テーマ:ニート

ニート、引きこもりからの脱出?

ニート、引きこもりからの脱出はあり得るか?このブログを訪問されている多くの方の中には、ニート、引きこもりの方々がおられるかも知れない。私は、これらの方々を非難し、否定するものでは絶対に無い。実際、関係者の一人なんだから。そして、彼らに対してどのような政策が実施され、彼らをヘルプするようなセーフテーネットの施策が取られようとしているのか、…
トラックバック:6
コメント:14

続きを読むread more

格差社会:月5万円を稼ぐとは?

収入格差が増大し、非正規雇用が増大している格差社会が言われている。20歳代で月収5万円以下~15万円以下の合計が20%を超えている現実が報道されている。これが、朝日新聞の2006年8月8日の夕刊に掲載された記事である。労働経済白書からの記事であるので、それほど間違った数字ではないのだろう。詳細に見ると、1992年から10年間の間に、20…
トラックバック:4
コメント:14

続きを読むread more

高所得者層、法人を厚遇する施策から、「社会・会社から疎外される若年者層」に対する施策を!!

私のブログの最近の目的の一つを記載しよう。低所得者層、個人を犠牲にし、高所得者層、法人に対する減税措置を推進している、コイズミ・奥田路線は、若年者層を社会・会社から疎外している。と言うことを言いたい。[原記事は、2006年6月19日に掲載したものです] 三菱UFJの当期利益が1兆円1,800億円だ!!庶民の金融資産を銀行に自動的に…
トラックバック:6
コメント:17

続きを読むread more

両親後、◯◯の「引き▽▽▽」の事件はどうなんです?

1つ前のブログで記載しようとしていたのですが、芹沢氏一派の非常識なコメントやら、その扱いに少々、不愉快なものを感じてそちらを優先してしまった。だから、本来のものが書けなかったわけ。 本来のものは、たまたま、今日(2006年5月31日)の朝日新聞の夕刊に掲載されていた事件が3件あり、いずれも、悲惨な事件であり、多くの人を苦悩させる事…
トラックバック:3
コメント:44

続きを読むread more

あなたに訴える私のブログの本当の意味

stiglitzさん、コメントありがとう。 ニート家族の話このブログで、ニート家族について書いてあることは、全くの架空の話です。ニート、フリーターが大量発生し、種々な事件が起こり、親殺し、子殺しなどが起こり、アイ・メンタルクリニックのような事件が発生しています。それは事実でしょう。それを前提として、架空の状況で記述しています。 …
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ただ待つだけ、と安易に言って欲しくない。「ただ待つだけ」の現実を知って欲しい!!

一つ前のブログにも記載しているが、その部分だけ取り出し、再録する。 斎藤環氏に問いたい? あなたは、「待つ」以外に何を与えられるのか?Asahi.comの記事にもあるが、斎藤氏は次のように言う。▽適切な知識なく受け入れ《「社会的ひきこもり」の著者で精神科医の斎藤環さんの話》 事件は、引きこもりに関する適切な知識やまっとうな方法論を…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

暴力ニートに対応する?--「斎藤環(たまき)氏」はどうする?

種々な論議のある「戸塚ヨットスクール」の元校長、「戸塚宏氏」が、刑務所を出た。Nikkei Netの記事を拾う。戸塚校長「体罰は教育」と持論展開・刑期終え出所 訓練生2人が死亡するなどした戸塚ヨットスクール事件で、傷害致死罪などが確定し、静岡刑務所(静岡市)で服役していた同スクールの戸塚宏校長(65)が2006年4月29日、刑期を終えて…
トラックバック:3
コメント:42

続きを読むread more

下流社会と、社会の二階層化。Mクラブと斎藤環(たまき)氏

私は「下流社会」と言う本の題名だけ見て、日本人全てが「中流意識」を持っていた時代から変わって、「下流意識」を持つようになった社会のことをいっているのかと思っていました。それで、他の人のブログを読んで、納得していました。また、多くの方が、ビーケーワンのサイトでコメントされているので、この書籍に関する直接のコメントは致しません。ただ、私は、…
トラックバック:6
コメント:14

続きを読むread more

ニートはそのまま放置されるだろう

社会の壁10である。 色々悶着を起したくないので、最初に私についての紹介をしておくと、私の著作をアマゾンで検索して、著者概要で紹介されている。私は、医師ではないし、社会科学者でもない。単に、すでに年金生活に入った「エンジニア」である。しかし、最近は、社会科学の方面に関心を持たざるをえない状況にあり、このような文章を掲載している。 …
トラックバック:2
コメント:20

