景気回復は欺瞞:クローズアップ現代、国営放送局のNHKでも解く現代のウソ!!

NHKが2晩連続で「雇用の現状:実感できない景気回復」をクローズアップ現代で放映


国営放送局のNHKが2晩連続で雇用の現状「実感できない景気回復」をクローズアップ現代(2006年10月30日~31日)で放映している。詳細な報告は後日として、いくつかのクリップを表示しよう。それには、いざなぎ景気とは異なる、「今回の景気回復」は実感できる人が限られている。要するに、明治時代の「学士様」は、将来の企業の幹部として採用され、特段の業績を上げなくともエスカレーターに乗るごとく、課長、部長、重役、社長への道を約束されていた。今回の景気回復での新規採用も、特定の応募者には「よりどりみどり」と映るかもしれないが、それはきわめて恵まれた環境に居る人であり、また、企業での面接試験などできちんとしたプレゼンが出来た人に限定されるであろう。やはり、一般レベルの環境で勉学された学士様、遊園地を過ごした学士様は、それ相応に厳しい状況が待ち受けていると考えられる。

だから、非正規雇用になる人と、正規雇用者として採用される人の間には、何らかの「差別」があるのだろう。それを乗り切らないと、年収199万円以下の非正規雇用者の道を歩むことになる。これを格差と言わずして何を格差と言うか?  格差がないとほざいている為政者の顔を再度見直したいものだ。これらの差別が、閨閥、コネなどで発生し、また、階層が世代間で引き継がれている現状を見ることは悲しい。貧しく生まれても、がんばれば上の階層になれた、昔が懐かしい。

画像
画像

画像
←お手間でもクリックをお願いします。


画像
シリーズ1回目のタイトル:
いざなぎ景気と今回の景気回復を比べ、雇用が回復している現実を解く。

画像
シリーズ2回目のタイトル
10年前の就職氷河期を過ごした人たちの現在の現実はどうか?彼らの叫び声が聞こえる!!

画像
今回の景気回復でも、氷河期時代の非正規雇用者達は厳しい現実に向かい合っている:
彼らが、貧しい食事で支出を切り詰めながら暮らしている生活がシリーズ2の主題である。

画像
いざなぎ景気のときの非正規雇用者の割合(7%に過ぎない)

画像
今回の景気回復での非正規雇用者の割合(33%である)

画像
非正規雇用者のうち、年収が199万円以下の人の割合は78%である

画像
有効求人倍率も地域格差が明確である。決して、雇用条件が良化しているなど単細胞的な反応は禁物だ。


最後までおつき合いいただきありがとうございます。
↓お手間でもクリックをお願いします。
画像

管理者の自然の観察ブログ「オレンジの独り言」もご覧ください。素敵な写真が沢山掲載されています。

画像

画像
画像
画像
このブログ管理者は、Under the Sunプロジェクトに賛同し、メンバー登録をしています。

画像
←クリック一つで救える命があります

"景気回復は欺瞞:クローズアップ現代、国営放送局のNHKでも解く現代のウソ!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント