ソ連兵500人超を狙撃 フィンランド伝説の「白い死に神」

ソ連兵500人超を狙撃 フィンランド伝説の「白い死に神」 2022/6/8 06:00(最終更新 6/8 12:53) シモ・ハユハ博物館を見学する観光客=フィンランド南東部ラウトヤルビで2022年5月26日、篠田航一撮影  第二次大戦中にソ連の侵攻を受けたフィンランドで、500人以上の敵兵を狙撃し、「白い死に神」と恐れられた…
コメント:0

続きを読むread more