留学には、志望理由を説明する英文のエッセーを大学へ提出する必要もありますね。

 「まずは日本語で思いの丈をつづり、そのあと英語に直してからネイティブの人と日本人の方、どちらにも見てもらいました。現在、通っている方にもいきなり連絡をとってエッセーを読んでもらって、フィードバックをもらいました。そのプログラムをよく知っている人に見てもらえると、私のやりたいことと学べる内容が合っているかを確認できるので。オンラインでいろんな人に意見をいただきながら、何度も書き直しました」

英語漬けを「仕組み化」する

 ――毎日、どれくらい英語を勉強していましたか。

 「毎日8時間くらいは。英語の上達に、魔法はないですね。特に留学経験がないと、基礎から一歩一歩積み上げていくしかないし、本当に筋トレと一緒だなと」

 ――とくに社会人には、1日8時間は難しいかもしれません。

 「どれくらいの月日をかけて英語を使えるようになりたいかと、目的にもよると思いますが、とにかく英語学習は継続が命です。毎日30分だけでもオンライン英会話をやるとか、自分の生活の中に英語をいかに忍び込ませられるかだと思うんですよね」

 「例えば、ニュースを英語で見るようにする、ツイッターでフォローする人をネイティブスピーカーばっかりにしてタイムラインを作る、パソコンとかスマホの表示を英語に変える、とか。不自由なんだけど、それくらいしないと社会人が英語に触れるって、日本では難しいから、生活の中に仕組みをいっぱい作ることです。ランニングをしているときでも、音楽をただ聞くのではなくて、ネイティブが話すポッドキャストを聞くとか。配信サービスで英語の映画を英語の字幕で見るとか」

 ――実際に自分でしたことはありますか。

 「いま挙げたことは、実際に私がやっていたことです。ニュースはCNNやBBC。運動不足すぎてトレーニング用のバイクを買ったんですけど、それを家でやりながらネットフリックスで英語の字幕で映画を見てました。字幕なしで聞ければいいんだけど、まだ難しいものがほとんどです。私のお勧めは、アニメです。日本のアニメの英語の吹き替えは、すごくきれいな英語なんです。私は大好きな『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』というアニメを、日本語でも見たことがあってストーリーはわかるから、英語の字幕で見て、そのあと、字幕なしで10回くらい見ました」

 ――日本のテレビは見ていないんですか。

 「全く見てないですね。もうここ2年半ぐらい」

 ――勉強に加えて、生活環境も英語漬けにしたっていうのは大きいんでしょうね。

 「大きいですね。英語を話せない夫にも英語で話しかけて、“Please in English”と答えを要求して。迷惑ですよね(笑)」

 「『TOEFLで年内に100点取らなきゃいけない』と、ユーチューブ『ビリギャルチャンネル』で宣言したのも大きかったですね。達成できてもできなくても社会貢献になるように、もし昨年の年末までに100点を超えられなければ、慈善団体に400万円(1年間の米大学院の学費くらい)を寄付することも宣言しました。あれがなかったら、今年は無理そうだからもう1年やろうかってなっちゃったかもしれません。やはり人って追い込まれないと、本気出して何かやるって難しいんだなあと改めて思いましたね」

 ――大学受験の経験は生きましたか。

 「たくさん勉強をしているけど、進歩している感じがしない。そんな状況をプラトー(高原)現象と言いますよね。そこでみんな、モチベーションが下がってやめちゃったりとか、地頭が悪いんじゃないか、なんて自分の能力を疑ってしまったり。私は大学受験の経験で、あとで必ず伸びる、と知っていたので、『プラトー長いなあ……』と思いながら、あきらめずにできました」

 ――TOEFLの104点は、英検では1級に相当するレベルです。

 「でも、全然ペラペラとは言えないですよ。スピーキングが満点だったらそう言えるんでしょうが(30点中23点)。海外経験も旅行しかないですし、留学先で自分がいちばん英語ができない人になるんだろうと確信しています。かなり苦労すると思いますが、大人になってからもそういう経験ができるのは幸せです」

 「日本の大学院に在籍中、公立中学校と共同研究をしたんです。『大人になるのは楽しみですか』というアンケートをとったら、イエスとノーがだいたい五分五分でした。イエスと答えた生徒たちの理由は『勉強しなくていいから』。ノーと答えた方の理由は『つまんなそうだから。大変そうだから』。どう思います? こう思わせているのは、残念ながら大人ですよね。私たち大人が身をもって、『学ぶって人生を大きく広げてくれる最も効率的な手段で、最高の投資で、楽しいものなんだよ』と子どもたちに伝えていく必要があると思います」

 ――学ぶのは、外国語だけにとどまらない。

 「もちろんです。『勉強は子どもがするもの』と思い込むことはもったいないことです。そして何をやるにも、動機が最も大事です。なんのためにこれやりたいんだっけ?と自問自答すること。強い動機と正しい努力があれば、道はひらけます」

 ――どんな留学生活を送りたいですか。

 「コロンビア大の教育大学院は、教授陣も授業内容も素晴らしいですが、それ以上に魅力を感じているのは、教育分野だけでも81個のプログラムがあり、世界中から優秀な教育者が集まること、彼らとの出会いと対話の機会が多く得られることです」

 「学外にある、大学院の留学生向けの寮に応募しています。そこに住めれば、コロンビア大以外の学生たちとも出会えます。とにかく、異文化の環境に自分自身を放り込み、異なるバックグラウンドを持つ人たちとの出会いに貪欲(どんよく)でありたい。ニューヨークという地の利も生かして、この留学で自分の価値観、世界観、学習観のすべてをアップデートしてきたいと思います」(語学の扉)(聞き手・小暮哲夫

こばやし・さやか 1988年、愛知県生まれ。中高一貫の私立校に入学後、高校2年時の「偏差値28」から成績を上げ、慶応大総合政策学部に現役で合格した。2013年に塾の担当講師だった坪田信貴さんの著書「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」(KADOKAWA)が出版され、広く知られるようになった。21年に聖心女子大大学院修士課程修了(学習科学)。22年秋からコロンビア大教育大学院で認知科学を研究予定。今後、自身でも留学準備や英語学習法、留学日記を発信していく。

https://note.com/sayaka_suto別ウインドウで開きます

ツイッター:@sayaka03150915

YouTubeビリギャルチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCe10izLafgDjPEuXQHzjSkQ別ウインドウで開きます


  • commentatorHeader
    井本直歩子
    (元競泳五輪代表・国連職員)
    2022年4月12日5時59分 投稿

    【視点】英語の学習方法だけでもお手本みたいに素晴らしいのですが、それ以外にも素晴らしい言葉の数々。 まず語学の勉強法に関しては、私自身アメリカ(学士)とイギリス(修士)に留学経験があり、外国語が好きで目下5ヶ国語目を独学で学んでいますが、「ここまでするのか!」と舌を巻きました。徹底度、目標に向かう決意と集中力が物凄い。私は日本で英語漬けの環境を作るのは相当難しいと思い込んでいたのですが、それをやってのけた小林さんに脱帽です。成せば成る。勇気を頂きました。 「こう思わせているのは、残念ながら大人ですよね。私たち大人が身をもって、『学ぶって人生を大きく広げてくれる最も効率的な手段で、最高の投資で、楽しいものなんだよ』と子どもたちに伝えていく必要があると思います」 子どもたちに夢を与えたいという小林さんの思いに、はっとさせられました。最近の若者は、と嘆く前に、自分が背中を見せ、それを伝えろということ。学び続けている人はいると思いますが、その素晴らしさをうまく伝える方法を考えなくてはなりません。 でも個人的に一番素晴らしいと思ったのは、以下の件です。 「夫に話すと、即決で『俺もいっしょに行くよ』と。サラリーマンである夫が会社を辞めて一緒に海外に行くことは勇気のいる決断だと思います」 信念が強く、何でも体当たりの小林さんなら留学生活を大いに充実させ、日本に帰ってきてさらに子どもたちに素晴らしいインスピレーションを与え続けてくださると確信しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント