仏サルコジ氏に実業家癒着:いずこも同じ秋の夕暮れ!!

サルコジ氏が次期大統領に選出された


保守派のサルコジ氏は、産業界の幅広い支持を受けて、彼らの利益を代表する政治を行うことを期待されて、次期大統領に選出された。2007年5月7日のNikkei Netが伝える。

仏大統領にサルコジ氏・競争重視の改革推進へ

 【パリ=野見山祐史】フランス大統領選の決選投票は6日、即日開票の結果、右派の与党・国民運動連合(UMP)のニコラ・サルコジ党首(52)が社会党の女性候補セゴレーヌ・ロワイヤル議員(53)を大差で破り、当選した。大統領交代は1995年の現職シラク氏(74)以来12年ぶり。フランスは初の戦後生まれの指導者の下、米英型の競争重視の改革により雇用の改善、成長力底上げなど経済再生を目指す。

 サルコジ氏は6日夜(日本時間7日未明)、パリ市内のUMP特設会場で「私はすべてのフランス人の大統領になる。あなたたちと歴史の新たなページを書いていく。それは偉大で美しいものだ」と勝利宣言した。ロワイヤル氏は「次期大統領は仏国民全員のために働くことを望む」とサルコジ氏の当選を祝福した。


こちらの人も、美しいがお好きなようだが、こちらの人も、御手洗経団連会長のような、実業界癒着の体質は変わらないようだ。お粗末な次第は、だんだんと明らかになるだろうが、大統領選挙に勝利を納め、パリが、フランスが反対のデモで覆われる中、実業家の提供するヨットバカンスだそうだ。そして、非難轟々の中を戻ったようだが、まだまだこの体質は変わらないだろう。

画像


フランスの民衆よ、ご愁傷様です。我々日本人民と同じお気持ちです


7月に迎える、参議院選挙を前にして、自民党・与党はとうとう、「国民投票法」を強行採決しようとしているようだ。本来ならこのような下らぬ記事を書いていないで、国会議事堂の元に終結し、座り込みをし、警備隊を相手にしたデモを繰り広げるべきであろうが、残念ながら長年の不摂生がたたり、この程度の批判しか出来ない現状を悲しんでいる。

それには裏の事実が多々あるのだが、それは徐々に明らかにされるであろう。

驕る平家は久しからず、ただ春の夜の夢のごとし


ですよ。このブログ管理者の意地にかけても、安倍NDアカンボウ内閣は潰す。引きずり下ろす。それまでは、私は成仏できない。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー


最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

画像
←クリック一つで救える命があります


画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 改憲を目論む連中に目に物見せてやりましょうや!

    Excerpt: 3日ほど情報をシャットアウトしていたら・・・色々ありますね。 ■公的年金加入記録、生年月日不明が30万件…受給額影響も ■環境事前調査 海自艦艇が支援 沖縄・辺野古沖 ■「国内法にのっとり処理」 北の.. Weblog: 競艇場から見た風景 racked: 2007-05-15 00:29