欺瞞に満ちる日経平均株価グラフ!!

日経平均株価について、今までの記事をフォロー

私は、日経平均の株価指数の動きをグラフで見ていると、ほんとうに旨く作ってあるな~と感心してしまう。一番最近の2006年9月8日の記事では、NYDJ(ダウ平均)と、日経平均が同時進行しているようなグラフがあり、その時の記事は次のような記事:「NY DJをなぞる、日経平均 作成日時 : 2006/09/08 12:40」であった。その時のグラフは、下で示すように、本当に、日米の株価が同時進行している相似形を示していた。

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

2006年9月8日のグラフ

確かに、2006月から、9月8日頃までは、幸せそうに、日米株価が寄り添っていました。

画像


2006年9月22日までのグラフを合成

2006年9月8日から今日(9月24日)まで、1ヶ月も経過していないけど、2006年9月22日の日経平均の日足のグラフを紹介しよう。

画像


これでは、私が何を言おうとしているのか良く分からないだろうから、少し前のグラフと合成してみると、良く分かるだろう。

2006年6月から9月22日までのグラフ(合成)



画像

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

何が違うか、読者に推定してもらおうと思います。[要するに、安倍NDアカンボウがいよいよ自民党総裁に選出される時期に、日経平均が下落していると言うことを示しています。今まで、NY DJニューヨークダウと同時進行していたように見えるが、また、9月22日に示されたグラフを見るだけでは、以前として同時進行しているように見えるが、実際は、それ以前のグラフと比較すると、格差が出来つつあることがお分かりでしょう。株価は生き物ですから、9月25日(月曜日)になるとどうなるか知れませんが。]

2006年の中でも、株価はこんなに変動しています

これらの値は、全て公開されたデータを加工しただけです。3ヶ月間の日足を日々追っかけていただけでは、何も分かりません。よほど、それに精通し、私と同様の作業をしている人以外は。ちょっと、時間がかかったが、グラフを示しましょう。

2006年3月から現在までの株価動向

2006年3月から現在までの株価動向を、日足データを元に、6ヶ月に亘ってグラフ化しました。縦軸を固定しています。良~くご覧下さいよ!!

画像

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

と言うことで、日経平均株価は、17,500円を超えていた時期もあるが、どんどん下落し、NYダウは、徐々にではあるが上昇している。そして、日経平均のグラフとクロスし、日米の価格変動が同期した日々を経過し、安倍NDアカンボウが日本の首相になりそうだと言うことで、[株式関係者が落胆したのか、外資が引上げをしはじめたのか知りませんが]日本の株価は下落し、米国の株価は上昇していることがお分かりでしょう。

日経さんは、この2006年6月の時点で、3月から6月までのグラフをどのように表示しているか?

これからやっと、日経さんの欺瞞に満ちたグラフを紹介するわけです。一生懸命、日米同盟を前面に押し出すべく、3ヶ月間の日足データの一致を見せるため、縦軸の値を頻繁に変更します。このようなグラフになります。

画像


株価は、景気の動向、景気の先行き、社会情勢の先行きを示す指標です

株価は、いくらPKO(Price Keeping Operation:価格操作介入)を行っても、額が大きいから、少々のことでは市場の動きを制限することは出来ません。いくつかの要因を探ってみましょう。
  1. 一番大きいのは、企業の発表する決算、景気動向
  2. 企業の「決算報告」「四半期毎の収益報告」「景気動向指数」「GDP速報」などの、実績ベースの値です。これがよろしければ、株価は後追いながら上昇します。ついで、
  3. 海外の景気動向でしょう
  4. 日本の新聞で一番大きい要素として取り上げられるのが、米国の市況と米国の株式市況です。これに連動していると言うか、米国で損を出したら、それを補うため、日本への投資を解約するので、日本の株式が連動して上下動を行う、と言う解説が多いです。
  5. アジアの景気
  6. 香港、シンガポールの先物相場の影響が大きいようです。日本が大国だと言う幻想は、ここでも崩れており、アジアの市場に影響されることが多いと言う解説が多いです。
  7. 社会情勢の影響
  8. 不安定な政治体制、政局など
  9. 政情が不安定だと株価は下落する。
  10. 極地戦争が始まると、株式は「買い」と言うのは昔からの言い伝えですね。
  11. 海外機関投資家の動向
  12. 海外の機関投資は大きい影響を与えます。こわいですね。
  13. 企業の倒産、雇用統計、住宅販売実績、就職率、土地の公示価格、景気動向指数、一般消費支出の悪化など
  14. これらは株価に大きい影響を与えます。
  15. デイトレーダーの影響
  16. 彼らがどの程度の影響を持っているのでしょうね。一日平均をすると、ゼロになるのでは。損切りがあり得るので、急激な下落が起こると、株価はそれに共鳴するような動きをしますね。ポジティブアンプみたいなものです。こんなオーディオは欲しくも無い。

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

マスゴミに騙されてはいけない。自分のことは自分で守ろう

上のグラフを見ていただくだけでお分かりでしょう。「自分はそのようには思っていなかった。なぜ、小林は日本の株価が下落していると言っているのか不思議だった」と思うでしょう。しかし、上のグラフをご覧下さい。そのようになっているではありませんか。もちろん、それ以外の、経済指標を比較しなければ、何を知ろうとしているかによりますが、事実は、公開情報だけでも、役立ちます。与えられただけをそのままうのみするだけでは駄目なのです。記憶が短期記憶で、人の噂は49日と言われるように、短期記憶だけでは駄目なのです。きちんと記録を取り、ニュースだって、新聞を切り取って整理をしないと駄目なのです。連続した情報を統一的に処理してはじめて事実関係が明確になります。

また、日米株価の進行比較のブログは2006年6月17日に記載したが、今見直すと、多くのグラフを並べ立てただけで、余り分かりやすいグラフではなかったから、筆者の言わんとすることが伝わらなかったと思う。

↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

2000年頃の日米株価比較

ということで、2000年5月12日の、日足を元にした、3ヶ月の動きを示しましょう。何と、ドルの右の軸の値は同じですが、円の左の軸は、20,000円まで行っていたのですね。今はこれが、15,000円程度です。
画像


これ以降の記事については、2006年6月17日に記載した日米株価の進行比較のブログをご覧下さい。時間の制約があり、中途半端な記事になっておりますが、言いたいことは、自分の金は自分で守る、他人の言うことを、また、マスゴミの言うこと、書いてあることをそのまま信用しないと言う、慎重さが必要です。その他の経済指標、GDPなどの指標に関しても同様です。日本の統計データは、外国には信頼されていません。ほとんどメーク(作り物)と言う評価です。昔のソ連邦と同様、作り物の指標です。ですから、世論(せろん)調査も余りそのまま信用しないように。私は、統計調査ではかなりの時間を使って仕事をしてきました。すでにご紹介した通り、白を黒、黒を白と言うことは簡単なことなんです。それをやって、人民の情報操作をしているのが、例の「〇〇」総務省大臣です。その人は、コイズミの傭兵でしたから、コイズミが去るのと同時にさようならをします。結構なことです。田氏に儲けさせてもらった資産があるから大丈夫。

最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

画像
←クリック一つで救える命があります

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

2006年10月01日 21:49
stiglitzさん、ご無沙汰です。お元気ですか?
ちょっと、記事が滞り、ご返事も滞っており、すみません。いろいろのことがあり、大変です。株価などどうでもいいのですが、あまりに日本のメディアが米国の情報一辺倒なので、ちょっと待ってください、というつもりで作りました。
今、アメリカは史上最高値を更新しようとしています。日本は、4万円のバブル期を凌駕することは不可能であり、今年の4月の17,500円は何だったのかな?というような状況です。一般消費支出が増大しない限り、景気の回復は難しいでしょう。それには、家計支出、収入が増大することが必須ですが、経団連がそれを抑えることに一心ですから、何か矛盾しています。
会社経営にはコスト削減が必要なんでしょうが、日本をつぶしてまでやる必要があるか、不明です。非常に不安に思っております。月間現代の10月号、辺見庸さんの記事は、凄みがあります。
stiglitz
2006年09月27日 21:26
これが本当のメディアリテラシーですね。
いまの教育でのメディアリテラシーは機械に偏りすぎているので残念です。
今日ボランティアで知り合った人はソーシャルネットワーキングで演奏の知り合いを増やしたと言ってました。
やはり道具より人のようです。

この記事へのトラックバック

  • jal(日本航空)株価情報

    Excerpt: 株式会社日本航空。現在、株価は長期の下降トレンドを形成しています。この先、大きく上昇していくのか?そのきっかけとなるものは? Weblog: jal(日本航空)株価 by bif racked: 2006-09-25 12:14
  • 誤魔化しの日経「地域間の所得格差は拡大していない」

    Excerpt:  とても面白い記事を見付けた。日本経済新聞(9月13日付け朝刊)の「大機小機」に書かれた「地域間の所得格差は拡大していない」である。  内容を読まなければ、「地域間格差」を世間が言うのは感覚的であり、.. Weblog: 関係性 racked: 2006-09-25 16:12
  • 緊急「沖縄・平良夏芽不当逮捕」…抗議の声をお願いします

    Excerpt:  平良夏芽はワタシがホームレスと関わっていた初期の頃の同志で、沖縄に移転以降も反戦平和の実践部隊として闘っていました。最近では辺野古で闘っていると聞いてました。長い間連絡が途切れていましたが、今回、不.. Weblog: dr.stoneflyの戯れ言 racked: 2006-09-25 19:19
  • 沖縄戦

    Excerpt: 起訴休職中外務事務官佐藤優さんが雑誌『文學界』で連載中の「私のマルクス(連載第一回、2006年08月号)」から、佐藤さんのお母さんの「沖縄戦」体験を語った部分を引用させていただきます(文中「私.. Weblog: 喜八ログ racked: 2006-09-25 20:42