テーマ:景気

完全失業率の欺瞞、余りに馬鹿馬鹿しい!

完全失業率の欺瞞:自公連携内閣はどうしようもない状況なのだが 一体全体、現在の日本を覆う不閉塞感(ジョーク)は何だ?この40日もの政治的空白は何だ? 社会的には、失業率が高率になり、03年6月来の最高値に達しているという。これは、私がいつも記載している「完全失業率の欺瞞、2008/12/06 23:49」で隠し隠しして、やっとこの値…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

景気は昨年11月から後退期だそうだ。

景気動向指数が後退期を示しているらしい 2008年12月29日の記事によれば、総務省の管轄である「景気動向指数」を認定する機関である、「景気動向指数研究会:座長吉川洋東大大学院教授」が来月(2009年1月になりますね)の29日に開催する研究会で、戦後最長の景気拡大が途切れ、昨年11月に景気後退局面が始まったと認定する予定だそうだ。一体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよREITの破産が始まった

いよいよREITの破産が始まった 実物経済を持たず、金融資産だけに頼り、顧客からの金もこちらの金融資産に移動させ、不動産も所持せず、負債だけで生きているREITに取り付け騒ぎが起こると、破産するのは目に見えていること。 この、危険きわまりない世の中で、REITに投資するだけの余裕のある人が投資をしているんだろうから、別に、会社が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

甘い景気判断、大丈夫か、日銀!!

景気のお目付け役の日銀の景気判断が、「停滞」で据置。 おいおい、甘すぎるぞ!!この不景気に、景気判断を「停滞」の前回と同じ判断にするには。後何年かかるんだ。この不景気が回復するのが。それにも関わらず、馬鹿日銀が、「不景気・落ち込み」などときちんとした判断を出さないと。 2008年10月8日のNikkei Netからの引用です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには、社長も正直に

社長とは、めったに弱音を吐かないものなのだが。 私の今まで書いてきたブログやサイトでは、「社長は自分の首が懸かっているので、今はたまたま悪いが、4半期後ないし、2半期後には好転する」と、言うものと定義している。なぜなら、これは株主対策である。今[業績が]悪いと言う事実は変わらないけど、これは、前の社長の責任だ、外的要因だ、米国の黒舟騒…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麻生か「あっそうか!」最良の候補者とはいえないが

麻生か、あ、そうか!最良の候補者とはいえないが ちょうど去年の9月に「最良の候補者とは言えないが、まあ、良いんじゃないか!」作成日時 : 2007/09/16 23:59なんて記事を掲載したが、今回はまさにタイトルに記載したとおり「麻生か、あ、そうか!」でした。何の感慨も沸かず、何の感激も得られず、いわんや、何の感情も揺さぶられない、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

設備投資の判断を下方修正したのは当然!

設備投資の判断を下方修正したのは当然! 2008年9月19日のNikkei Netからの引用であるが、総務省が設備投資の判断を下方修正したことは至極当り前。マクロ経済を知っている人間なら、需要と供給の関係は分かっている筈。その需要が黙り込んでいる状況で、供給をいくら頑張っても、不良資産になるだけで、設備投資に対する減税処置をいくら打ち…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

天変地異ですね、自民党にとっては!!

総裁選を民主の代表選挙にぶつけたが、それまでよ。 自民の知恵ってのはそれまで。精々見える範囲まで。三笠フーズも見えていたんじゃないの?サブプライム問題の影響だって、東大出のバカノリスト(少々レベルの低いアナリストのこと)の想定ではないが、FRBだって予測していたんじゃないの。シティやメリルリンチの合併、おまけに、リーマンをぶっ潰し、A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不動産のことーその2と、GDPマイナス成長のこと。

どんどん潰れる不動産の販売会社 どれほど潰れたか知らないが、横浜の中堅不動産販売会社で、例の「みなとみらい」地区のクィーンズスクエアに入居していた数社が潰れたと言う話を聞く。 どんどん潰れているんだろうね。買う人がいないんだから。金融のために買っても、それを今度は売る時が困る、ということは、不動産は相当流通度が下っていると言うこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

景気が悪くなるのも当然。隠微な隠蔽体質の日本と企業。

景気が悪くなるのは当然だ 国民の大多数を占める不富裕層である庶民に対する労働分配率を上げないで、法人だけが利潤を上げ、それを富裕層である株主、海外投資家に分配しているから、庶民の消費余裕(消費支出)は低下する。そうすると、企業は設備投資を行って、製造に精を出しても、新製品を開発しても売れないものは売れない。 ついこの間だったと思…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

これでも景気が回復していると言うの?統計の誤用ですよ。

統計の誤用が目立つ、景気回復基調のニュース!! いやはや、暫く黙っていたが、Nikkei BPさんの記事には、連続して驚いている。 まずは、2007年3月12日の記事:こちらから。 2月の消費者態度指数、2カ月連続改善 内閣府が2007年3月12日発表した2月の消費動向調査によると、消費者心理を示す消費者態度指数(一般世帯、原…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

景気悪化が静かにしのびよる。

あなたの足元から景気の悪化が静かに忍び寄ってきます 企業が史上最高益を上げ、政府が、これを声高に歌い上げようとも、企業の利益を労働者である、働く機械に還元しないと、子供を産む機械である女も、それを支える、働く機械も動かなくなります。そして、消費に向かって使う金がないから、生きるのだけが精いっぱい。それを示すのが、今日(2007年2月9…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

マスゴミはごみをまき散らさないでください:消費者物価指数が100.1になったからと言って。

[元の原稿は2007/01/28 01:26作成でした。2007年2月1日、午前2時に朝日の新聞記事を追加しました。間違いなく、原油価格により消費者物価指数を0.38%上昇させると書かれてありました。] マスゴミはごみをまき散らさないでください:消費者物価指数が100.1になったからと言って。 本当に、マスゴミはあまりごみをまき…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

大企業の収益は過去最大でも個人の消費支出は大幅減少

大企業の収益は過去最大でも個人の消費支出は大幅減少 これが正しいのだ。先日のブログ「大企業だけ景気が良くても中小企業は景気が悪い!!」作成日時 : 2006/10/27 00:19 で、述べたことだが、GDPを引っ張る個人消費が伸びていないことが統計データーから明白になっている。だから、景気回復などは、坊主の念仏以上に価値のない宣言だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大企業だけ景気が良くても中小企業は景気が悪い!!

大企業だけ景気が良くても中小企業は景気が悪い!! 大企業だけが景気が良くても、企業数のほぼ99.7%以上を占める中小企業(中小企業白書による)は、景気が悪い。だから、ほんのわずかの大企業に勤めておられる方々は、冬のボーナスも高額であろうが、中小企業に勤めている方々はそうは問屋がおろさないというのが現状だ。 2006年10月26日…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

景気回復を喧伝するのは勝手だが、

2006年6月7日追記: いつも景気指数の粉飾を問題だと言ってきているが、知らない内に、3月の景気一致指数が、速報値レベルでは「11.1%」であったのが、修正値で「10.0%」に下方修正されている。これなどは、速報値を出すな!!と言うことです。修正値賭して、全部のデータが揃うまで舞った方が良いと言いたい。Nikkei Netから、修正…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more