「陛下をおそばで支えたい」ーー切なる思いで望まれた大嘗祭全秘話

「陛下をおそばで支えたい」ーー切なる思いで望まれた大嘗祭全秘話:女性自身12月3日号から一部引用しました。
画像
←お手間でもクリックをお願いします。

ーー
冷え込むなかでも徹夜をものともせず大嘗祭を乗り越えられた雅子さま。「祭祀は苦手」とみられていた雅子さまが、復活を遂げられた陰には一体何がーー。
  • 帛(はく)の御服(ごふく)と呼ばれる純白の十二単に身を包まれ、髪を「おすべらかし」に結われた雅子さま。
  • この日のためだけに皇居内に設えられた祭場「大嘗宮」の廊下をゆっくりと歩まれてゆくーー。
  • 篝火(かがりび)の明かりに神殿に居並ぶ衣冠束帯の人たちの姿が浮かび上がり、極めて美しい幽玄な世界でした。(参列者)
  • 「非常に重要な祭祀を終えられた両陛下は、まず周囲に労いの言葉をかけられていました」(宮内庁関係者)
  • DD125984-C937-4F3D-9A94-9AC8F498B6CD.jpeg
画像
←お手間でもクリックをお願いします。

609DA630-33C8-4FEB-BA54-9018CBF902E6.jpeg
B5950DAC-08F9-497C-AD09-931C6451DBBF.jpeg924FB8E8-235B-43E4-9CA5-D5CC4AB49D38.jpeg
画像
←お手間でもクリックをお願いします。

一番近くで陛下をお支えしたい:
・「新しい時代に入り、陛下を常に同じ場所でお支えしたいというお気持ちが強まり、雅子さまは宮中祭祀に対しても奮起されたのではないでせうか」(宮内庁関係者)
・大嘗祭に臨まれる雅子さまのお姿を拝見して、新皇后としての並々ならぬご覚悟を感じました」
画像
←お手間でもクリックをお願いします。

文章の途中を抜いているので、なぜ、上記のことが復活につながるかを理解できないと思うので、その部分をフィードバックしてみよう!

  • 実は陛下のご即位前、宮内庁内部には「雅子さまに祭祀は無理なのでは」という声が少なからずあったのです。
  • 雅子さまは「祭祀を理解できない」という声があった!
  • 陛下は2006年の誕生日に際しての会見でこう発言された。<宮中で行なわれている祭祀については、私たちは大切なものと考えていますが、雅子が携わるのは、通常の公務が行えるようになってからということになると思います>
  • 雅子妃はなぜこのような祭祀をするのか、いくら考えても理解できない。合理的に理解できないことをすることに苦痛を感じるのではないでせうか>(2006年12月AERA)
  • 御代替わり直前まで『雅子さまは祭祀にはほとんど参加されないのではないか』『新皇后に祭祀は無理なのでは』という声も多かったのです。
  • 御代替わりを前に『新皇后は祭祀に出席されなくてもいいのでは』という意見があったのは、そのためでもあるでせう。」
画像
←お手間でもクリックをお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント