テーマ:犯罪

池袋暴走事故で書類送検、勲章はどうなる? 剥奪される可能性も!(前田恒彦)Yahooニュースより引用!

池袋暴走事故で書類送検、勲章はどうなる? 剥奪される可能性も!(前田恒彦)Yahooニュースより引用! 前田恒彦  | 元特捜部主任検事 11/13(水) 15:01 勲章の剥奪は? では、一度授与された勲章は、その後の行状いかんを問わず、剥奪されないのか。 この点については、明治時代に制定された「勲章褫奪令(くんしょうちだつれい)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今黙っているのは、ひきょう者であろう!!

以前の安倍NDと同じ呼称でよかろう 当方、目が見えにくくなり、この画面での編集は厳しいが、馬鹿を言っちゃいけないよ。 安倍に年寄りを殺させようとしているのか知らないが、安倍が国会で騒動を引き起こしている間に、飛んでもはっぷんな事件が多く起きているね。 東日本大震災と、福島第一原子炉の被災またまた、東日本常総市での、鬼怒川の決壊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殺しのプロでもここまでひどいことは出来ない!

プロでもここまでひどいことは出来ない! この渋谷の歯科医宅の事件は、その後も報道が続いている。私自身、このような残忍な、残酷な事件は、見たことが無い。私は、確かに映画や小説でこのような犯罪物を好んで見ているし、読んでいるが、こんなに残忍で残酷、冷酷な事件はほとんど類を見ない。 ちょっと考えてみよう。人間がこれほどの状況になれると…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

米何を言う?フセイン処刑の手順と時期に問題あり?

米何を言う?フセイン処刑の手順と時期に問題あり? すでに、私のブログ「フセイン処刑に不快感を示す:国への貢献の仕方:パロディーです。:作成日時 : 2006/12/31 23:01」の中で、「不愉快な、イラク元大統領フセイン氏の処刑」の項でも書いている通り、イラクのマリキ首相が、CIAの工作員であり、今時のフセイン処刑は、明らかに米国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年の非行についての、すごい記事を見た

ある、弁護士のブログです。私もかねがね思っていたのですが、以前、芹沢氏と、安原氏にこっぴどくやられたので、この話題は避けていたのですが。本職の方に言われると、納得です。ということで、ご紹介させてください。ぐうたら法律事務所さんです。改行などは、短めにさせていただいています。短い記事ですので、ほとんど全文の引用となります。大量のコメントが…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

「尊属殺人の急増」の記事:芹沢一也氏に読ませたい!!

2006年8月30日のAsahi.comが報じる。少年による両親殺害が急増 未遂含め、昨年は17件2006年08月30日00時51分 警察庁によると、主犯が少年の刑事事件のうち、少年の実父母が被害者になった殺人・殺人未遂事件は96~04年は3~10件で推移していたが、昨年1年間は17件と目立って増えた。  2006年に入ってからも…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

某国オカル「◯X」△▽、国際手配!!

某国オカル△▽「◯X」で、日本人2000奥人が・・・・そうです、民家教会に属していたと言われる教人が、別のオカル教団を立ち上げ、また、夫団暴行(生的爆行)を繰り返している様子。怖いです。こんなオカル教団に組み込まれないようにご注意ください。どこまでもどこまでも沈み込まないように。しかし、2,000万犬と言われる日本での信力の大部分は、之…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ちょっと異常、熱い新潟・大阪の夏の陣!!

余りに残酷な事件が多すぎる今日この頃、一体何が起こっているのか?社会科学の専門家はどう説くのだろうか?? 凶悪事件は増加していないと説くのだろうか? 兄弟、親子の間であれば、凶悪事件でも、凶悪事件とは言わないのだろうか? それにしても、この暑い夏の陣は、我々の心を冷ややかに、冷酷に迫ってくる。この30歳前後の、無職の男性軍は、一体どうな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日銀総裁の何がいけないの?

福井日銀総裁の件ですが、私は、日本の政官界、産業界(経団連)のレベルに失望し、落胆しておりました。また、私の当該事件に対するブログへ、本職の弁護士らしき人が匿名(ペンネーム:teck)で、意味不明の書き込みをされています。まあ、私自身は、もっと長引いて、福井氏周辺のごみ、泥、暗黒界の内情がどんどんあぶり出される方がいいなあーと思っており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小泉の米国遊覧の旅と靖国の関係(旧題:自民党の自由のレベルと、米国からの信号を理解する)

あは、あは、あっはっは!!自由民主党の自由度は、下記の通り。 もう、こうなると、笑い飛ばす以外方法は無し!!! あっはっはっは!!![警告:私の気が違っているわけではありません。] これも公人が絡むから、コメントが入る可能性があるが、とにかく、記事を掲載するだけだから文句はあるまい。2006年6月28日、朝日新聞からの引用で…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

両親後、◯◯の「引き▽▽▽」の事件はどうなんです?

1つ前のブログで記載しようとしていたのですが、芹沢氏一派の非常識なコメントやら、その扱いに少々、不愉快なものを感じてそちらを優先してしまった。だから、本来のものが書けなかったわけ。 本来のものは、たまたま、今日(2006年5月31日)の朝日新聞の夕刊に掲載されていた事件が3件あり、いずれも、悲惨な事件であり、多くの人を苦悩させる事…
トラックバック:3
コメント:44

続きを読むread more

「下らぬ、悪意あるコメント」の制限、馬鹿ちんが!!

あはあは!!たったこれぽっちの情報を公開しただけで、この種のコメントがゼロになりました。あはあは!!バカチンガ!!全てあなたの、やっていることはばれている。”KR”って何でしょうね?なぞなぞ遊びをしましょう。アンニョンハシムニカ!! カムサムニダ!、ですか?「馬鹿ちんが!」シリーズ第2弾!! それにしても、馬鹿じゃないだろうか?一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐ろしい共謀罪法が迫る!!

ちょっと、ニート関連でよそ見をしている間に、下記の記事を見損なっていました。NHKのニュースや、「村上ファンド捜査など」の目隠し戦術に騙されないように。Nikkei Netからの引用です。共謀罪で与党が民主案を丸のみ、今国会成立の可能性も 与党は2006年6月1日、衆院法務委員会の理事会で、犯罪を謀議しただけで処罰できる「共謀罪」を創設…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

ホラーハウスの生活って?

芹沢一也さんの、「ホラーハウス社会」、法を犯した「少年」と「異常者」たち、の書評を別のブログに掲載して以来、ご本人および、編集者らしい「安原」氏からのコメントの猛襲を受けたり、また、芹沢氏のブログにコメントを載せたり、TBを載せたりしていたら、いつの間にかに削除されたり、「安原氏」から、ほとんどからかいの表現でのコメントを、芹沢氏のブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼らは、社会統計を重要視していないのだろうか?

私が、すでに、統計学の初歩のことをこのブログ「統計について、何か間違っていないか?」に掲載している事は、ご存知でしょう。それは、アマゾンなどのカスタマーレビューで、あまりに単純かつ、率直な意見をそのまま自分で信じて、それを自分のカスタマーレビューに掲載している人がいるので、ちょっと注意を喚起する意味で、私の今までの経験を掲載したのです。…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

統計について、何か間違っていないか?

最近、いくつかの正書が、アマゾンなんかのカスタマーレビューで「統計量の取り扱いがひどい」などと言うような、非常に素人的な考えで、同じグループに属しているような人たちから、連続して非難されている。統計量ほど難しいものは無いと思っている筆者にとって、たとえば私のブログでも論評している著作の一つである芹沢一也氏の著作「ホラーハウス社会」などで…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

魚は捌くが,..これはちょっと(妹殺害切断)

魚は捌くが,..これはちょっと(妹殺害切断) 私には理解できない。桐生夏生の「アウト」で、夫を殺害し、パート仲間と切断する話が出てくるが、実にリアルな記述である。 また、私自身、魚を捌く。そして、それは一種の恐怖であるが、料理のための前準備である。 しかし、同居者のいる家でこのような事が起こりえないと思うのだが。一体どうな…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

統失と精神的に不安定の区別もつかぬ精神科医は仕事を辞めよ

糖質(統失の2ちゃんねる用語)と精神的に不安定の区別もつかない精神科医は、社会に害悪を流すだけ まあ、今回の会津若松の事件については、種々報道されているから、その事件そのものについては、私自身報道するつもりはない。 しかし、シリーズで医事関係者に対する不信感を強烈に表明する記事を掲載している、その一環として、この記事を掲載したい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more