働く人たちの権利を守るために、労働組合を作ろう。そして、個人事業主や、中小企業主にも考慮をしよう。:東京新聞11月21日朝刊より。

働く人たちの権利を守るために、労働組合を作ろう。そして、個人事業主や、中小企業主にも考慮をしよう。:東京新聞11月21日朝刊より。
画像
←お手間でもクリックをお願いします。

労働組合を活用しよう.jpg
組織化されている割合は、17%である。最近の労働組合の組織率だ。なんと、80%を割る割合で、組織化されている。「組織化されている」なんて言葉も、最近は全く使われることがない。
東京新聞だから、このような話題が社説になる。

どうだろう、いくつか気になる点を挙げてみよう。

  1. 個人事業主:配達員たちは、雇用主からの仕事を請け負っている。そして、労働者ではないが、組合を結成することができる。労災、雇用保険、最低賃金などの規定が適用されない。特に、事故時の十分な補償を求めている。
  2. 東京電力の関連企業で、各家庭の電気メーターの取り換え業務を請け負うhとたちが、2018年12月に労組を結成した。
  3. 従業員でも、今後は、兼業や副業に挑戦する人や、フリーランス、外国人労働者も増える。
3.に関連してだが、「連合」は、発足30年を迎える。大企業で働く組合員が中央組織として対応しているが、これらの。「正社員クラブ」ともやゆされる、連合も、パートや非正規労働者へに対応が後手に回ってきたことは否めない。

画像
←お手間でもクリックをお願いします。
私は、中小企業を運営しているが、これに関しては、この記事は一切関与していないけど、本っ頭は、規模しい状況にある事は、他の非正規雇用者と同様の状況なのである。
中小企業主は、「人が集まらない」、「重労働だ」、など、コンビニなどで明らかにされている事情と同じであるが、FCだったら、上部組織との関連があるからまだましかもしれない。

独立している中小事業主は、何も保険がない。補償もないし、死んじまえばそれでおしまい。破産すればそれでおしまい。

この社説はその意味で、この記事は、一部しか記述していない。もっとしっかりと考えて書いてほしい。
画像
←お手間でもクリックをお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント