いつも電話でネクタイを注文する男性 理由を知った日、社長は泣いた;朝日ディジタルから引用しています。

写真・図版
自社ブランド「SHAKUNONE(笏の音)」のネクタイ=笏本達宏さん提供

いつも電話でネクタイを注文する男性 理由を知った日、社長は泣いた

若松真平
有料会員記事
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版

 2021年3月ごろ、笏本縫製(岡山県津山市)に電話がかかってきた。

 「葬式につけていけるネクタイがほしいんですけど」

 かけてきたのは関西弁の男性で、黒いネクタイの注文だった。

 自社ブランドのネクタイ「SHAKUNONE(笏の音)」に興味を持ってくれたらしい。

 送り先や料金を確認して商品を発送すると、しばらくして電話がかかってきた。

 「今度は結婚式につけていける白いネクタイを」

 ネット注文も受け付けているが、年配の男性は電話で注文する人も少なくない。

 社長の笏本達宏さん(35)は「商品を気に入っていただけたんだな」ぐらいにしか考えていなかった。

 男性からは、その後も電話がかかってきた。

 「黄緑のワイシャツに合う色は?」

 「細いのと太いの、どっちがいい?」

 「結び方は?」

 そんなやりとりの中で、「次にイベントの予定はありますか?」と尋ねられた。

 大阪・梅田の百貨店に期間限定で出店する予定があったので、日程を案内した。

    ◇

 2021年4月、阪急メンズ大阪でネクタイを売っていた笏本さんは、まっすぐこちらに向かってくる男性に気づいた。

 「こんにちは、板谷です。電話ではお話ししましたが、初対面ですよね」

 そうあいさつされ、電話注文の男性だと気づいた。

 そしてこの時、なぜ電話だったのかの理由がわかり、体が一気に熱くなった。

ここから続き

 「今はもう、デザインも色も誰かに説明をしてもらわないとわからないけど、生地や縫製の良さは人一倍わかるんです。目が見えていた時からネクタイが好きなんです」

 そう話す男性は、両目の視力をほぼ失っていた。

 ネクタイの手触り、つけ心地を気に入って選んでくれていたのだ。

 そのことを理解した瞬間、笏本さんは天井を向いて必死に涙をこらえた。

 自分たちが信じて続けてきた「ものづくり」を認めてもらえた喜びがあふれていた。

ネクタイを気に入った理由

 阪急メンズ大阪を訪ねてきたのは、大阪府在住の鍼灸(しんきゅう)マッサージ師・板谷満夫さん(51)。

 小学4年生の時に、病気で右目の視力を失った。

 そして2016年12月、左目の網膜剝離(はくり)が判明。

 翌年に手術したが回復せず、現在は左目でぼんやり明かりを感じる程度で、ほぼ何も見えない。

 音声ソフトを活用してネットを閲覧していた時、SHAKUNONEのことを知った。

 もともと下請けだった会社が、自社ブランドを立ち上げて奮闘しているという。

 商品のこだわりにも興味を持って、まずは黒いネクタイを注文。

 仕事の得意先は高齢者が多く、葬儀に出る機会も多かったからだ。

 実際に手にしてみると縫製もよく、結びやすかった。

 何より、最後に結び目を引き上げるときに「キュッ」と音が鳴るところが気に入った。

 スーツを着る機会は少ないが、ワイシャツにネクタイというスタイルがお気に入りなので、他の色柄も欲しい。

 電話のやりとりだけでなく、実際に商品を手にしながら作っている人と話をして選びたい。

 そう思って「次にイベントの予定はありますか?」と尋ねていた。

 笏本さんに会った時は、こう伝えた。

 「感覚で信じたものだけを使いたいから選んでます。今日はどうしても作り手さんに会いたくて来ました」

 しばらく無言だった笏本さん。

 彼がどんな顔をしていたかはわからないが、喜んでいることは伝わってきた。

自分たちのできる精いっぱいで

 天井を向いて必死に涙をこらえた笏本さん。

 板谷さんの好みや用途を詳しく聞いて、しゃれたペイズリー柄のネクタイを選んだ。

 購入して帰って行く後ろ姿を見ながら、「今の気持ちを忘れちゃいけない」と思った。

 近くにあった紙とペンを取って、感じたことをメモに残した。

 後日、会社に戻って仲間に伝えると、涙を流す職人もいた。

 縫製技術に自信はあったけれど、自分たちのこだわりや良さは伝わっているのだろうか。

 そんな不安をかき消してくれた出会いだった。

 「ネット時代に電話なんて、相手の時間を奪う無駄な行為だ」

 そう言う人もいるが、効率だけでは判断できない。

 それこそネクタイだって、効率だけを考えたらなくていいものかもしれない。

 でも、ネクタイづくりも、電話対応も、自分たちのできる精いっぱいでやり続けよう。

 再び、「自分たちのやってることは間違いじゃなかった」と思える日を迎えるために。(若松真平)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント