大メディアが報じない瀬戸内寂聴さん、晩年の痛烈安倍批判;日刊ゲンダイから引用しています。

大メディアが報じない瀬戸内寂聴さん、晩年の痛烈安倍批判 (日刊ゲンダイ)


大新聞テレビはまったく報じていないが、晩年の寂聴さんはアベ政治を痛烈に批判していた。市民活動「アベ政治を許さない」の呼びかけ人にも名前を連ねていた。


日本の右傾化を推し進める安倍政権に、よほど強い怒りと危機感を持っていたのだろう。


7年前、本紙(201444日付)のインタビューでも、安倍批判を展開していた。ちょうど、安倍政権が「集団的自衛権の行使容認」に向けて突き進んでいる時だ。


<戦争を知っている人が安倍政権にはいないんじゃないですか>と語り、<戦争なんてすれば、国はなくなるんですよ。それなのに政治家は日本は永久に続くと思っている>と、日本を戦争できる国に変えようとしていることに憤っていた。


寂聴さんは、<あっという間に国って変わるんですよ>とも語っていた。


<当時もね、われわれ庶民にはまさか戦争が始まるという気持ちはなかったんですよ。のんきだったんです><真珠湾攻撃の日は女子大にいたんです。ちょうど翌日から学期試験で勉強していた。そうしたら、みんなが廊下を走ってきて「勝った」「勝った」と騒いでいる。私は明日は試験がなくなると思って「しめた」と思って寝ました。試験はちゃんとありましたけど、こうやって国民が知らない間に政府がどんどん、戦争に持っていく。そういうことがありうるんです>

リアルな戦争体験が原点


インタビューは、およそ30分間だった。淡々と話していたが、言葉には迫力があり、本気度が伝わってくるものだった。


寂聴さんの原点にあったのは、リアルな戦争体験だ。母親は防空壕の中で焼け死んだそうだ。当時、国会前のスピーチでもこう語っていた。


1922年生まれの私は、いかに戦争がひどくて大変か身に染みている。戦争にいい戦争はない」「最近の日本の状況を見ておりますと、なんだか怖い戦争にどんどん近づいていくような気がいたします」


だからだろう。平和憲法に対する思いも強かった。本紙のインタビューでも、<日本にはせっかく、戦争しないという憲法があるんですよ。それを戦争できる憲法にしようとしているんですよ。米国から与えられた憲法だって言うけど、その憲法で戦後70年間、誰も戦死していないんです>と、日本の戦前回帰を懸念していた。


もうひとつ、寂聴さんが大事にしていたのが「自由」だ。「人間の幸福とは自由であること」と法話でも語っていた。異論を排し、この国を一色に染めようとしているアベ政治に対して、強い危惧を抱いていたに違いない。


結局、憲法違反だと指摘された「集団的自衛権の行使」を容認する安保法案は、安倍政権の手によって強行成立してしまった。寂聴さんは、開戦前夜に似た雰囲気を感じ取ったに違いない。


この国の劣化を憂えていた寂聴さんは、本紙インタビューで<私はすぐ死ぬからどうでもいいけど、子供たちにこのまま、この国を渡して死ねない>とも語っていた。


あれからこの国は少しはマトモになったのだろうか。安倍晋三は消え去ったが、岸田政権が誕生し、ますます戦前回帰の動きに拍車がかかっているのが実態である。


リベラル集団である「宏池会」出身の岸田首相は、本来改憲軍拡とは無縁のはずである。ところが、安倍元首相の支持を得るために、急ピッチで右旋回を進めている。


改憲については「自分の総裁任期のうちにメドをつけたい」と明言。憲法違反の疑いが強い「敵基地攻撃」まで容認するつもりだ。防衛省はきのう(12日)、「防衛力強化加速会議」なる物騒な名称の組織を新設し、敵基地攻撃能力の保有について議論を始めた。


防衛費も2倍にする方針だ。これまで防衛費は「GDP1%以内」が不文律だったのに、「GDP2%以上も念頭に増額を目指す」と政権公約に掲げている。


「宏池会」出身の歴代首相は、池田勇人も大平正芳も宮沢喜一も全員、戦争を嫌い、平和憲法を大切にしていた。


いまごろ、3人とも草葉の陰で激怒しているのではないか。


実際、岸田政権が進める「改憲」「防衛費2倍」「敵基地攻撃」の3点セットが実現したら、この国の形は完全に変わってしまう。


ヤバいのは、野党勢力が弱体化し、衆参とも改憲勢力が3分の2を超えていることだ。あっさり通ってしまう危険がある。


「大きな新聞は書きませんね」と嘆息


それにしても、情けないのは大メディアだ。晩年の寂聴さんは、あれほど日本の右傾化を危惧していたのに、訃報でそれについて詳細に報じたメディアはほとんどなかった。


寂聴さん本人も本紙に、大手メディアの報道姿勢について〈本当に大きな新聞はあまり書きませんね〉と嘆いていた。毎日新聞(15612日付)のインタビューでも、集団的自衛権の行使容認に突き進む安倍政権について「どうしてみんなもっと早く立ち上がらないんですか! 新聞もあまり書かないでしょ」と憤っていた。


岸田政権が戦前回帰の動きを強めていることについても、ハト派の宏池会出身だから甘く見ているのか、ほとんど報じようとしない。


「大メディアの幹部は、安倍・菅政権で、首相と一緒に食事をするほど親密になってしまった。逆に圧力をかけられることも多く、権力に飼いならされている状態です。会見などでは、記者が首相に『○○総理』『お疲れさまです』と、恭しく呼びかけているのだから情けない。権力と対峙する姿勢があれば、訃報を伝えるとき、瀬戸内さんのアベ政治に対するメッセージにも焦点を当てたはずです」(政治評論家の本澤二郎氏)


「聞く力」を自慢する岸田首相は、寂聴さんのメッセージに耳を傾けるべきだ。




それにしても岸田首相はどんなシナリオに使われているのか!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント