22日の補選で勝利;24日の法務委員会で共謀法を強行採決か?ー自民党

北朝鮮の核実験と、テポドン実験は安倍NDアカンボウの応援演説だ


北朝鮮の、怪しげな「核実験記事」と、北朝鮮の国外に向けたメッセージサービスで、自国の核実験を喧伝している。それは、テポドンの成功ニュースと同様、まゆつばだ。実際ノドンは成功したかもしれないが、テポドンは実験に失敗している。その情報はすべて米軍頼り。

それと同様、北朝鮮の核実験実施情報も、自らの検査では引っ掛からないで、米軍頼りの情報。それと、北朝鮮自身の「大本営」発表である。それと、共同通信社が、ちょうど北朝鮮を訪問していたという、怪しげな状況証拠がそろっている。

しかも、安倍新内閣発足に合わせ、安倍が中国・韓国に漫遊旅行(用も無いのに単なる国内のマスゴミと、一般大衆向けの宣伝に過ぎない)をしている最中であり、これで、安倍政権の支持率は急上昇した。安倍の訪中・韓を良しとする世論が80%を越えた。これはすでに「北朝鮮の補選応援演説か!?それにしてもすごすぎる!!: 2006/10/10 18:00」や、「テポドン=自民党安倍氏=公明党の関係: 2006/07/06 18:36」で報告している通りである。

共謀罪法案新設について


これもすでに「恐ろしい共謀罪法が迫る!!: 2006/06/02 14:13」で報告している通りである。また、7年前、国連の同条約起草の会議で、「共謀罪は日本の法原則になじまない」と主張していた由。

画像


画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


それをなぜか、24日の法務委員会で強行採決するといううわさが流れている。これは、10月22に実施される、大阪と神奈川の衆議院補欠選挙で勝利を収めるとの見込みが強く、その勢いに乗じ、民主党がひるんでいる間に、まだ上程などの日程さえ決まっていない段階で、24日に緊急上程し、強行採決をする絶好のタイミングであるとの判断があるようだ。こちらの記事をご参照ください。南城悪口三昧さんの、(緊急)共謀罪、抜打ち的に強行採決?です。大元のうわさは、次の記事です。★阿修羅♪さんの、「重大情報!共謀罪は10月24日法務委員会法案審議冒頭に強行採決か!?(海渡弁護士) 」です。
共謀罪は10月24日法務委員会の法案審議冒頭に強行採決される可能性が高いと結論づけるに至りました。


大阪と神奈川の補選の予想


また、上記の補選に関しては、ちょっと古い記事が参考になるかもしれない。2006年6月13日の朝日新聞の記事である。今と状況が非常に異なるが、それほど昔の話ではない。
画像


それまでに、北朝鮮の核実験、中川政調会長の、核武装論、それを補うかのように、麻生外務大臣の同様の発言。それを懸命に火消しに走る内閣の閣僚達。しかし、麻生自身は、自らの発言が政党であるかのような態度を示しながら、「非核三原則」を否定するものではないとの考えも表明。気が違っているか、頭が機能していないかのどちらかだ。麻生自身が「私人」であるはずも無い、れっきとした公人であるし、重要ポストにおられる人ではないか。党の政調会長の中川氏(安倍の親友とのこと)とは立場が違うはず。Nikkei Netが伝える。

外相「言論封殺にくみしない」・核武装議論なお波紋

 麻生太郎外相は2006年10月19日午前の衆院テロ防止・イラク復興支援特別委員会で、日本の核武装をめぐる議論を容認する考えを示した自らの発言への批判について「この国は言論統制をされている国ではない。自由主義国家であり、共産主義国家や社会主義国家とはわけが違う。言論を封殺するという考え方にはくみしない」と述べ、議論を排除すべきではないとの考えを改めて示した。

 同時に「非核3原則を政府として堅持する立場に変わりはない。日本が今、核兵器を保有することは考えられない」とも強調した。

 久間章生防衛庁長官は答弁で「私も議論をするなとは言わないが、議論をすると間違ったメッセージを送ることになる。やはりタイミングや場所がある」と指摘した。いずれも民主党の山井和則氏への答弁。

 これに関連し、安倍晋三首相は19日昼、外相の発言に関して記者団に「(自民)党内の正式機関で議論することはない。議員個人個人が話すことは言論の自由だ」と述べた。 (2006年10月19日13:48)

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


何れにせよ、10月22日の補選には、絶対に自民党に勝たせてはならないし、万一自民が勝利を収めるような状況になるとしたら、北朝鮮の再度の核実験実施のガセネタニュース一本で十分であろう。これで、自民党勝利間違いなし。これが、安倍NDアカンボウと、統一教会、北朝鮮とのパイプの太さを物語っている。「北朝鮮の安倍応援演説始まるか?!: 2006/09/04 06:13」

万一、勝利を収めた暁には、日本の言論・自由が軍靴に踏みにじられるときは近いだろう。

最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

画像
←クリック一つで救える命があります

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 共謀罪阻止に全力を

    Excerpt: 10月13日にエントリーしたなし崩し的「恒久法」は憲法違反で許せない!は、 19日午後の衆院本会議で与党の賛成多数で可決あっと言う間に「テロ特改正案」が衆院通過した。 この「自衛隊は戦力を持たない」か.. Weblog: 競艇場から見た風景 racked: 2006-10-20 17:55
  • 悪法「治安維持法」の再来「共謀罪」

    Excerpt: ■治安維持法 1925年(大正15年)4月22日法律第46号として公布。同年5月12日施行の治安立法。 第一条で「国体ヲ変革シ私有財産制度ヲ否認セントスル」いっさいの結社・運動を禁止し、違反者は懲役1.. Weblog: 競艇場から見た風景 racked: 2006-10-20 22:13
  • 廃案まで気が抜けない「共謀罪」

    Excerpt: 10月22日のW補選に勝利した「自・公与党」は一気に10月24日に「共謀罪」法案の審議入り、強行採決という筋書きを放棄し、先送りするとの報道が流れたのだが・・・。共謀罪:自公両党、今国会成立を断念 自.. Weblog: 競艇場から見た風景 racked: 2006-10-26 23:36
  • 風雲急を告げる「共謀罪」

    Excerpt: 「共謀罪」から「テロ等謀議罪」に名称を変更し 国民を欺こうとする姑息な 自民・公明政権には騙されるな! 「共謀罪の日々」のポスターの配布元は 「ロシア・CIS・チェチェン」さんです。 にわかに「共謀罪.. Weblog: 競艇場から見た風景 racked: 2007-03-06 06:31