続きを読むread more

「「意欲」低下への不安視傾向」について

「「意欲」低下への不安視傾向」について 初めまして。ニートに関して、「社会の壁」という題で、連載を試みております。一度お越し下さい。このサイトは、ほとんどがこの関係ですが、特にこのブログより以前です。 失礼いたします。 最後までおつき合いいただきありがとうございます。 ↓お手間でもクリックをお願いします。 管理者の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

居心地の良いニート生活

社会の壁・生理的な壁9 まず最初に、このブログの題は「反語」ですので、誤解の無いようにお願いいたします。「居心地が良いの?ニート生活って?」という意味です。 このサイトを訪問される人に、ニート生活を経験した人がおられるだろうか? もしおられたら、失礼をお許し頂きたい。しかし、ニートの人が関係者(家族、教え子、会社の人、友人など)…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

社会の壁・生理的な壁-続8

あなた自身の問題なんだ このように、生理的な壁を分析してくると、あなたは、社会で良くある「いじめ」と同様に、社会的な「嫌なヤツ」との対決が必要と考えていたが、実際は、あなた自身の内部の「嫌なヤツ」との対決が必要だと言うことを認識するだろう。あなたは、初めてそのようなことを言われたのではないだろうか?<うじうじと、外の嫌なヤツが自分をい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

社会の壁・生理的な壁-続7

生理的な壁:あなただけの問題ではないこの生理的な壁は他人には非常に分かりにくい。多分、精神分析医くらいの洞察力、推察力、経験などを持っていないと、分からないのではないだろうか。今、社会的な問題になっている「社会的引き篭もり」「ニート」「フリーター」などは、何が原因だろうか? これがどれほどの影響を与えているか? あなたは考えたことがある…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

社会の壁・生理的な壁6

社会の壁・生理的な壁6 表示の仕方を変えた。今までは、全部の題である「社会の壁・会社の壁」としていたが、各記事を判別するために副題が必要になり、それを付けた。そのため、連番は続きの番号を取るが、表題は表記のようになった。 壁の種類・再考 すでに述べていることだが、壁の種類を再考してみよう。 物理的な壁入場者数が限られている場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会の壁・思索と行動の壁5

思索と行動の壁今日は、主題とちょっと離れた話を書きたい。多分、出版時には編集をして、別の章建てになるのだろうが。 行動が起こせない。その前に、思索が進まない。誰でも良くあることなんだが、「頭の中のぐるぐる周り」をして、中々結論が出ないし、行動も起こせない。私のサイト「時間の有効利用」でも記載しているから、参考にして欲しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会の壁・トラウマの壁4

「PTSD、トラウマ」が原因か?若者の中には、何もやる気がしない、何も手に付かない、と訴え、本当に何もしないで、ゲームにひなが一日中専念している人がいるようだ。彼らは自分達を「ヒッキー」 「ぷー太郎」と自嘲的に呼ぶ。そして、ゲーマーであるし、それで「萌える」のだそうだ。その原因に、以前の失敗がPTSDとして、心に影を落としている事もある…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more

社会の壁・心理的な壁3

心理的な壁さて、社会の壁の2つめの「心理的な壁」に付いて考えてみよう。 多くの青年がぶち当たっているのがこの「心理的な壁」である。これを乗り越えられないために、就職活動(就活)が始められなくなっている。そして、その理由の現われ方として色々ある。 目的が見つからないやりたいことが分からない就職試験を受けるのが怖いエントリーシートをどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会の壁・物理的な壁2

社会の壁どんな社会の壁があるのだろうか?壁に突き当たったことの無い人には想像もつかないだろう。たとえば、就職試験で、100社を受験し、全て不合格通知を受け取ったとしたら、貴方はどう思う。一度このような壁に突き当たると、残念ながら、敗者復活と言うことは簡単ではない。そのようなことが社会の壁である。少し考えを進めよう。 壁の種類つまら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会の壁・会社の壁1

養老孟司(たけし)先生が先べんを切った、「壁」シリーズが好評のようだ。はばかりながら、私の著作である「SEの35歳の壁~その乗り越え方」の題目も壁シリーズに倣った(ならった)。 ここで書こうとしているのは、養老先生の記述にも無い、私の以前の著作で記述しようとしたことを、再度明確化する意味で、「社会の壁・会社の壁」についてのみ記述する。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more