ソ連兵500人超を狙撃 フィンランド伝説の「白い死に神」

ソ連兵500人超を狙撃 フィンランド伝説の「白い死に神」

2022/6/8 06:00(最終更新 6/8 12:53


3FCB2E5D-0415-41EB-9EC1-C33265C5D690.jpeg


シモ・ハユハ博物館を見学する観光客=フィンランド南東部ラウトヤルビで2022526日、篠田航一撮影


 第二次大戦中にソ連の侵攻を受けたフィンランドで、500人以上の敵兵を狙撃し、「白い死に神」と恐れられたスナイパーがいた。その名はシモ・ハユハ(ヘイヘ)。ロシアのウクライナ侵攻後、隣国フィンランドでは国防への意識が高まっており、ハユハが注目されている。伝説の狙撃手はどんな人物だったのか。現地を訪ねた。【ラウトヤルビ(フィンランド南東部)で篠田航一】


 「元々軍人ではなく、猟師を兼ねた農民で、キツネを撃つことを得意としていました。身長約155センチと小柄でしたが、大きなライフルを使いこなし、一流の狙撃手になりました」

フィンランドの英雄シモ・ハユハ

 ロシア国境からわずか4キロのフィンランド南東部ラウトヤルビ。シラカバの森の中に建つシモ・ハユハ博物館で、ガイドを務めるカリ・パルタネンさん(64)はそう話した。ウクライナ危機後、博物館には国内のみならず英国やフランスなど各国のメディアが訪れているという。


258660C4-3E32-436E-8551-CD8DEE125A6A.jpeg

 パルタネンさんの説明などによると、ハユハは1905年にラウトヤルビで生まれた。20歳前後で徴兵され、その後も農作業のかたわら射撃練習を繰り返した。他の人が休憩時に昼寝をしても、彼だけは森の中に的を作り、休みなく練習に時間を割いたという。

 ハユハの名を高めたのは、ソ連が攻め込んできた「冬戦争」(3940年)だ。気温が氷点下40度にもなる極寒の中、軍に招集されたハユハはフィンランド領コッラ地方(現ロシア領)などの森に侵攻してきたソ連兵を次々に迎え撃った。「あまりに正確な腕前で、1日に20人以上を狙撃したこともあります」とパルタネンさんは話す。

 戦時中に射殺した合計人数については諸説あるが、当時の軍の記録などから542人との説が有力で、1人による射殺人数としては世界記録とみられる。ハユハ自身は100150メートル先の敵を撃つことが多かったと戦後に語っている。

「白い死に神」と恐れられた。


ECD4E5B4-3E3B-471A-B80D-87BD65092D7F.jpeg

ソ連との「冬戦争」時、白い戦闘服に身を包んで戦ったハユハ=フィンランド南東部ラウトヤルビのシモ・ハユハ博物館提供

 強さの秘密は周到な準備にもあった。一面の雪の中、ハユハは白い戦闘服に身を包み、雪と見分けがつかないよう周囲に溶け込んだ。ソ連兵にとってはどこに敵がいるのか分からないまま、白い森の中で次々に味方が射殺されることになる。いつしか彼は「白い死に神」と呼ばれるようになった。

 さらに彼は狙撃の際、雪を口に含んだ。寒さの中で吐く息が蒸気となって立ち上れば、自分の居場所を敵に知らせてしまう。そこで雪を口に入れて、吐く息が目立たないようにした。また、狙撃地点を一度決めたら動かず、不用意な移動で敵に居場所を察知させなかった。つまり「完全に気配を消す」ことに全力を注いだのだ。小柄な体も有利に働いた。

 ハユハは戦後、多くの勲章を授かった。だが表舞台に出ることを嫌がり、再びキツネやシカを撃ち、穀物を栽培する生活に戻った。2002年に96歳で亡くなるまで生涯独身だったという。

戦争について多く語らず。


F9FC7B71-E1A7-4FAC-9EA3-263BB3E4C5E0.jpeg

生前のハユハにインタビューしたタピオ・サーレライネンさん=フィンランド・イマトラ近郊で2022526日、篠田航一撮影

口の重かった生前のハユハにインタビューをした人物がいる。元軍人で現在は大学講師を務めるタピオ・サーレライネンさん(56)だ。軍務のかたわらハユハの家に通い続け、伝記も出版した。ハユハは戦時中の顔の負傷であごの動きが不自由だったため、会話が聞き取れないことも多く、インタビュー中に撮影したビデオを何度も見直し、執筆したという。

 「なぜこれほど射撃が正確だったのか。強さの秘密を聞いたことがあります」。何度聞いても、答えはシンプルだった。「ひたすら練習する。それだけだ」。繰り返し練習する以外、物事を上達させる方法はない。特に「目先を変えず」に同じことを繰り返すのが重要と話していたという。

 ハユハの親戚で、子供の頃にハユハと会ったというタクシー運転手のペッカ・カルユネンさん(59)は「ハユハは優しいおじいさんでした」と振り返る。ただ、顔の傷は子供心に強く印象に残った。「親族の集まりにはハユハのほか、腕を切断した人などもいました。当時、大人たちに理由を聞くと『戦争のせいだ』というだけでした。誰もが戦争について多くを語りたがりませんでした」

ロシアの脅威を受ける今



50DF7CCB-896A-42C9-86E7-D87C3D66A5DF.jpeg

1927年ごろに撮影された兵役でのスキー訓練中のハユハ(左から2人目)。身長約155センチと小柄だった=フィンランド南東部ラウトヤルビのシモ・ハユハ博物館提供

 生前のハユハを知る人物は、物静かで謙虚な人柄だったと口をそろえる。集合写真ですら「自分は写らなくていい」と言うほど控えめだった。「自分の功績を他人に自慢することは一切ありませんでした。むしろ狙撃のことは話したがりませんでした」とサーレライネンさんは振り返る。

 戦争とはいえ、多くの人命を奪ったことについてどう思うか。サーレライネンさんがそう尋ねた時、ハユハは表情を変えずに答えた。「義務を果たしただけだ。それが全てだ」。そしてこう付け加えた。「他の人も皆同じように義務を果たした。それがなければ、今のフィンランドはなかった」

 ハユハを含む多くの兵士の必死の抵抗で、ソ連に領土の約1割を奪われながらも独立を守り抜いたフィンランド。長い歳月を経て再び脅威となってきたロシアを前に、フィンランドは長年の中立政策を捨て、今年5月に北大西洋条約機構(NATO)への加盟を申請した。国境近くの博物館の中でハユハの写真は「二度と起きてはいけない」(パルタネンさん)戦争の日々を物語っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント