旧統一教会の信者だったライターが語る 教団の実態と脱会できた理由

写真・図版
「旧統一教会(現在は世界平和統一家庭連合)の信者だった」経験を話す多田文明さん=都内


旧統一教会の信者だったライターが語る 教団の実態と脱会できた理由

有料会員記事

 街頭や電話など悪質商法の勧誘に意図的に乗り、潜入して取材を重ねるルポライター多田文明さん(57)は1987年から約10年間、旧統一教会(現在は世界平和統一家庭連合)の信者だった。脱会後に教団相手に裁判を起こしたこともある。安倍晋三元首相の銃撃事件をきっかけに、多額の献金などの問題点が指摘されている教団の当時の実態はどうだったのか。自身の経験をもとに語った。

きっかけは大学4年

 旧統一教会は80年代以降、不安をあおって高額商品を販売する「霊感商法」などが社会問題化した。2009年、関連会社が霊感商法に関わったとして社長らが逮捕された事件を受け、教団は同年、責任をもって会員を指導するとの「コンプライアンス宣言」をしたとしている。ただ、教団の問題に取り組む弁護士たちは「その後もトラブルは続いている」と指摘している。

 現在、悪質商法などの実態を体当たりで取材する多田さん。そんな仕事を始めた原点は、1996年まで教団で活動した経験だった。「人をだましてお金をむしり取る行為は許されない。まずは身の回りの悪質商法の手口を明かし、知ってもらって身を守ってもらいたい」。そんな思いが出発点だった。

ただ・ふみあき

詐欺・悪質商法に詳しいジャーナリスト。「キャッチセールス評論家」「悪質商法コラムニスト」などの肩書もある。2001~02年、潜入ルポを雑誌に連載し、05年に著書「ついていったらこうなった」を出版。同名のテレビ特番はシリーズ化され、バラエティーや情報番組などに出演している。

 信者になったのは87年、大学4年の時だった。友人からバレーボールに誘われたのがきっかけだった。その後、自己啓発の勉強を紹介され、「世界で最も読まれている本は聖書」「世界情勢も知るべきだ」「就職活動に有利になる」などと言われ、納得してしまった。聖書の勉強と思わされたままビデオを見せられ、カウンセリングを受けながら、少しずつ教義を刷り込まれた。

 「この世の人たちはすべて堕落人間で、『神の子』にならないと地獄へ落ちるという恐怖心を教え込まれた」

 その正体が「統一教会」と聞かされても、もはや拒むことを考えられない心理状況になっていたという。その後、泊まりがけの合宿に参加して、信者への道を歩み出した。

研修で講師役に

 信者になってから睡眠時間を削って精を出したのが街頭での勧誘活動だった。

 人通りの多い駅前などで「姓名判断をしてみませんか」との誘い文句で声をかけ、部屋の一室で待機している占師役の信者まで誘導する。時には、指示役の信者から「『もっとお金のある人を連れてきなさいよ』と怒られることもあった」と振り返る。

記事の後半では、多田さんが脱会したきっかけや問題の根深さについて語ります。

ここから続き

 大学卒業後は企業に就職したが、給料で着物や印鑑、絵画を購入し、さらに多額のローンを組んだ。その後に退職して全財産をささげて「献身」し、やがて研修の講師役になった。

 「研修のなかで、この組織が『統一教会です』と明かす役だったが、それでやめる人はほぼほぼいなかった。悪評がはびこっていたのに、この勧誘システムはすごいなと改めて思った」

 脱会のきっかけは家族だった。伝道活動の一環で故郷の仙台に帰った際、家族や親族らが気にかけて話し合う機会を作ってくれた。多田さんは講師役にまでなったことで、これまで教団に反対していた親族たちを説得し勧誘できると思っていた。

 ところが、両親や妹、親族たちは、霊感商法で人をだますなどの違法行為を繰り返すことで、他の誰かを苦しめているのではないかと心配していた。

 「教義を信じれば、家族や親族が天国に入り、幸せになると教えられたはずなのに現実は全く違った。教義の矛盾に気づいた」

 多田さんは信者だった頃の92年、元五輪選手や元歌手が参加して有名になった合同結婚式に前日に初めて会ったばかりの人と出席した。教祖の決めた結婚相手を拒むと地獄にいくと思いこまされていたため、受け入れざるを得なかった。

率先して元信者を語るわけ

 脱会後の99年、実態を隠した勧誘で入信させられて、精神的な苦痛を受けたなどとして、原告の1人として実名を公表し、損害賠償請求訴訟を起こした。一、二審とも「合同結婚式への参加を強要させることは、婚姻の自由を侵害しており違法」と認定して勝訴。最高裁も04年2月、教団側の上告を棄却した。

 それ以来、率先して信者だったことを表に出すことはなかったが、今回の事件を機に改めて語るようにした。

 「統一教会の教えを信じた母親がきっかけで家庭崩壊が起こり、殺人事件まで起きてしまったとされています。多額の献金や霊感商法などの問題がいまだに存在することが明らかになった。元信者たちが声を上げやすい環境を作らないと、問題は解決しない」。そんな思いからだったという。

 信者だった時期は、容疑者の母親が入信した時期と一部重なる。教団との間に親族が問題を抱えて悩んでいたら、どう対処すればいいか。

 「そう簡単に脱会できるものではないし、無理やり引き離せば逆効果になる。私の場合もそうだった」と振り返る。信者になった当初、強引に実家に連れ戻されたが、反発心しか生じず、やめることはなかったという。

 「(親族は)被害者弁護団や家族の会に相談したり、脱会した人たちから話を聞いたりして、本人がどのような状況に置かれているのかをまず理解することが何より必要。そのうえで、教団と距離を置いて話し合いを持つよう本人に納得してもらう。旧統一教会の問題はよく家族の問題とも言われる。本人と粘り強く本音で語れるような関係性を築くよう努めてほしい」と強調する。

 今回の事件に絡み、「信者の家族や親族は愛情が深いほど教団側への憎悪が増し、暴走した行動に出てしまうことがある。今回も母親が教団にのめりこんだ時に、容疑者が誰かに相談できるような社会の受け皿があれば、違った道が見えていたのではないか」と話している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント