オザケンに圧倒された国際政治学者 新宿の居酒屋談議から道開く:毎日ディジタルから引用しています。

オザケンに圧倒された国際政治学者 新宿の居酒屋談議から道開く


篠田英朗さん=本人提供拡大
篠田英朗さん=本人提供

 ロシアのウクライナ侵攻を受け、メディアで国際情勢を論じる学者を見ない日はなくなった。東京外国語大大学院教授の篠田英朗さん(53)もそんな論客の一人で、平和構築の政策では国内屈指の専門家だ。学者の道を志したきっかけを尋ねてみると、意外にも新宿での居酒屋談議にあるのだという。【聞き手・国本愛/東京社会部】

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

 小学生の頃、ロック歌手の矢沢永吉さんの自伝「成りあがり」を読んで衝撃を受けました。(広島原爆の)被爆2世ゆえの社会への強い怒りや、「大人は分かってくれない」というようなメッセージが、子どもながら胸に刺さったのです。社会的には不遇の環境で育ちながら、音楽で人生を豊かにしていく矢沢さんの姿に、自然と自分もミュージシャンになり、社会性のあるメッセージを届けたいと思うようになりました。

 中学1年でギターを始め、作詞作曲をするため、面白いと思ったこと、面白くなかったことなどを心のままに殴り書きする「自分ノート」もつけ始めました。憧れは、反戦などを歌っていた世界的ロックバンド「U2」のボーカルであるボノでした。私の父親は弁護士だったので、自宅の電話で、夜通し依頼者の悩みに応じる姿も見ていました。単なる自己表現ではなく、音楽で社会問題に取り組みたいという気持ちが大きかったのです。

 小沢さんがギターを弾くと、音の何もかもが違う。自分には才能がないんだと納得するまで約1年半かかり、高3を前にきっぱり音楽をやめました。それからは他に面白いと思えることもなく、諦めの気持ちでとにかく大学進学を目標にし、必死に勉強しました。

「一番の変人が集まる」ゼミで刺激

ちょうちんに明かりがともった東京・新宿の飲食店街を行き来する人たち=2022年3月、宮武祐希撮影拡大
ちょうちんに明かりがともった東京・新宿の飲食店街を行き来する人たち=2022年3月、宮武祐希撮影

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

 大学は、どちらかといえば関心があるという程度で、政治経済学部を選びました。音楽のように打ち込めるものがなく、大学生活は苦しかった。父を見習って司法試験の勉強をしてみたり、文章を書くのは好きな方だったので、マスコミ塾や文芸サークルに通ったりもしました。アルバイトでは、ベンチャー企業でも働き、短期を含めればさまざまなことをしました。全てピンとこなくて、長続きしませんでした。大学卒業後の人生が見えないまま、不安と焦りを常に感じていました。

 抜け出すきっかけは、大学3年の授業で政治思想のゼミに入ったことです。このゼミは政経学部では「一番の変人たちが集まるところ」と言われていました。何も目標がない自分に、同級生たちが刺激を与えてくれるかもしれないと期待して入ってみました。想像以上に面白いメンツがたくさんいました。後にさまざまな分野で学者になった者も多く、それぞれが自分が語りたいことを持っていたのです。

 ちょうど1989年で中国の天安門事件や東欧諸国の東欧革命など、当時は国際政治に大きな動きがありました。そういう世界の動き一つ一つを感情的に受け止め、毎週のように新宿の居酒屋で、ゼミ仲間と電車の始発まで夜通し語り合いました。結論が出ない議論を延々とする時間がすごく楽しかった。

 ある時、就職活動の話題になり「篠田くんは熱弁するタイプだから、物事を考察する学者が向いている」と言われ、ストンと腑(ふ)に落ちた気がしました。自分は、何かの物事を分析し、それを人に話して面白いと思ってもらうことが一番好きなので、それには学者がいいのかもしれないと気付きました。

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

現地で難民支援などのボランティアも

クルド人難民のテントが並ぶイラン・サヤリヤスの難民キャンプ=1991年6月撮影拡大
クルド人難民のテントが並ぶイラン・サヤリヤスの難民キャンプ=1991年6月撮影

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

 学者になるために大学院に進学する前、ゼミの友人がやっているのにひかれて、難民の子どもたちの勉強を助ける国内ボランティアを始めました。さらに大学卒業直前の91年1月には、湾岸戦争が勃発し、そのボランティアのつてで約2カ月間、イランのクルド人難民キャンプに派遣されました。悲惨なキャンプ生活の様子を目の当たりにしました。大学院に入ってからも、ジブチのソマリア難民支援やカンボジアのPKO(国連平和維持活動)などに参加し、平和構築を専門にする気持ちが固まっていきました。

 修士課程修了後にロンドン大で博士号を取り、99年に初めて就いた仕事が広島大平和科学研究センターの研究員でした。以来、ずっと原爆被爆地の広島には特別な縁を感じています。学者といっても、象牙の塔の住人ではなく、世界中の平和構築活動現場に行き、実際に現地や国際機関の人から話を聞くことが好きで、大切にしてきました。そこに学者としてのアイデンティティーを持っています。

 学生時代を振り返ると、音楽を諦めた17歳からの4年間は目標を見失い、苦しかった。でも、決して無駄ではありませんでした。その間、いろんなことに挑戦し、面白いと思うことや、向いていると思うことを絞り込めたからこそ、学者という天職にたどり着けたのだと思います。自分を知るには、経験値から腑に落ちることが一番です。学生時代はためらわずにいろんな経験をしてほしい。

 さまざまな場面で感じた、ちょっとした違和感や疑問、感動など心の動きを文字で記録することもおすすめします。大学でも続けていた「自分ノート」は、自身を理解するのに役立ちました。心から面白いと思えることに関わって生きられるなら、たとえ、それがうまくいかなくても、「これが自分の人生だ」と胸を張ることができます。

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

しのだ・ひであき

広島平和記念資料館(原爆資料館)で講演する篠田英朗さん=広島市中区で2019年7月13日午後2時4分、日向梓撮影拡大
広島平和記念資料館(原爆資料館)で講演する篠田英朗さん=広島市中区で2019年7月13日午後2時4分、日向梓撮影

 1968年生まれ、神奈川県出身。神奈川県立多摩高等学校卒。早稲田大学大学院政治学研究科に在学中の93年には、カンボジアでPKOに文民職員として参加した。広島大准教授などを経て、2013年から現職。平和構築の人材を輩出するために広島大に設立された広島平和構築人材育成センターの代表理事も務める。12年に「『国家主権』という思想」(勁草書房)で第34回サントリー学芸賞を受賞。

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント