ホラーハウスの生活って?

芹沢一也さんの、「ホラーハウス社会」、法を犯した「少年」と「異常者」たち、の書評を別のブログに掲載して以来、ご本人および、編集者らしい「安原」氏からのコメントの猛襲を受けたり、また、芹沢氏のブログにコメントを載せたり、TBを載せたりしていたら、いつの間にかに削除されたり、「安原氏」から、ほとんどからかいの表現でのコメントを、芹沢氏のブログのコメントに書き込まれたり、侮辱するような表現でのコメントが掲載されました。何と言う人なんでしょうね?実に不思議です。れっきとした出版社の編集者ともあろう方が、このような、侮蔑(ぶべつ)的な言葉をコメント欄に記載し、それを、今は消されているようです。(出したり、消したりしているようだから、詳細は不明です。その時点時点でご覧ください。私の方では、記録しておりますが。)

画像


↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

その記録をこちらに載せておきましょう。芹沢氏がかんでいるかどうか不明ですが、少なくとも彼のブログであるし、コメントを消す消さないは彼の権限でしょうから、彼の命令の元で進んでいるのでしょう。公人に近い、著名な書物の著者がこのような、赤の他人を侮辱するような姿勢はいかにも理解できないことです。論陣を張るのは結構でしょう。私は、「ゲーム脳を信じているわけではないし、ニートが直接犯罪に結びつかないこと」を願っている人間です。しかし、現実に起こっていることを見るとその恐れなきにしもあらず、とも思っているのですが。

まあ、過去のことはどうでもいいのですが、彼らが自分のブログで好ましくないコメント、TBをどのように扱ってきたかを証明するような過去の記録を掲載しておきましょう。私がどこかに書いたように、彼らは「自分たちの仲間の間だけで通じる言葉で作っている仲良しクラブ」ですから、あまり、関係のない人は近寄らない方が健全です。コメントの記録
画像
と、TBの記録
画像
です。現在、私(Caro Ideale)に関する5月27日以前のコメント、TBはすべて消去されています。なお、芹沢氏のブログはこちらです。

あまりにつまらない記事を掲載していて、気分が悪くなったので、今日掲載する予定の記事は、明日にでも掲載しましょう。あまりにばからしいやり取りを見ていると、学者、「思想史」の専門家って何だろう? 社会科学的なバックグランドは必要がないのだろうか?

最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック